エロスの種子 5巻 ~しつこく発信元を変えて別れろとメッセージを送り続けていた宇佐美の妻に背後から刺されてしまうヒナ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『エロスの種子』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「エロスの種子」5巻の簡単なあらすじ

宇佐美の妻から別れろとメッセージが届いたヒナ

キャバ嬢をしていたヒナは、いつも既婚者の男に惹かれていた

宇佐美とホテルに行ったヒナは、宇佐美に跨がると妻と自分のどっちがいいかと訊ねた

宇佐美は妻の話はしたくないと言っても、ヒナは言わないと抜くと言ったので、宇佐美はヒナが最高だと言って突きまくった

しかし宇佐美は嫁がうるさく財布を握っているので、たまにしか来れないと言った

ヒナはそんな女と結婚したのかというと、宇佐美は別れ話をしたら自殺未遂もしたので諦めたのだと答えた

宇佐美は財布を妻に握られているので、ヒナは自分のマンションで宇佐美と会うようになった

セックスを終えると宇佐美はヒナに優しい言葉を連発していると、そこにヒナのスマホに宇佐美の妻から別れろとメッセージが届いた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宇佐美にロリコンの義父とのセックスが一番だったと話すヒナ

宇佐美は着拒すればいいと言ったのでそうしたヒナだったが、宇佐美の妻は発信元を変えてメッセージもドンドン過激なものなっていった

そしてヒナの部屋にやってきた宇佐美の背中は、妻がボコった痕がたくさんついていた

宇佐美はヒナに自分の妻が恐くないのかと聞くと、ヒナは宇佐美の妻からメールが届くのが楽しみだと言った

それで宇佐美はこれまでどんな恋をしてきたのかと聞くと、ヒナは一番よかったセックスは義父とのセックスだと明かした

それに宇佐美がドン引きすると、ヒナは義父はとても優しかったがロリコンだったと話した

ヒナは義父と中2でセックスしたと言ったので、宇佐美はそれは犯罪だというとヒナは義父は刑務所行きになったというと、宇佐美はヒナを抱きしめキスしてくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宇佐美の妻に刺されてしまうヒナ

しかしヒナは宇佐美と夜道を歩いていると、なんと宇佐美の妻に背後から刺されてしまった!

倒れてしまったヒナは、鬼のような形相の宇佐美の妻を見て自分を恨んでいたのだろうと思うと、そのまま意識を失ってしまった

ヒナはなんとか一命を取り留め、病院で目を覚ました

病室には宇佐美が来ていて、妻は捕まって離婚したというと、ヒナとやり直したいと言った

しかしヒナは離婚した宇佐美には完全に興味を失っていて、そのまま別れてしまった

するとケガが治ってきたヒナは、今度は自分の主治医に手を出してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ヒナに愛の記憶があれば生きていけると教える医者

ヒナは以前に働いていたクラブの元ボーイの竜の部屋に、泣きながらやってきた

竜はクラブを辞めてヒナのセフレになっていたが、イケメンでギターもやっていた

竜はヒナとセックスしながら、どうして既婚者にこだわるのかと聞くと、ヒナは義父とのセックスを母親に見つかったときのことを思い出しながら、妻より自分を選んでもらったときが嬉しいのだと答えた

ヒナはセックスを終えると、一人目の妻に刺された後に、次に付き合い始めた医者はセックス中に他の女の名前を呼んだと怒り気味に言った

しかしその医者は、それが誰か知りたかったらドライブに来るように言ったので、ヒナはドライブに付き合うことになっていると竜に話した

ヒナは自信ありげに自分よりいい女なんてそうそういないと強がると、竜はバンドのオーディションに受かったと明かした

それで二人はお祝いのセックスを始めたが、ヒナはまた義父とのセックスを思い出し、母親にバレたときに母親からお前が誘ったのだと言われたときのことを夢見てしまった

医者はヒナを自分の妻のお墓へと連れていくと、妻が亡くなってから余計に妻のことが頭から離れないのだと言った

それを聞いたヒナはそれなら自分に勝ち目がないというと、医者はヒナは略奪愛をしていつ死んでもいいと思っているハズだと言った

しかし医者は人はそんなに簡単には死なないのだというと、愛の記憶があれば生きていけるのだと教えてくれた

そんな医者にヒナは、性欲のはけ口にしている男に言われたくないというと、そのまま一人で帰ってしまった……

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

コロナに罹ったかもしれないヒナにご飯を食べさせてあげる竜

ヒナは電車で帰ってくると、竜が話がしたと待っていた

バンドデビューが決まった竜は、事務所から身辺整理するように言われたので、ヒナとは会わないと言った

竜はヒナが浮気もせずに夜の仕事を辞められるのなら守れるが、それができないハズだと言ったので、ヒナは竜は自分のことをよく分かっていると思った

するとヒナは竜に自分と音楽のどっちが好きかと聞くと、竜はどうしてこんなときだけそんな比較をするのかというと、自分がヒナが他の男とヤっていてヤキモチを焼いていなかったと思っていたのかというと去っていってしまった

しかし竜はコロナが広まってしまったことで、メジャーデビューの話が消えてしまった

ヒナのことは頭から離れないでいた竜だったが、とりあえず曲作りをしてそれをネットにアップしていた

するとその動画がバズってコメントも増えていたが、そこに竜に批判的なコメントを見つけた

そのユーザーは批判を浴びても引こうとしなかったので、竜はもしかしたらそのユーザーはヒナかもしれないと思った

それで竜はヒナが働いていたクラブで住んでいる部屋を聞き出すと、そのマンションへと向かった

するとヒナはコロナに感染しているかもしれないというと、会おうとはしなかった

しかし竜は引き下がらずに部屋に乗り込むと、買ってきていた食料をヒナに食べさせてあげた

幸いヒナはすぐに復活できて竜とセックスしていたが、竜はセックスをし終えるとヒナの仕事での所作がキレイだったから惚れてしまったのだと言った

ヒナは母親はお堅い司法書士だったが、再婚した義父がロリコンでセックスしていたが逮捕されたことを竜に話した

そしてヒナは母親に、お前が誘ったからだと言われたことを話すと、竜はヒナを抱きしめながらロリコン義父に搾取されたから搾取する側になろうとしていたのだと言った

するとヒナは泣き出してしまい、自分は惨めな子になりたくなくてこんなことをやっていたのだと吐き出してしまった

バンド仲間に彼女だと言ってヒナを紹介してくれた竜

翌朝、ヒナは竜に朝食を作ってあげると、ちゃんと自分を躾けてくれた母親に感謝していると言った

するとそこに竜のスマホに通知が届いたが、それはバンド仲間が竜の曲に合わせて演奏してくれている動画を教えてくれるものだった

その動画のお陰で、竜のバンドにまたメジャーデビューの話が来た

そしてコロナが収まりを見せた頃、竜はヒナを連れてバンドの仲間に会いに行くと、ヒナを彼女として紹介してくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

お見合いを断った美冬に恋をしてしまった貴史

貴史はお見合いをすると、見合い相手の美冬は好きな人がいると言って結婚を断ってしまった

しかし涙を流して断る美冬を見た貴史は、美冬に恋をしてしまった

貴史は学生時代は柔道一本だったが、足の靱帯を切ってしまい引退していた

それで地元の公務員になっていたが、ある日夜道を歩いているとヤクザな男と歩く美冬を見つけてしまった

貴史は二人をつけていくと、美冬と別れた男は美冬から全部奪ってヤク中にして風俗堕ちさせるつもりだと言った

その言葉を聞いた貴史は、男が一人になるのを見計らって、首を絞めて殺してしまった

しかし元々ヤクザな奴だったので、大した事件にもならずに済むと、貴史は母親に美冬のことは諦めていないと伝えた

そしてそのまま美冬と結婚した貴史だったが、美冬はやはりあのヤクザな奴が忘れられないのか脱げガラのようになっていた

そんな美冬に貴史は強引にキスをすると、そのまま美冬を押し倒してセックスし始めた

まだ童貞だった貴史だったが、先輩や同期の人から聞いたテクを使ってセックスすると、想像以上に気持ちよかった

それからも貴史は、自分は人殺しをしたクズ野郎だと思いつつも毎日美冬を犯し続けたが、次第に美冬は家を空けるようになっていった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分を死刑に追い込んだ美冬は見事だという貴史

それで貴史は美冬をつけると、また美冬はヤクザな感じの男とホテルに入っていった

貴史にまた殺意が湧くと、美冬を抱いた男を殺してしまった

その後も同じようにもう一人殺してしまった貴史は、そろそろ美冬は気づいてしまうだろうと思っていた

そしてまた美冬をつけた貴史は、男を殺そうと近づいたが、相手はなんと刑事で貴史を投げ飛ばして逮捕してしまった

そこに美冬が現れ、自分は駆け落ちする気だったと言ったので、貴史は男は金目当てだと主張した

しかし美冬はそれは組織を抜けるためについていたウソだというと、二人の男を殺した貴史が憎いと言って涙を流したが、貴史にはその美冬の涙がとてもキレイに見えた

逮捕されて死刑判決を受けた貴史は、執行前に教誨師にすぐに警察に通報せずに自分を死刑に追い込んだ美冬は見事な女だと言った

そして自分は美冬に会って恋や嫉妬を知ることができ、人を殺す快感も知ってしまったので反省や後悔はしないというと、刑を執行されたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

白血病になってヒナに酷いことを言ったことを後悔していた律子

ヒナの母親の律子は白血病になってしまい、無菌室に入っていた

誰とも会えないので寂しさを感じていた律子は、病気になる前は理屈っぽいのであまり男や友人に縁がなかった

そんな律子は大学時代にイケメンな男に口説かれ、すぐにセックスしてしまったが避妊に失敗してデキてしまった

堕ろすこともできずにその男と学生結婚した律子だったが、男はDVするようになり離婚してしまった

それで母親に子供を預けて大学で勉強することにした律子だったが、母親は律子にすぐに子供を抱っこするなと言っていた

しかし律子が司法書士事務所で働くようになると、両親は病死してしまった

ヒナはいつも母親に世話してもらっていたのでお棺の前で号泣していたが、参列者の人たちはいつも母親はヒナを抱っこしていたと聞いてしまった

葬儀が終わって職場に戻った律子に、ロリコン野郎と男が近づいてきた

男は専業主夫になると、完璧に家事をこなしていたが、ロリコンなのでヒナに手を出しセックスしていた

男は捕まりヒナと一人きりになると、ヒナは何か笑っているように見えた律子は、ついお前が誘ったのだと言ってしまった

それからヒナは無表情になってしまい、高校を卒業すると家を出ていってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

結婚報告にやってきたヒナにお祝いの言葉をいうことができた律子

律子はその時のことを後悔していると、そこに誰かが面会にやってきた

それはなんと彼氏の竜を連れたヒナだった!!

ヒナは竜と結婚するというと、律子に産んでくれてありがとうとお礼を言った

しかし律子の頭には、つい黒い言葉が浮かんできたが、ふと我に返った律子は幼い頃の自分の姿が見えた

そして律子は自分も幼い頃に抱きしめてもらいたかったのだと気づくと、ヒナたちに結婚のお祝いの言葉を言うことができた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「エロスの種子」5巻を読んでみた感想

ヒナは幼い頃に律子から、ロリコン義父を誘っていたと言われたことで、略奪愛しかできなくなっていました

でもセフレだった竜のおかげで、なんとか立ち直ることができました

竜もメジャーデビューできるみたいなので、これからはヒナは夜の仕事からも足を洗えるので、竜一筋でいけるような感じでした

律子も白血病になったこともあって、ヒナに酷いことを言ってしまったことを後悔していましたが、ヒナが結婚報告にやってきたので病気と闘う気力が湧いてきたようです

このまま治療が上手くいって、律子の病気も治ってくれればいいですが、やはり後悔しなくていいように子供が小さい頃にはたくさん抱きしめてあげて、愛情を注いであげないといけないのだと思いました

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-エロスの種子