血海のノア 5巻 ~魚雷攻撃を受けて沈没してしまうカイザーの船 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『血海のノア』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「血海のノア」5巻の簡単なあらすじ

ノアが抜けて意識が戻ったエヴァ

カイザーは化け物を使ってカケルを捜し始めた

するとノアが目を覚ましたと思ったら、なんとエヴァの意識が戻っていた!

カケルはあかりたちと棺桶のある部屋にやってきていたが、棺桶からは吸血鬼たちが目を覚まして出てき始めた

あかりは必死にゆずるを守ろうとしたが、カケルは起きてきた吸血鬼たちをぶっ殺し始めた

船が浸水し始めたので、吸血鬼の乗客たちは我先にと甲板を目指し始めていた

カイザーはエヴァの意識が戻ったことを知って喜んでいたが、エヴァの体はどんどん干からび始めていた

カケルたちは棺桶の部屋を出ると、甲板に向かっていた

あかりはカケルに話しかけても何か以前と雰囲気が変わっていて、あかりにカケルは黙るように言った

ゆずるはカケルに恐怖を感じていたので、あかりは大丈夫だと言っていると、カケルは何の警戒心もなくある船室のドアを開けてしまった

その船室には身体を拘束された人間がいて、その人たちを見てカケルは吸血鬼たちの食料用の人間なのだと言った

するとそこに腕をちぎられてしまった男が現れたが、その男の腕の断面は縫合されていた

その男は自分の妻を助けて欲しいと懇願したので、カケルは仕方なくその男の妻を助けに行くことにした

男の妻のいる客室へとやってくると、部屋の壁には磔にされた妻がいた

男の妻を床に降ろしていると、カケルはまた過去の映像が見えてしまい、涙を流して震えてしまった

気を取り直したカケルは自分がボートを奪うので、あかりたちには隠れているように言ったが、まだ過去の映像を思い出していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

メリアに頼みごとをするカイザー

甲板に出た乗客たちはバトラーに早くボートを降ろすように迫ってきたので、バトラーは静まるように言ったが睨みが効かなかった

それでメリアはバトラーに、ノアに見捨てられたということはどういうことなのかと聞いた

するとバトラーは、カイザーは人間の社会に勝つには吸血鬼たちの数を増やさないといけないと考えそれを実行してきたが、それはノアの意思ではなかったのかもしれないと答えた

バトラーは今は予測不能の事態が起こっていると言ったので、メリアはバトラーもカイザーを裏切るつもりなのかと聞いたが、バトラーは船が沈むなら自分もカイザーと一緒に沈むつもりだと答えた

メリアはカイザーのいる部屋に行くと、カイザーは部屋を出ていくように言ったが、メリアはこのままでは下位の吸血鬼たちが制御できなくなっていて危険だと食い下がった

しかしカイザーは、やっとエヴァからノアが出ていったので嬉しいのだというと、ノアは自分たちの主人じゃなくなったのだと言った

カイザーは船が沈むまで自由にしていいとメリアにいうと、ノアを討とうというメリアに、カイザーは何か頼みごとをしたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

シェーンの人形を使ってカケルを助ける幸一郎

幸一郎はシェーンの部屋にやってくると、シェーンが人形として作っていた女の子に自分の血をなすりつけた

するとその女の子は、なんと目を覚ました

カケルは男の妻を背負って甲板に向かう階段を登っていたが、カイザーの化け物に出くわしてしまった

カケルは男の妻を背負いながらだとまともに戦えないので、男に妻を連れて逃げるよう言っていると、化け物に頭を掴まれてしまった

化け物はそのままカケルの頭を潰そうとしたが、そこにシェーンの人形にされた女の子たちが現れ助けてくれた

女の子の一人は化け物を倒し終えると、カケルに幸一郎からだと言って血を飲ませてくれた

しかしカケルはその女の子の首筋に噛みつくと、実験体だったんだと言って人形化された女の子たちをぶっ殺してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ノアが船員たちを狂わせたという召使いの女

あかりたちは吸血鬼だらけの船からボートを奪って逃げるのは無理だと思って、絶望しながら階段を登っていた

すると階段の上に人がいたが、吸血鬼ではなかった

それでやっと希望が持てたあかりは父親を捜し始めたが、自分たちの客室には父親はいなかった

それでまたゆずるが絶望して泣き始めたが、そこに大きな揺れが起こってあかりたちのいる階にまで海水が浸水し始めた

あかりはゆずるに父親はきっとボートで出たのだと言って励ますと、他の人たちと一緒に船を出ようといった

その頃、操舵室にいたバトラーの部下は、船員たちが皆おかしくなっていたので困惑していた

そこにバトラーの召使いの女がやってきたのでどうなっているのかと聞くと、召使いの女は船員の一人の首筋の噛み痕を見せながら、ノアが船員たちを狂わせたのだろうと言った

部下の男はノアがどうしてそんなことをするのかと訊ねていると、召使いの女は分からないと言いつつ部下の男の胸にナイフを突き刺してしまった

あかりたちが甲板に出る出口までやってくると、バトラーが吸血鬼たちをボートに乗せようとしていた

しかしやはり吸血鬼たちは言うことを聞かず暴れ始めてしまったが、一人の吸血鬼の男は突然、人体発火を起こしてしまった

すると他の吸血鬼たちにも火が燃え移り、甲板にいた吸血鬼たちは皆燃えてしまい、甲板は火の海になってしまった

先にボートで海に逃げていたトマは燃えさかる船を見ていると、そこにボートを漕ぐ謎のピエロが…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

カイザーにエヴァがノアに遭遇したときのことを囁くカケル

カケルは幸一郎から吸血鬼のことを聞いていた

カケルはもっと吸血鬼のことを教えるようにいうと、幸一郎はどうして今のように吸血することで記憶を共有できるようになったのかと訊ねた

しかし船が爆発を起こしてさらに浸水し始めたので、幸一郎はカケルにもうすぐ真実に辿り着けそうなので、自分も連れていって欲しいと懇願した

するとカケルは幸一郎の頭だけを連れていくというと、幸一郎の首筋に噛みつき…

バトラーはメリアに頼んで棺桶をボートに用意させると、干からびて死んでしまったエヴァを中に収めた

しかしボートには理性を完全に失ってしまった吸血鬼たちが侵入し始めたので、メリアは必死に狂った吸血鬼たちを押しとどめていた

するとそこにバトラーが現れたが、メリアの目の前でカケルに首を斬り落とされてしまった

そのままメリアも力尽きて倒れてしまうと、カケルはボートに乗り込みお悔やみの言葉を言った

バトラーはカケルに数日前ノアに気に入られただけの男だというとさっさと消えるように言ったが、カケルはエヴァがノアに遭遇したときのことを呟いた

そしてカケルは生き残った人に、吸血鬼の親玉を捕まえたというと、生き残った人たちはカイザーを我先にと殺し始めてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

魚雷攻撃を受けて沈没してしまうカイザーの船

カケルはあかりに自分は吸血鬼になってしまったというと、あかりはどうして自分を助けたのだと聞いた

するとカケルの脳裏にはあかりの過去の映像を見えると、自分は一目ぼれしたのかもしれないと答えた

カケルたちはその後、救命ボートに乗り込み船を降りようとし始めたが、船は突然魚雷攻撃を受けてしまった

そのまま船は沈没してしまったが、その様子を見てトマトマはそのまま海で漂流していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

沈んだ船から自称人間愛護団体を名乗る女を見るカケル

トマは数十時間後に救助されて、ある船の中で目を覚ますと、一人の女性が声をかけてきた

その女性は沈没した船にはノアが乗っていたハズだというと、ノアはエヴァに憑依する際に失敗してしまったのだと言った

そしてカイザーたち吸血鬼集団はやり過ぎだったというと、カイザーの船は自沈してしまったと説明した

トマは警察か自衛隊が吸血鬼たちを倒したのかと聞くと、その女性は自分たちは人間愛護の吸血鬼集団なのだと明かした

その女が吸血鬼だと知ったトマは恐怖で暴れ始めてしまったが、トマを押さえつけた吸血鬼の女は、もうトマも吸血鬼になっていると教えた

その様子を沈没した船の中で、あかりやゆずるを抱き抱えながら見ていたカケルは…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「血海のノア」5巻を読んでみた感想

どうやらノアは今度はカケルに憑依してしまったようです

最後に出てきた吸血鬼の女は、ノアがエヴァに憑依する際に黒猫がいたから失敗してしまったと言っていましたが、そうだとするとノアは本当はもっと凶悪な感じな存在だったのかもしれません

カケルも最後の辺りであかりの過去を思い出していた感じだったので、もしかしたら今度も失敗してカケルに憑依したので、カケルの記憶が残っている可能性があります

最後に出てきた吸血鬼の女トマトマにカイザーの船は自沈したと言っていましたが、明らかに魚雷攻撃をしていました

そうなるとノアを抹殺するつもりだったのだと考えられるので、もしかしたらノアのような存在が他にもいるのかもしれませんね

カケルは最後に沈没した船であかりとゆずるを抱き抱えていましたが、恐らく二人は死んでしまった可能性が高いでしょう

もしかしたら今度はあかりたちを部下にして蘇らせて、カイザーのように吸血鬼集団をまた作るつもりなのかもしれないので、最後は何だか恐くなってしまう最後でしたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-血海のノア
-