広告

「路傍のフジイ」 1〜24巻(単話版) ~にぶくて職場で浮いていた40代非正規社員の藤井のことが気になりだしつい尾行してしまう田中 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『路傍のフジイ』1〜24巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

↓絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「路傍のフジイ」の簡単なあらすじと感想

石川が藤井を見ていることに気づく田中

友人の結婚式に参列した田中だったが、友人達は皆結婚してしまい、まだなのは田中一人になっていた

そんな田中は職場で最近気になっていたのは40代で未婚の非正規社員の藤井だったが、藤井はにぶくて他の人たちからは完全にナメられている感じだった

田中は藤井みたいにはなりたくないと思いつつ、最近気分が落ち込み何もしたくない日々が続いていた

そんな田中は休みの日に出かけると、藤井を見つけたのでなぜか藤井を尾行し始めてしまった

そして藤井は変なおっさんに殴られてしまったので、そこで田中は藤井に声をかけると、藤井の部屋に行くことになり…

田中は藤井のヘタなギター演奏を聴いてなぜか涙が溢れてしまい、家に帰ると不思議な夢を見てしまった

田中はそれから職場に来ると、キレイだと思っていた石川がなんと藤井を見ていることに気づいた

しかし石川は夜には援交していたが、仕事の終わって雨が降っていたので藤井は傘に入れてくれた

するとアニメ話で話が合うと、藤井はトラックが横を通った際に、水たまりの水が飛んできたので…

田中たちが飲みに誘われていると、石川は藤井にも声をかけてくれた

それで藤井も一緒に飲みに行くと、石川はいつもよりおしゃべりしていて、藤井が帰り始めると石川も一緒についていった

そんな石川は、藤井は他の男と違うと思いつつも、所詮は男だからだと思ってホテルへ…

それから藤井は人混みを見ながら、自分は人混みを見るのが楽しいと話した

そんな藤井に石川は、つい自分が援交していることを話してしまい…

藤井は営業の中尾が急に休んだので、矢部と一緒に取引先との打ち合わせに行くことになった

打ち合わせも無事に終わり、矢部は自分のいきつけの店に藤井を連れていったが、藤井は矢部の知り合いたちにいろいろ聞かれたが、打ち解けられず…

藤井と同じ陶芸教室に通っていた多田は、幼い頃から他の人は自分に関心がないと感じていた

そんな多田は藤井は自分と同じだと感じてお茶に誘ったが、人の目を気にしてきた自分とは全く違うと感じてしまった

それで陶芸教室は辞めると言っていた多田だったが、新興宗教の信者に声をかけられてしまって…

藤井はあまり打ち解けない性格みたいで、職場でも浮いた存在になっているみたいですが、本人はあまり気にしていないようです
あまり自分に合わないことを周囲に合わせてやっていても、精神的に疲れてしまうので藤井みたいな生き方もアリなのかもしれません

田中は周りに合わせて生きていくことに虚しさを感じていたみたいなので、藤井がプライベートでは意外と自分なりの生活を送っていたので、藤井が気になる存在になっているようです
同じように石川も藤井のことが気になっているようですが、石川は夜にちょっといけないことをやっていますが、過去に何かあったりしたのかもしれません

昔と違っていろんな価値観が認められるようになってきた現代ですが、結局、日常生活は同じようなことをやるような同調圧力は今でもあって、みんな心の中に何か闇を抱えて生きているのかもしれません
そんな人たちから見たら、藤井の生き方は魅力的に感じてしまうのではないかと感じました

⇒まんが王国で無料試し読み

職場でパパ活の噂が流れていることを知ってしまう石川

整骨院で働いていた相馬は院長から愛想やくするように注意されると、迷い鳥のチラシが入っていたことを伝えてもどうでもいいと言われてしまっていた

しかし客としてきていた藤井から迷い鳥を見かけたと聞いた相馬は、藤井が迷い鳥を見つけて追いかけていたので、一緒に追いかけ始めた

相馬は逃げている迷い鳥がキレイだと思いつつ、とうとう…

田中はまた藤井の部屋を訪れて意外な藤井の一面を見て驚いていたが、藤井と石川の関係が気になっていた

それで石川を藤井の部屋に連れていくと、石川はいつもと違って打ち解けていた感じだった

そんな石川は職場へやってくると、なんと職場の人達が石川はパパ活を…

石川は職場の人たちの態度を見極めてやろうと思っている頃、田中は外山から石川のことを聞かれていた

田中は石川のことだとは言わずに石川のことを藤井に相談してみると、確かめたほうがいいのか迷っていると言っていた田中に藤井は…

久野は今は映画やドラマなどにも出演していて活躍していたが、高校時代のことを聞かれた際にふと藤井のことを思い出した

高校の時に転校してきた久野は、モデル事務所にスカウトされていた頃に、藤井にその事を話してからは藤井のことが気になっていた

しかし新学期になると、なんと藤井が転校していて…

台風が近づいてきている中で、藤井はフリーマーケットの設営の手伝いを頼まれた

飾りつけ作りなどを手伝っていた藤井だったが、看板が壊れてしまっても修理して絵を描いたりしてなんとか準備を整えることができた

そして帰る前に藤井たちは、思い出にと…

石川は職場で自分の噂が流れ始めていることに気づきましたが、いざとなれば辞める気のようです
石川に気がある田中は、それとなく石川を庇ってあげていますが、石川本人は今のところ藤井に気持ちが向いているので、その辺りはちょっと可哀想ですね

藤井はいわゆる普通がいいという人たちからは疎まれていますが、やはりそんなことに合わせることに虚しさを感じてしまう人たちからは、気になる存在となっています
藤井は人助けも結構やっているので、見ている人は見ているので、何か困ったことがあってもきっとそんな時は誰かが手助けしてくれるでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

大学時代に真木と付き合っていた藤井

カフェで眠気に襲われながら作業していた漫画家と話をした藤井は、部屋に帰ると田中たちとたこパをし始めた

たこパを終えた3人は藤井の卒アルを見始めると、田中は彼女と写った藤井の大学時代の写真を見つけた

石川は彼女のことが好きだったのかと訊ねると、藤井の反応は…

真木は友達から色気がないと言われていたが、そんな真木は男勝りでグイグイ押すタイプで、飲み会でも藤井に声をかけていた

そんな真木は次第に藤井のことが気になるようになり、友達からはドン引きされていたが、藤井を強引に飲みに誘って付き合い始めた

それから真木は藤井を遊園地へ連れていったが、帰りの電車でも藤井は…

真木は友達からWデートしようと誘われたが、イチャイチャする友達カップルのようにしない藤井の手を痛いくらいに握ってしまった

それから真木は藤井の行きたいところへ行こうと言っても、藤井の言葉にカチンと来て、自分のことが好きかと訊ねると…

真木の言葉は藤井は堪えてしまったが、大学の卒業式の日には真木は以前のように気さくに声をかけてくれた

そんな真木は今では結婚していて…

藤井は大学時代に真木と少しの間付き合っていましたが、真木は周りから変わっているとは言われていましたが、そんな真木でも他の子と同じようにイチャつきたいという気持ちは同じだったようです
それでそんなこともしてくれない藤井にイラついてしまって、藤井の言葉がキッカケで二人は別れてしまいましたが、ああ言われてしまったらほとんどの人は同じようにしてしまうでしょうね

真木は藤井が悪意がないことも分かってくれていましたが、付き合っていくとなるとやはり受け入れられないことがあるとダメなので仕方ないと思います
恐らく藤井は愛着に問題があると思いますが、それは本人ではどうにもならないことなので、本当に理解がある人とでないと一緒に暮らしていくは難しいかもしれません

今は藤井に気をかけてくれる田中や石川もいるので、そんな人たちとこれからも良い関係でいられたらいいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

占い師に運が良くないと言われてしまう藤井

藤井は休日にバッティングセンターやおもちゃ屋へ行った後、本屋ではビニールを剥がして欲しいというと店員に舌打ちされてしまった

公園に立ち寄った後に占いをしてみた藤井だったが、占い師に運が良くないと言われ…

それからカフェに立ち寄った藤井は、コーヒーを頼もうとしたが、占い師が紅茶がいいと言っていたことを思い出したが、注文したのは…

会社でライターをしていた松岡は、こっそりと詩を作っていた

そんな松岡は藤井と車で県議との打ち合わせに行くことになった

最初は松岡は藤井が会社で雑用ばかりやらされているので、軽く見られているのは当然だと思っていたが、意外と…

打ち合わせが終わって帰り道で、松岡は夕焼けを見ているとつい詩を書き始めた

そして詩のことを藤井と話した松岡は、藤井が詩を見たいので即売会へ行きたいというと…

外山は仲間たちと飲んでいたが、マッチングアプリなんてやらないと言いつつ、石川にはパパ活疑惑があると話していた

そんな外山は、石川をご飯に誘ってきたが、石川は最初はそれを断っていた

しかし外山は藤井の家にも来たいと言い出したので、仕方なく石川は外山とご飯を食べにいくと、外山は自分の持ち物にケチをつけてきた

その上に外山は藤井に気をつけるように言い始めたので、石川はそんな外山に藤井といると…

藤井は小さい頃はあまりに何を考えているのか分からない子だったので、両親はとても心配していた

それでよく一人遊びしている藤井を父親は、公園で何かを探している様子の藤井を観察していると、藤井が取った行動を見て母親には心配ないと言っていた

そんな藤井の父親は今は足を悪くして入院していたが、藤井は見舞いにやってきて会社のことなどを聞かれてから帰っていった

帰り道で藤井は、季節外れで行われていた踊りに誘われると…

外山たちはまだ藤井のことを見下していますが、会社の中でも藤井のことを見直す人が少しずつ増えているようです
松岡みたいにみんなに分からないような形で、自分の趣味をやっている人もいますが、そんなことも隠さずにいられるような雰囲気がやはり会社にはないんでしょうね

外山は石川にパパ活疑惑があるのでアプローチしてきていますが、石川はそんな外山をまともに相手せずにいたので、結局外山はマッチングアプリを使っていました
そんなことをしても外山みたいに人のことを悪くいうことが趣味みたいな奴とは、やっぱりまともに付き合いたくないですね

藤井は幼い頃から今みたいに一人でいることの方が多かったみたいですが、父親は藤井が見ていないようで他の子のことにも気をかけていたりするのを見て、藤井が大丈夫だと思っていたようです
実際に藤井には最近田中や石川たちと仲良くしているので、人数が多くなくても楽しめる友達とかがいれば、見せかけの関係の人がたくさんいるよりはいざという時にも助けてもらえたりするので、そうした関係を持てるようになりたいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

友人のゆうすけの妻の妊娠を知っても心の中の黒いモノを拒む田中

田中は買い物に出かけた後でご飯を食べていたが、やはりまだ心の中の黒いモノは完全には消えていなかった

そんな田中は結婚したゆうすけに新居に遊びに来るように誘われると、彼女がいないのかと聞かれた

いないと答えた田中は、ゆうすけの妻が妊娠していると知ると…

帰り道でも心の中の黒いモノは、藤井の住むマンションの前でも色々言ってきたが、田中はそれに飲み込まれなかった

そして翌日、田中は職場へ向かう藤井に声をかけ…

藤井はご飯を食べながら音楽を聞いていると、気に入った曲があったので探してみても、なかなか見つからなかった

それでCDショップでメロディを歌うと、それを聞いた女の子の店員が知っていたので、藤井はそのバンドのCDを買った

それから藤井はそのバンドのライブへ行くと…

石川たちは藤井がそのバンドのライブに行っていると話していたが、矢部はそのバンドのことを何かコケにしている感じだった

その頃、藤井は自宅でそのバンドの曲を…

藤井たちの職場で孤高の女性だと思われていた湯沢が結婚するので辞めることになった

社長は飲み会などはしない人だったが、湯沢は長年勤めてきたので送別会が開かれた

すると湯沢は藤井と田中が仲良くしていたので、藤井は人嫌いと思っていたと声をかけてきて…

湯沢は年をとって一人はキツいと言って去っていくと、帰り道で田中は石川に結婚願望があるのか訊ねていた

そんなことを話していた二人の前を歩いていた藤井は、向こうに桜が咲いていると言うと、みんなで…

田中は以前から何か黒い存在を感じていましたが、今でもそれは感じてはいますが飲み込まれなくなったようです
これも藤井たちと関わることで、世間の常識や周りの人たちの意見に合わせないといけないとか思わなくてもいいと学んだからでしょう

昔のような価値観に縛られて、脅迫的に結婚とかはしなくてもいいと思いますが、でもやはり老いてしまって誰かの手助けや支えが必要になった時のことを考えると、若い時なら一人で暮らしていても大丈夫ですが、やはり物理的なことだけでなく精神的にもキツくなるのは確かにあるでしょう
職場では孤高の人だと思われていた湯沢もいい人が見つかったみたいですが、藤井も結構若者が好きなバンドも好きみたいで見た目ほど頭も硬くないので、互いのことを尊重できて一緒に生活できる相手が見つかるといいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

藤井の悪口を言って成田にウザいと言われてしまう澤部

澤部はクラスのみんなに馴染めず別のクラスにいる友達のクラスへ行ってみても、結局邪魔者扱いされてしまった

そんな澤部は藤井達クラスの余り物と一緒になることが多くなり、このままだとヤバいと思っていた

しかし藤井が女の子にモテている成田と仲が良いと知ると、藤井の事が生意気だと感じるようになっていた

そんな澤部は、 彼女といた成田に声をかけ藤井の悪口を言っていると、成田は澤部のことをウザいと…

その頃、藤井は学校に来なくなっていた馬場の家を訪れていたが、その時は馬場は会ってくれなかった

藤井は馬場は澤部と仲が良かったと聞くと、澤部に馬場のことを聞いてみても、澤部は素っ気ない態度を取られてムカついたとしか言わなかった

それでまた藤井はノートを持って馬場の家に行くと、馬場の母親は藤井を部屋の中に入れてくれて…

藤井はあるマンガを読み始めると、そんな藤井を見ながら馬場は自分が学校へ行かなくなったきっかけを思い出していた

すると藤井がマンガを読んで涙を浮かべていたので、なんと馬場はそのマンガを藤井に…

それから藤井は馬場の家に遊びに行くようになっていたが、澤部たちと夏祭りに行った

しかし澤部は藤井たちより不良たちの方を選んでしまい、山根も藤井とはぐれたことが原因で藤井と関わらなくなってしまった

そんな藤井に成田が声をかけてきて、成田は彼女とは別れたと言いつつ藤井に引っ越すのかと訊ねてきて…

その頃、馬場は部屋のベッドに寝転びながら、そろそろ学校へ行こうと思っていると、藤井から転校のことを聞いてしまった

それで馬場は引っ越していく藤井に読みかけだったマンガをあげると、藤井の見送りに来ていた成田は、馬場に友達になるには時間は…

そんな馬場も大人になって仕事をしていたが、誰かの葬儀に来ていて…

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」