イジメの時間 13巻 ~平原の母親の死が自分のせいだと思い出し自分も鈴木山たちと同じだったと気づく歩 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『イジメの時間』を13巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『イジメの時間』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「イジメの時間」13巻の簡単なあらすじ

歩のせいで死んでしまった姫音子の母親

姫音子(平原)の母は、心臓が悪く

病院に入院していた

歩は、平原が母親から作ってもらった人形を

見せて欲しいと言ったが

姫音子は、イジワルな歩には

イヤだと言ったので

歩は強引に、人形を奪おうとしたので

人形の首がもげて、姫音子も転んでしまった

 

姫音子は、母親の見舞いに行ったが

母親は、姫音子のケガと人形のことを聞くと

姫音子は、転んだのだとウソをついた

しかし母親は、姫音子の様子が

おかしいと思い、幼稚園に電話をかけた

 

歩は、姫音子に前日のことを

謝ろうとしたが、そこに姫音子の母親の容態が

急変したと連絡が入った

姫音子は、病院にかけつけたが

既に母親は亡くなっていた

母親は、姫音子がイジメを受けていると思い

幼稚園に向かっている途中で

倒れてしまったのだ

 

歩は、姫音子の母親が亡くなったことを聞き

姫音子の母親が、イジメのことを知って幼稚園へ向かい

その途中で、亡くなってしまったのだと知った

姫音子は、別れの挨拶もせずに

引っ越していったので、歩は謝ることもできなかった

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

歩のイジメのきっかけを作っていた平原

歩は、自分が平原をイジメていたことを思い出し

どうしてもっと早く気づかなかったのかと思った

平原は、中学校に入学したとき

すぐに歩に気がついた

しかし平原は、自分もイジメのことを

話さなかった非があると思っていたので

歩を責めるつもりはなかった

 

しかし席替えがあったときに

平原は、ちょっとした

復讐のつもりで、鈴木山の筆入れを

歩の机に入れてしまったのだった

 

自分も鈴木山たちと同類だと思った歩

平原は、歩が鈴木山たちに

ここまで酷い復讐をするとは思っていなかったと言い

それも自分の責任だと言った

又賀は、歩に何かあれば

絶対に平原に復讐すると叫んだ

その言葉を聞いた平原は

歩が死んだら自分も、すぐに死ぬつもりだと言った

 

だが歩は、自分が全部悪いと言って

平原に謝った

そして自分にイジメをしていた鈴木山たちと

同じだったのだと思った

歩は、鈴木山と同じように

悪いのは全部自分だと言いながら

意識を失ってしまった

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

歩を庇い死んでしまった鈴木山

若保囲の父親は、須田の父親に

責められていた

そして真魚の母親は、せっかく育てたのに

すべてが無駄になったと思いながら

コブなくなったので、男とつき合えると考え

既に気持ちを切り替えていた

 

平原は、倒れてしまった歩に

トドメを刺そうとしていた

しかしそれを、まだ死んでいなかった

鈴木山が止めた

救急隊がやってきて、歩たちは病院へ運び込まれたが

鈴木山は、自分と若保囲が主犯だと言って

歩は被害者なので、助けて欲しいと言いながら

死んでしまった

 

罪の意識を抱えながら

平原は、警察に事情を聞かれていたが

罪の意識に耐えきれず

舌を噛んで死のうとした

歩は、手術を受けていたが

自分の葬儀の夢を見て

本当に死んでしまったのだと思った

 

しかし歩は、意識を取り戻すと

母親は、歩のやったことは悪いことだが

自分にも守れなかった責任があると言った

そして歩に、もう一度やり直せる権利が

あるのだと言った

母親のそんな言葉を聞いた歩は

ワーの幻影を見て、泣いてしまった

 

平原は、舌を噛んでも死にきれなかったので

その後、首つり自殺をしてしまった

そのことを話していた真二と又賀は

大人たちも、結局何が悪いのか

分からないから、こんなことになるのだろうと言った

そんな二人は、自分たちを待っている

歩のところへ急ぐのだった

 

※この後、最終話の後日談となる

描き下ろし番外編「本心」のお話があります

 

⇒『イジメの時間』の無料試し読みはコチラ

 

イジメの時間を最初から読み直すならコチラ👇

イジメの時間  1巻 ~イジメの罠に嵌まっていく歩 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「イジメの時間」13巻を読んでみた感想

歩や平原、鈴木山たちのやったことは

いけないことですが、全員加害者でもあり

被害者でもあるでしょうね

歩が平原に、イジメをしていたのも

やはり親の離婚が影響しています

鈴木山や若保囲も、剣丸の事件の際に

若保囲の親が、事件を隠蔽してしまったので

二人は間違った方向に、突き進んでしまいました

もちろん親が、完璧な対応を出来る訳では

ありませんが、やはり何かを隠そうとしたり

誤魔化したりして、誠意のない対応をすると

それが子どもにも伝染してしまうのでしょうね

亡くなってしまった鈴木山や平原も

最後は自分を責めていたので

生きていれば、まともな人間になれていたと思います

歩も、人生をやり直そうとしていますが

番外編の若保囲の父親が思っているように

ずっと罪の意識を抱えて、苦しみながら

生きていくのだと思うと

とても可哀想だと思いました

 

>>『イジメの時間』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『イジメの時間』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『イジメの時間』を実際に読んでみましょう!

 

-イジメの時間

© 2020 まんがコミック大好き日記