広告

Immoral 11~20巻 ~樹里や母親を捨てた余命幾ばくもない父親を支援していた青山 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『Immoral』11~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

10巻までのお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「Immoral」の簡単なあらすじ

里中が意外と良い奴なのかもしれないと思い始める樹里

朝目を覚ました樹里はまたヤってしまったと思っていると、里中にドライブに誘われてしまった

すると里中は、自分や星奈のことを話し出し、星奈は自分の父親が武典の妻を…

樹里は今までも里中も苦しんできて、意外と里中は良い奴かも思っていると、里中は樹里をお気に入りのお店に連れていった

そこで樹里は里中が自分と同じような人なんだと気づくと、里中は樹里に自分のボケてしまった母親に会いに行くので一緒に来て欲しいと頼んできた

樹里がそれにOKしてあげると、里中は青山がどうして樹里にこだわるのか分かった気がすると言っている頃、青山は実家で父親から兄嫁のこと聞いていて…

樹里は里中と里中の母親のいる施設に行ったが、里中の母親は里中を父親と思い込んでいて、里中への不満をまき散らした

それに耐えられなかった里中は、すぐに施設を離れて樹里を家まで送ってくれた

里中は思ったよりも良い奴で、里中も家族のことでずっと悩んできていたみたいです
確かに星奈は武典の血を引いていますが、不倫で出来た子どもでもあるので、人からは白い目で見られてしまいます
恐らく里中はそんな星奈をずっと守ってきたのだと思いますが、その苦労は他人では分からないでしょうね

それに里中は、母親が会うたびに酷いことを言うばかりなので、会えないでいたみたいです
それで樹里に一緒に来て欲しいと頼んでいましたが、実の親にいくらボケているとはいえ言われ続けていたら、会いたくないと思ってしまっても仕方がないでしょうね

樹里も父親のことで苦しんできたので、それで里中にはシンパシーを感じています
里中にはまたついていっていいと言っていたので、里中はもう話すことはないと言っていましたが、これからは里中とは結構良い関係でいられるような気がしました

⇒まんが王国で無料試し読み

実の父親に会いに行く樹里

樹里には不倫して駆け落ちしていた実の父親がもう長く生きられないという知らせが届いていたが、樹里はまだ青山には話していなかった

それから樹里は晶や横田とimmoralに行くと、母親が昔言っていた言葉を思い出し父親に会う決心をした

樹里は有休を使って父親のいる施設に行くと、父親と普通に話せて父親は母親から逃げてしまったことを話してくれた

そして樹里は父親のことを許してあげたが、父親を支援していていたのはなんと…

樹里は母親に青山が会いに行くことを伝えたが、青山の会社で事件が起きてしまい青山は行けなくなってしまった

しかし樹里は青山からの連絡がなかったので不満に思っていると、里中から一人でも行ったほうがいいと言われ、一人で母親に会いに行った

そして樹里は帰りの新幹線で、青山の秘書となっていた里中から石橋の仕業だろうと聞いていたが、そこに現れたのはなんと…

樹里の父親は不倫して駆け落ちしていたことになっていましたが、実は格差婚に耐えられずに父親は逃げていただけでした
それで母親もそのことを分かっていたので、父親のことを酷く言っていなかったでしょう

でも樹里はそんなことは知らないので、ずっと苦しんできました
普通ならそれでも父親を許せないと思ってしまう人も多いと思いますが、樹里は父親の事情を知って許してあげていました

父親はもうすぐ亡くなってしまうので、これで樹里が父親を許せたことで心の中の蟠りが一つ解くことができました
あまり誰かを恨み続けたりしていても、自分が辛いままなので樹里が父親を許せたのはよかったと思います


青山は事件が起こって樹里の母親に会いにいけなくなりましたが、どうやら事件は石橋が仕掛けていたようです
今回は青山が大事に至らせませんでしたが、また石橋は何かを仕掛けてくるでしょう
やっと樹里と青山が結婚に向かえそうになってきたときなので、もうしばらく静かにしていて欲しいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

優作の優しいウソに気づく樹里

晶の退職祝いをした後、樹里は晶と横田の関係を見てしまい、次は自分の番だと思った

樹里は青山の両親や兄夫婦に会いに行くと、兄嫁が見せてくれた胎児の写真を見て…

それでも青山の母親たちに優しい言葉をかけてもらった樹里は、これで結婚へ向かえると思っていると、美人の江梨香が声をかけてきた

するといきなり江梨香は、樹里に優作のことで話があるというと…

樹里と同じことをされたという江梨香に、樹里は言い返して廊下を歩いていると、晶が苦戦しているようだった

そのことを考えながら樹里は道を歩いていると、偶然優作とバッタリ会ってしまったが、優作の手には指輪が…

しかし樹里は優作の表情を見て、自分のために優しいウソを…

樹里は青山の家族にも受け入れてもらいましたが、優作の元カノの江梨香が絡んできています
今のところ樹里は、江梨香の攻撃をかわしていますが、優作に会って優作が自分が幸せになれるようにウソをついていたことを知ってしましまた

普通ならそれでも相手は自分に酷いこともした相手なので、そのまま青山とゴールインしてしまうでしょう
でも樹里は人のことを見捨てられないので、優作を放ってはおけないでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

優作の会社のニュースを見て自分だけ幸せになれないと思ってしまう樹里

その直後に優作の会社のニュースが入り、慌てて樹里は優作の会社のあるビルに向かった

それでも樹里は優作なら大丈夫だと思い込もうとしたが、電話してきた晶の言葉を聞いて、自分だけ幸せになるのは…

横田は晶から、自分の作ったプログラムは何者かにいじられていると連絡を受けていた

そして晶は自分のいる管轄しているのが、誰なのか聞いてサポートしてあげないといけないと思った

その頃、青山は優作と会っていて、樹里に渡すもの見せながら優作にあることを提案していた

会社に戻ってきた青山に、横田が晶のことを話していると、そこに里中が会社の過去のことを調べてやってきた

武典が石橋のクーデターを防いだが、石橋は自分の駒を晶のいる部署に隠していたのだと里中は話した

その話を聞いた横田は、青山に…

後のことを横田や里中に任せた青山は、樹里の待つお店に行った

そして用意していたあるものを樹里に見せてある言葉を言いながら、これでゴールだと思っていた青山だったが、樹里は…

やはり樹里は優作のことを放ってはおけないようです
優作の会社は大変なことになってしまい、確かにこれからどうするのかと思ってしまいますが、やはり樹里は自分の幸せを掴んでいたほうがよかったかもしれませんね

青山が受け継いだ会社では、どうやら武典が死んで以前クーデターを起こした石橋が、また乗っ取りを企んでいるみたいです
その最初の犠牲者に晶がなってしまいそうになっていますが、晶と付き合っている横田が必死に守ろうとしています

それでも横田は青山に樹里とのことに専念させようとしてくれていますが、樹里はやはり優作の件を済ませてからにしたいようです
確かにスッキリさせてからという気持ちも分からなくはありませんが、段々会社のほうもヤバいことが起こりそうになってきているので、これから一波乱も二波乱も起きてしまいそうな感じになってきましたね

⇒まんが王国で無料試し読み

まさかを目撃してしまう青山

横田はなんとかロックを解除したと青山に話していたが、そこに石橋が現れたので二人はビックリしてしまった

それから青山は里中と車で移動していたが、樹里のことばかり考えていた

すると里中はまた拗れたのかというと、そんな里中の言葉で青山はまさかと思っていると、そのまさかを見てしまい…

道を歩いていた樹里にまた江梨香が声をかけてきて、青山と優作のことを聞いてきた

そして江梨香が樹里に何かを言っていると、そこに優作が現れたので江梨香は逃げるように去っていった

すると雨が降り出したので二人は雨宿りしながら、樹里は青山からの提案のことを聞くと、優作の表情を見て昔の自分と…

優作は江梨香を見つけると、逃げようとする江梨香に謝った

そんな優作を江梨香は罵り始めたが、そんな江梨香を優作は抱きしめたが…

横田はあるヤバいものを見つけてしまったが、そこに巨乳の美奈が迫ってきた

青山となかなか話せないで焦っていた横田に、また美奈が服を脱いで迫ってきたが、それを横田が拒むと美奈は…

美奈の正体を知った横田は、美奈が言った提案を拒んでいると、美奈はコケて二人は抱き合ってしまうとそれを誰かに…

樹里は優作にバッタリ会ってしまいましたが、その時の様子を青山に見られてしまいました
樹里はヨリを戻すきなんてないと思いますが、青山はまた勘違いしてしまいそうで拗れてくるでしょうね
優作はどうやら酷いことをした江梨香にまだ気があるようですが、江梨香も今は優作を拒んでいますが、あれだけ優作のことで樹里に粘着していたのでまだ優作に気があるんでしょうね

でも江梨香はどうやら石橋側の人間みたいなので、江梨香が優作とヨリを戻したりすれば、石橋と青山の対決でキーマンになるかもしれません
まだ江梨香が優作との関係がどうなるかも分かりませんが、優作も以前は酷いことをしていましたが、その罰とも言えることは受けているので、そろそろ幸せを掴もうとしてもいいのではないかと思います

横田は石橋側の美奈に迫られて石橋側になるように迫られていますが、当然それを拒んでいます
でもアクシデントを石橋側の奴に見られてヤバいことになってしまっていますので、青山は仲間の一人を失ってしまうかもしれません
そろそろ石橋が本格的に仕掛けてくるみたいなので、それを青山がどう応戦していくのかも気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

晶から自分がトンデモないことを青山にしてしまったと教えられる樹里

青山は樹里と話し合おうと思って声をかけたが、樹里は逃げようとしてしまった

そして樹里は今は話せないと言ったので、青山はまただんまりするのかと…

石橋は江莉香を脅していると、そこに横田が連行されてきた

横田は石橋から美奈への猥褻行為をしたと脅されて自分側につくように迫られていたが、横田は実は奥の手を…

横田がブチ切れているのを晶が止めると、そこに青山もやってきた

石橋は優作の会社を潰したこともシラを切ろうとして、逆に青山たちを脅し始めた

しかし美奈も江莉香も石橋を見放し、里中がトドメを…

樹里は青山とのことを晶の相談してみると、晶は樹里が青山に取った行動がどんなものなのか教えた

優作のことまで突っ込まれてしまった樹里は、自分がトンデモないことをしていたのだと気づくと、そのまま青山に会いに向かい…

石橋は青山の会社を乗っ取るつもりでしたが、美奈もどうやら親のことなどで脅していたみたいですし、他の社員も同様なことで支配していましたが、結局全員から見放されてしまいました

権力を持つと他の人は従うようになりますが、でも結局は自分の力だけでそうなっている訳ではありません
特に苦しい状況になったときなどは、それまでの繋がりがどうだったかが重要になってきて、誠実に接している人なら見放すひともいるとは思いますが助けてくれる人もいるはずです

石橋は人をゴミみたいに扱っていたので、皆うんざりしていて嫌だったので結局は全員に見放されてしまいました
警察にも捕まったのでこれで社会的には死んだも同然なので、これからは惨めな人生を送っていくことでしょうね

樹里は優作のことを青山に話せないでいましたが、青山は優作のことも知っていたのでちゃんと話していれば分かってくれたと思います
確かになんでも話すとウザがられることもありますし、特に元カレのことを恋人に話すのは気が引けるということもあるので、樹里が話せなかったというのも分からなくはありません

でも世の中の恋人も、こんなことでそのまま終わってしまうというのも事実なので、晶に後押しされて青山と話し合うために向かった樹里には、ちゃんと青山とのわだかまりは解消して欲しいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

青山に会えずに落ち込んでいた樹里を見つけてしまう大和

樹里と青山はやっと二人きりで自分のことを話すと、セックスしながら互いに頼ろうと言い合った

そしてお互い様だったと言い合うと、青山は樹里に指輪をつけながら…

樹里は道で大学の後輩の大和に声をかけられると、なんと大和は樹里のチームに入ることになっていた

しかし大和はいきなり先輩面していた星奈をいきなりキレさせてしまったが、大和はそれでも大学時代と同じように明るく接してくれた

そんな大和は樹里が指輪をしていることに気づき…

その頃、青山は出張中の里中の代わりで秘書をしていた桜井のせいで、予定が入りまくりで樹里と会えないでいた

その頃、大和は大学時代の友人にこのままだと後悔して引きずってしまうと言われていたが、そんな大和は青山に会えなくて落ち込んでいた樹里を見つけてしまい…

少し元気が出た樹里は会社から出てきた青山に声をかけると、青山は樹里に会えないことを謝ってくれた

しかしそこに桜井が割り込んできて…

ようやく樹里と青山は互いのことを話し会うことができて、お互いに思っていたことを話すことができました
やはり付き合っているとは言え、なんでも分かり合える訳ではないので、時々は話し合う時間がないとすれ違いが起こってしうまいます

これでようやく解決したかと思いましたが、また青山は忙しくなってしまって樹里は寂しい思いをしています
大学時代の後輩の大和が樹里のチームに入ってきましたが、どうやら大和は樹里への想いを引きずっているみたいです

でも大和はどう見てもいい奴みたいなので、樹里を横取りしたりはしなさそうですが、樹里が落ち込んでしまっていたりしたら、その内自分の想いを言ってしまうかもしれません
樹里は大和のおかげでようやく青山とも会えましたが、秘書代行の桜井が邪魔をしているみたいです

もう石橋はいないので桜井自身の考えで邪魔しているのかもしれませんが、どうして青山と樹里を会わせようとしないのか理由が気になってしまいます
こんな感じだとまた同じようにすれ違いが起こってしまうかもしれないので、この後に樹里と青山の関係が悪くなったりしないかが心配になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

樹里を部屋まで送ってくれた大和にキレられ気圧されてしまう青山

青山は桜井から何かを言われて、3日間自分と一緒に出張になると伝えられたが、迫られている様子を樹里は目撃してしまった

そんな樹里は大和に飲みに誘われると、つい愚痴って酔い潰れてしまった

それで大和は樹里を部屋まで送っていると、そこにキレ気味に現れた青山に逆ギレしてしまい…

翌日大和は樹里に謝ってきたが、樹里はやはり青山とまともに話せなかった

その頃、青山は桜井と出張で温泉に入っていると、なんと桜井が裸の姿で現れ…

青山業界の社長たちの飲み会に参加していたが、山本は結婚は人生の墓場だと言い始めた

そして山本はふらついて桜井に倒れかかってくると、それを青山は助けたがそれは桜井の作戦で…

青山はそんな桜井の作戦にも気づいている様子だったので、とうとう桜井は強硬手段で青山に色気ムンムンで迫ってきた

そんな桜井を振り払って外に出た青山は、つい大和に言われた言葉や山本の言葉を思い出していると、そこに星奈が樹里が倒れたと…

樹里はずっと青山のことでまともに眠れなくなっていて、星奈からは帰れと言われてしまった

帰宅した樹里は最近の青山は丸くなったと思っていると、そこに大和がやってきた

すると大和は青山のことを聞いて樹里の反応を見ると、大和は樹里を押し倒してしまい…

マンション前で大和にまた何かを言われた青山は、首筋についた何かを見られて焦ってしまった

それでまた大和にキレられてしまった青山は、体調が戻った樹里にも会えなくなっていて…

樹里は青山が桜井に迫られているのを見て動揺していましたが、青山も大和が樹里のことが好きだと知って焦っています
二人とももう婚約している間でもあるので、当然二人から迫られてもそれを受け入れたりはしていませんが、やはり会えないでいると不安になってしまうのは仕方がないでしょうね

そんな時こそ今ならテレビ電話なんかもあるので頻繁に連絡したほうがいいと思いますが、二人はまた連絡せずにモヤモヤを抱えてしまっています
最初はどちらかというと樹里が精神的に参っている様子でしたが、どうやら休んだら上手く切り替えられたようです

こういうときの切り替えはどちらかというとやはり女性のほうが早い場合が多いですが、最初はそうでもなかった青山のほうが今度は大和に言われてしまったことや首についてしまったものを見られてしまったこともあって、樹里を避けるようになってしまっています
でもそうしていたらまたすれ違いなんかが起きて、いろいろギクシャクしてしまうので早く樹里に会ったり連絡したほうがいいでしょう

それに青山は若い大和の真っ直ぐな気持ちに押され気味ですが、青山も今は社長をしていて前のようなギンギンなままであるはずもありません
これから樹里と結婚するなら、大人としての落ち着いたところを身につけたほうがいいと思いますが、もうすぐ結婚という段階なので青山も樹里もマリッジブルーになってしまっているんでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

19巻 青山に桜井と何かあったのか聞けずに落ち込むも江梨香のおかげで立ち直る樹里

翌日、樹里は職場での大和の様子は普段通りだったので、勘違いだと思っていた

しかし樹里は偶然、廊下で星奈と大和の会話を聞いてしまい、大和が青山の首筋のモノのことまで言ったので、樹里は愕然としてしまった

星奈は大和の言葉でカンカンな様子だったが、樹里は二人の上司なのでそれでも気丈に振る舞っていた

それから星奈は青山を待ち伏せして強引に会うと、青山は樹里と話し合うようにいう星奈に、桜井とは何もなかったの一点張りでちゃんと話してはくれなかった

星奈と別れた青山に樹里も会いに来たが、樹里はやはり青山に桜井と何かあったのか聞けなかった

そして駅に到着すると、樹里は結局聞けずに泣いてその場を去ってしまったが、青山はそんな樹里を…

突然現れた江梨香は、事情を聞いて樹里は自分に自信がないからそんななんだとキツいことを言った

そんな江梨香が優作とは上手くいっていると知った樹里は、江梨香を別れるとこれまでの自分の行動を振り返り…

その頃、星奈はやはり樹里と青山の関係をなんとかしないといけないと思い込んでいた

それで星奈は誰かに電話を…

樹里と青山は今のところ桜井の策略に嵌まって、樹里が青山の浮気を疑ってギクシャクした感じになってしまっています
大和はやはり樹里のことが好きなので、青山のことに対しては憤慨してしますが、やはりそれを樹里にバラしたりしたりはしていないので、そんなところはいい奴だと感じました

星奈は完全に大和のことを好きになっている感じですが、樹里と同様にその気持ちを大和には伝えられないでいます
大和のほうは今のところは星奈に気持ちは向いていませんが、樹里と青山の問題が解決したら二人の相性は悪くなさそうなので、星奈の気持ちに応えてくれたらいいですね

青山はやはり首筋のモノがあるので、どうしても樹里に引け目を感じて本当のことを話せずに、駅でも樹里を追いかけることが出来ませんでした
それに対して樹里はその後に思いっきり落ち込んでいましたが、江梨香のお陰で立ち直ったようです

これでなんとか二人の関係は良くなっていきそうな感じになってきましたが、星奈も何やら動き始めているのでその辺りの影響がどう出るのかも気になります
それに桜井も樹里たちの関係をこれからも破壊しようと企んで仕掛けてくるハズなので、この後の展開がどうなっていくのかがとても気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

20巻 大和にコクられてしまう樹里

星奈は樹里のために一人で動こうとしていたが、樹里がやってきて青山のことは自分で確かめると言った

それから樹里は大和が二人きりでの食事を誘ってきたので、樹里は青山が気にしているからと言って断った

それから樹里は大和にも自分で確認すると言っていると、突然、大和はコクり始め…

樹里は青山と会うためメッセしていたが、青山のことは諦めた桜井は徹底的に樹里を邪魔するつもりだった

そんな中で青山は大友と優作と会う約束をしていたが、優作と一緒に高校時代の同級生の江梨香がやってきた

桜井は江梨香に優作のことを狙っているのかというと、江梨香が昔好きだった星野のことを言い出すと、江梨香はキレ始め…

江梨香は桜井に優作を狙っているのかと言いつつも、なんだかんだでまた桜井と連絡先を交換して別れた

桜井は青山と二人でエレベーターに乗っていると、青山は桜井に優作の秘書候補を育てて欲しいと頼まれた

その秘書候補はなんと、桜井が知っている人物で…

ようやく戻ってきた里中は、桜井が青山を狙ってくると分かって代理秘書にしていた

里中は星奈にその意図を話しつつ、星奈も誰かを想っているのだと気づき樹里も大丈夫そうだと感じていたが、あとは青山次第だろうと考えていた

青山はまだ樹里と釣り合うのかと思い詰めていたが、樹里も青山と会えずに焦って横田に相談すると、青山が避けていることを知ってしまった

それでも樹里は横田の言葉で…

その頃、青山は里中に呼び出された場所へと行くと、誰かが待っていて…

どうやら里中は桜井が青山を狙ってくることを分かっていて、ワザと代理秘書にしていたようです
手の込んだことをしていますが、そんなところは里中らしいとも言えますが、確かに今のままだと二人はこれまで通りすぐに思い込んで勝手に別れようとしたりするので、そんなところが心配なんでしょうね

里中の予想通りに青山はまだ自分が樹里と釣り合っていないとか思い込んでいるようで樹里を避けていますが、やはりなかなか会えないないので樹里も不安になっていますが、樹里は横田に相談したりして成長している感じでした

青山を狙っていた桜井は、ダメだと分かって早速優作に乗り換えようとか企んでいましたが、どうやら本気で好きな相手がいたようです
その辺が樹里たちのことにも絡んでくるのかは分かりませんが、桜井もあまりヘンな企みなんかせずに、そろそろ本当に好きになれる相手を見つけたほうがいいですが、思わぬ再会があったようなのでどうなるか気になってしまいます

里中はさらに何かを企んでいて青山を誰かに会わせていますが、恐らく樹里に本気な相手を見せて青山が本気なのかを確かめているんでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」