広告

「サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査」 5〜6巻 ~現代にも取ってきて更生したサトミを見届けた後で怪しい動きをしている飛高に頼んで自分の家族が惨殺された事件と同じ手口の軍場の事件が起こった過去に送ってもらう五代 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』5〜6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

4巻までのお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査」の簡単なあらすじと感想

5巻 飛高に頼んで自分の家族と同じ手口で殺人事件を起こした軍場の事件の過去に飛ぶ五代

五代はサトミの本当の名前を言うと、幸坂はサトミとの関係を否定し始めた

五代はサトミにやり直せるというとサトミは幸坂の指示だったと認めたので、幸坂は五代を殺そうとしたがヤラレてしまった

そして五代は幸坂にトドメを刺すために、誰かを呼んでいて…

現代に戻ってきた五代は、サトミがやり直しているのを見届けると、それから殺人犯たちの資料を見直していた

しかし五代は飛高が何かを隠していると思っていたので、飛高を尾行し始めた

飛高は呑気に昼間からワインを飲み始めたが、そこにあの時の怪しげな黒服の男が現れたので、五代はその男を追いかけ始めた

五代はなんとかその男を取り押さえたが、その男の背中にはとんでもないヤバいモノがあり…

五代は飛高が未来が見えているのか聞いてみても、やはり期待したような答えは返ってこなかった

それで五代は、自分からある事件の起こった過去に送るように飛高に求めたが、その事件は五代の家族が惨殺された事件と同じような手口だった

時系列的には飛高の家族が惨殺される前の事件だったが、五代はその事件が自分の家族の事件となんらかの関連性があると睨んでいた

その事件を起こした犯人は、元自衛官の軍場が起こしていたのでヤバい犯人だったが、それを覚悟で五代は過去に送られると乗り移ったのはなんと女子大生の麻紗で…

麻紗の先輩の友輝の祖母の家に泊まることになった五代たちだったが、友輝の祖母は軍場がヤバい奴だと言った

翌日、島の村長が島を案内してくれることになったが、五代が軍場のことを訊ねると、村長の妻は軍場はヤバい奴だと錯乱し始め…

その後は村長の息子の将王が島を案内してくれることになったが、五代は麻紗の仲間たちとは離れて軍場の家に忍び込んだ

軍場の家で銃を見つけた五代は、すぐに村の交番に駆け込み応援要請を求めたが、既に島中の電話線が…

事態を知った村長の弟で副村長の宏二は、軍場の仕業と断定して仲間を引き連れ軍場の家に乗り込んだ

しかし軍場の家は既にもぬけの殻で、その頃、麻紗の仲間の一人が…

幸坂に洗脳されて犯罪を犯していたサトミですが、五代のお陰で洗脳も解けて自分のやった罪を告白していました
犯罪者であっても自分の罪を悔いているのであれば、やはり更生の機会を与えるべきでしょう

でも犯罪者の中にも幸坂のように更生ができないと思われる犯人もいるので、そういう奴らはやはりもう世の中には戻ってきて欲しくないですね

実際にはどこまでの犯人が更生できるのかどうが見極めることが難しいですが、五代は現代に戻ってきて更生したサトミを見つけていたので、内心ではとても喜んでいた感じでした
そんな五代はやはり飛高には別の目的があって自分を過去の事件に飛ばしていると考えていますが、飛高のあの一シーンを見る限りでは飛高がラスボスになりそうな感じでした

五代は自分の家族が惨殺された事件と同じ手口の軍場の事件が起こった過去に、飛高に志願して過去に飛ぶことにしました
でも今度の犯人の軍場は元自衛官なので、戦闘能力で言えば刑事の五代よりも上なハズです

五代が過去にやってきた時には、既に軍場は島民とは最悪な関係になっていましたが、それでも島民の人たちは軍場があんな酷い事件を起こすとは思ってはいなかったハズです
五代は早速軍場の凶行を止めようと動いていますが、軍場はそれを上回る速さで手を打ってきています
どうやら五代が乗り移っている麻紗の仲間がヤラレ始めてしまったみたいですが、五代と軍場の対決がこれからどんな形で展開されるのか、とても気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

6巻 麻紗の持ち物から見つけたもので麻紗の姉の弥恵がどうなってしまったのか気づく五代

麻紗の友達のもえが軍場にやられているのを見つけた友輝は、やられた姿で助けを求めてきた

もえは気絶しているだけで無事だったが、五代は未来を知っているので村長の家はヤバいと言っても、未来を知らない宏二は聞き入れようとはしなかった

将王も宏二と軍場とのケリをつけに捜索に出たが、宏二たちは軍場を見つけて罠にハマってしまった

駐在も軍場にやられかけたが、五代は襲いかかってきた軍場を投げ飛ばそうとしたが、軍場は持っていたナタでそれを阻止した

そこに現れた将王が軍場に襲いかかったが、軍場は持っていたナタで将王の脳天を…

気絶していた五代が目を覚ますと、将王は無惨な姿となっていた

疲れたのか軍場は眠ってしまったので、五代は拘束を解いて逃げようとすると、軍場に見つかってしまった

しかしそこに宏二たちが現れ、五代はなんとか助かり宏二たちを村長の家に戻ってきた

五代は将王がどうなったかを宏二たちに伝え、軍場は住民を皆殺しにするはずだというと、ひとまず破れてしまった服を着替えに行った

それで五代は、麻紗のバッグを開けて着替えを取り出そうとすると、麻紗が持っていた何かで麻紗の姉の弥恵がどうなってしまったかに気づいた

そんな中、村民の見回りで軍場がとんでもない姿の将王を祠の前に…

五代は麻紗が持っていたものに写っていたものの意味に気づいてある場所へと行くと、武装した軍場が現れた

軍場は五代を見つけると襲いかかったが、そこに現れた駐在が軍場を銃で…

宏二は将王を弔うと言って宴を開くと、皆で献杯した

すると五代たちはすぐに意識を失ってしまい、そんな五代たちを宏二は本当の宴に使おうとしていた

宏二は宴がバレないように軍場や駐在になすりつけるというと、一族ではないが供物を用意してくれた友輝にお礼を言った

それから宏二たちは、五代たちから何かを取り出そうとし始めたが…

五代は宏二たちに自分の推理を話すと、麻紗の姉の弥恵がどうなってしまったのか話した

そんな五代に友輝はチャカを向けたが、五代が自首するように言っていると、そこに誰かが現れ…

最初は狂った元自衛官の軍場が村民を襲っているだけという状況でしたが、どうやらそんなに単純ではなかったみたいです
それに今は未来にいる麻紗の荷物に入っていたものからすると、麻紗は友輝にただ誘われたから島へやってきたわけでもないみたいですね

軍場も単に狂っていた訳ではなさそうですし、恐らく麻紗とも何か関係があるのだと思います
まだその辺りのところは分かっていませんが、この後のお話ではっきりしてくるでしょう

宏二たちは五代たちを眠れせてとんでもないことをしようとしていましたが、島の昔から行われているような口ぶりでしたが、やっていることは全然今しかできないようなことでした
もしかすると昔はもっと違う意味合いで、違う形で行われていたのかもしれませんが、恐らく宏二たちはそうしたことを口実にして欲丸出しの悪行を行っていた可能性が高いでしょう

宏二たちは完全にクソ野郎ですが、だからと言ってそれでぶっ殺してしまうより、やはり五代は刑事でもあるのでちゃんと捕まえて宏二たちにちゃんと裁きを受けさせて欲しいです
それにまだ五代たちがピンチを切り抜けた訳でもないですし、惨劇を阻止できた訳でもないので、なんとかそれを阻止して無事に現在に戻ってきて欲しいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

4巻までのお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」