子宮で償え! ~死刑か代理母か~ 11~15巻 ~所長から無実だと教えられ子供を運ぶヘリで島から脱出して沙知子として生まれ変わったナズナ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』11~15巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「子宮で償え! ~死刑か代理母か~」11~15巻の簡単なあらすじ

所長の盾になってダリアに撃たれてしまうナズナ

ナズナは女からダリアが施設から脱走しようとしていることを聞き出すと、コシカもダリアの企てに加わっているのかと思ってしまった

そこに医務室の医者がやってきたのでナズナは新生児室の場所を聞き出すと、赤ちゃんの母親に赤ちゃんに会わせお乳を飲ませてあげるように言ってあげた

その頃、コシカは連絡船に乗り込んでいたが、船の運転士もロボットだったので脱走計画が失敗してしまったことをコシカは悟って絶望してしまった

ダリアはサクラを盾にして所長の部屋に乗り込むと、金庫を開けるように要求した

ダリアは所長から金を奪うつもりだったが、島にお金などいらないので所長の部屋には金庫はなかった

ナズナは廊下を歩いていると、掃除のおばさんを発見した

おばさんは床にあったドアを指さしながら、そこにはシェルターがあるので隠れるように言ったが、背後に気配を感じていたナズナはそこに隠し通路があるのかと言いだした

そしてナズナはおばさんと目で合図すると仲間を連れてくると言って、所長室へと向かい始めた

ナズナが所長室へとやってくると、ダリアが所長に拳銃を向けていた

ダリアは自分をレイプした奴らの生き残りをぶっ殺すつもりだというと、所長を撃ち殺そうとして発砲したがナズナが盾になって撃たれてしまった

そこにダリアの仲間が隠し通路があると言って部屋に駆け込んできたので、ダリアは島を脱出するために部屋を出ていってしまった

所長は自分に代わって撃たれてしまったナズナを抱きしめながら、ナズナに話さないといけないことがあると言った

意識が朦朧としていたナズナは、自分には放火してしまったときのことを思い出しながら気を失ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ナズナに無実だと教える所長

施設のロボットたちは再起動して動き始め、負傷者を助け始めた

所長は外が静かになったことに気づくと、拘束されていたサクラを助けナズナを医務室へと連れて行くのを手伝うように言った

所長はナズナを背負って廊下を歩きながら、施設のロボットたちはもともとは性犯罪防止のために作られた性処理ロボットの失敗作だとサクラに話した

そして医務室へとやってくると医者にナズナの治療を頼んで、サクラと一緒にシェルターの入り口に向かった

シェルターの入り口には、あの掃除のおばさんが殺されていた

所長は掃除のおばさんはこの施設の最初の囚人なのだと話すと、元は詐欺師で最期もダリアたちを騙したのだと言った

その頃、シェルターに閉じ込められてしまったダリアは、自分たちはナズナに騙されて閉じ込められてしまったのだと気づいていた

野バラはダリアの仲間に拘束されていたがそれを自力で解くと、ダリアたちに閉じ込められていた囚人たちの所へとやってきた

するとそこにサクラがやってきて野バラたちを中央棟へと連れていっていると、コシカたちがロボット警備員に連行されているのを見つけた

ナズナは意識を取り戻すと、隣のベッドには所長がいた

所長はナズナに掃除のおばさんは、ナズナが隠し通路があるとウソを言ったことをダリアたちに信じ込ませようとして暴れ、ダリアたちに殺されてしまったと伝えた

それを聞いたナズナは、自分のせいでおばさんは死んでしまったのだと泣き出したが、そんなナズナに所長はおばさんは安らかな死に顔だったと教えてあげた

そして所長はナズナのおかげでたくさんの人たちが助かったのだというと、ナズナは無実なので自由にしてやると言った

所長はリリスが自白した真実を話そうとし始めたが、なぜか悲しい気持ちになってしまったナズナは耳を塞いで聞きたくないと叫んでしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

リリスの告白動画を見て所長に自由になるというナズナ

ナズナはリリスの部屋で火をつけて逃げた後、その後の少しの時間の記憶は飛んでいて、次の記憶は警察に声をかけられたときだった

そして警察署でナズナの記憶が飛んでいると知った刑事の波多野は、夫の智哉が浮気していたので放火したのだろうというと、優しいフリをしながら全てを吐いてしまったほうがいいと言っていた

所長はナズナを死んだことにして、サクラには囚人たちを鎮めるよういうと、ダリアたちの処分をどうしたらいいかと訊ねてみた

サクラはダリアたちを産まれた国に送り返すべきだと言ったので、所長はサクラは自分の後継に向いていないと判断した

シェルターのロックが解除され、ダリアたちは外に出てくると、所長や警備ロボットたちが待ち構えていた

ダリアは観念しながら自分は殺されても構わないが、お腹の子どもだけは産ませて欲しいと所長に懇願すると、所長はダリアを隔離棟へ連れていくように命令し、お前が撃ったのでナズナは死んでしまったとウソを言った

サクラはリリスが隔離されていた部屋にやってくると、ナズナは死んだのでもとの部屋に戻るように伝えた

リリスは自分を恨む人間がいなくなったのだと思うと、今度は自分が殺した子供たちの声におびえて生きていかなければならないことに気づいてしまった

そして所長はトドメとしてリリスに、死んだナズナはお前をずっと恨み続けてやると言っていたとウソを言ったのだった

所長はナズナのいる病室へとやってくると、リリスが告白した動画を見せると言った

ナズナはネットで見た火事の動画を思い出し、自分の知らない事実があるのだろうと気づくと、その動画を見ると答えた

リリスは動画でナズナが放火しようとして逃げてしまったことに気づき、子供を焼き殺して智哉と一緒になろうとして放火してしまったと話していた

しかしナズナは焼き殺されてしまった子供がかわいそうだというと、自分が智哉とちゃんと話し会おうとしなかったからこうなってしまったのだと言って泣き始めてしまった

すると所長はナズナは施設では死んだことになっているので、他の人間として施設を脱出させてやるというと、自分は病気で残り僅かな命なので気にする必要はないと言った

そして所長はナズナを嵌めた刑事の波多野は自分が代理出産で産んだ息子なのだというと、DVをしていた父親をぶっ殺してしまったのだと明かし、頭を下げながら、父親以上に極悪人となってしまった波多野を止めて欲しいと頼んだ

ナズナは自分にそんな役割は重すぎると思ったが、やはり自分を騙した波多野は許せないので自由になると答えた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

施設のある島を脱出するナズナ

野バラはナズナはまだ死んでいないと思っていると、偶然銅像の下の納骨場所を覗くことができ、ナズナの遺骨がないので死んでいないと確信した

所長はダリアの部屋の前までやってくると、娘のマリサを連れてきていた

所長はマリサがダリアをレイプした奴らの生き残りが報復してきたので、そいつらをぶっ殺してしまったが、通行人まで死んでしまったので死刑判決を受けてこの施設に来たのだというと、ダリアにマリサが代理母になるまで世話をするように言ってあげた

その後、所長は自分の病気の診断書を上司に送ると、冤罪が見つかったときのことを訊ねてみたが、上司は冤罪は絶対に認められないとしか答えなかった

それで所長は唯一、人間が操縦する赤ちゃんを運ぶヘリを使って、ナズナを島から脱出させようと決めた

その頃、ナズナは埋め込まれたチップを取り出し別人になるために顔の整形手術を受けていてたが、医者には他の無実の囚人たちも整形してあげるように訴えていた

野バラは所長に会わせろと訴えていて所長も折れてナズナに会わせると、ナズナは野バラに一緒に島を出ようと言った

しかし野バラは、ヤクの売人だった彼氏が妻子持ちだと知って殺してしまったのだというと、その彼氏の隠していた金を使って欲しいと頼んだ

そんなやりとりを聞いていた所長は…

所長は子供が産まれたと言ってナズナの部屋に駆け込んでくると、新しいIDなどが入った袋をナズナに渡した

そして所長はナズナと一緒にヘリに乗り込むと、操縦士に銃を向けて出発するように要求したが、それは所長が操縦士が罪に問われないようにするための演技だった

陸の上にやってきたので所長はナズナに降りたら電車に乗って東京へと行くようにいうと、ナズナを降ろして飛び去ってしまった

操縦士は所長に降りなくてもいいのかと訊ねたが、所長は施設に戻るように命令した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

沙知子となって波多野にUSBメモリーを渡すナズナ

陸へと降りたナズナは、袋を開けると所長が用意していた新しい名前の沙知子と書かれたメモが入っていた

沙知子となったナズナは顔に巻いていた包帯を解いて、前よりブサイクになった顔を見てこんな顔になりたかったのだと喜んだ

その頃、所長は逃亡しようとしていた罪で尋問を受けていたが、自分はガンで余命幾ばくもないので外を見たかったのだというと、上層部の人たちは後任を送ると言った

しかし所長は、後任は自分が認めたちゃんと罪を償った囚人じゃなければ受け入れないと叫んでいた

沙知子は電車で東京へやってくると、所長が用意してくれていた部屋へとやってきた

その後、買い物に出かけても警察を見てビクビクしてしまうと、一人ぼっちになってしまったと思ってしまった

その上に所長から智哉や産んだ子供に会いに行かないことを約束させられていて、野バラの件を処理した後に波多野にUSBメモリーを渡すことを頼まれていた

沙知子は野バラが教えてくれた倉庫へとやってくると、そこに隠されていた金とヤクを発見すると、金だけを持って倉庫を出たが金には全く関心が持てなかった

部屋に戻ってきた沙知子は金をどうしたらいいのかと考えていると、詐欺被害者のリストも入っていたのでお金はその人たちに返してあげようと思った

沙知子はその後に警察署へと向かったが、つい放火して世の中の人たちから罵られてしまったときのことを思い出してしまった

そんな沙知子に警官の一人が声をかけてきたので、ハッと我に返った沙知子は波多野を呼んで欲しいと頼んだ

すると波多野がやってきたので、沙知子はUSBメモリーの入った封筒を波多野に渡すと、逃げるように去ってしまった

波多野はUSBメモリーをPCに刺して中に入っていた動画を再生してみると、所長の映像が流れ始めた

所長の姿を見た波多野は、涙を流しながら所長に死刑に処した国が憎いと言っていると、所長は自分は秘密の犯罪者収容施設にいるのだと明かし、ある事件のヤクの隠し場所を教えるので捜索して欲しいと頼んだ

所長との約束を果たし部屋に帰ってきて沙知子は一人布団に横になっていたが、もう誰もいないのでどうしていいのか分からないでいた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「子宮で償え! ~死刑か代理母か~」11~15巻を読んでみた感想

とうとうナズナは自分が無実だということを知り、沙知子となって施設のある島を脱出することができました

最初は悪人に見えていた所長でしたが、結構囚人想いのいい人でした

ナズナは沙知子となって東京で暮らし始めましたが、所長や野バラからの頼まれごとを済ませてどうしていいか分からなくなっています

お金はあるのですぐに困ることはないとは思いますが、普通の人なら大金で豪遊してしまうでしょうね

所長は野バラがヤクの事件のことを聞いて、波多野にその捜査をするように頼んでいましたが、何を狙っているのでしょうか

もしかしたら野バラも彼氏を殺したときの記憶がなかったので、冤罪の可能性もあるかもしれません

沙知子がこれからどんな行動を取るのかは分かりませんが、これから国家権力とどう立ち向かっていくのかが気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-子宮で償え! ~死刑か代理母か~