おちたらおわり 6巻 ~今の自分があるのは明日海のおかげだと言ってコクってきたカイ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『おちたらおわり』6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「おちたらおわり」6巻の簡単なあらすじ

孔美子に土下座して謝る明日海

明日海は児童相談所へ駆けつけると、職員の男性は杏のケガのことを説明するように求めてきた

明日海はケガのことは知らないと答えると、職員の男性は知らないことが問題だというと、職員の女性から一時保護の通知書を渡されてしまった

1週間後に面接があると言い渡された明日海は、児童相談所を出ると取引先から電話が何回もかかってきていることに気づいた

電話をかけてみると急な修正依頼だったが、明日海が杏のことで一杯だったというと、もう頼まないと言われてしまった

明日海は帰宅すると、自分は全て失ってしまったと落ち込んでしまった

するとそこに孔美子が、明日海の誕生日を祝いながら部屋に入り込んできた

それで明日海は自分が孔美子に逆らったからこんなことになってしまったのだと気づき、絶望してしまった

そして明日海は孔美子に土下座して謝りながら、家族を帰して欲しいと懇願してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

カイに呼び止められてしまう明日海

孔美子は明日海を自分の部屋に連れてくると、航平に明日海が限界に来ているので預かっていると電話をかけた

そして孔美子は明日海に果物を食べさせながら、自分たちはツインソウルなんだと言いながら、キスしようとした

そこに日美妃が帰ってきたので、孔美子は舌打ちしながら部屋に入れると、サロンに行くので明日海と一緒にいるように日美妃に言った

孔美子が部屋を出ていくと、明日海は日美妃のしっかりした様子を見て、自分は母親失格だと思ってしまった

すると日美妃は宅急便が間違って届けられていたので、コンシェルジュまでついてきて欲しいと頼んできた

明日海は日美妃とコンシェルジュにやってくると、そこでカイとバッタリと会ってしまった

明日海は早く部屋に戻らないといけないと思っていたが、カイは明日海の腕を掴んで呼び止めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

カイにコクられてしまう明日海

カイは明日海に何かあったのだと気づくと、明日海を連れてどこかへと向かい始めた

カイは明日海をどこかのビルへと連れてくると、ヘアメイクをしてくれた

そしてカイは明日海を係員に会場へ連れていくように頼むと、離れてしまった

明日海は係員に連れられ会場にやってくると、そこには多くの人たちが集まっていて何かのイベントがある様子だった

明日海はやはり来るべきじゃなかったと後悔していると、イベントが始まった

やはり明日海は帰ろうと思っていると、なんとカイが新進気鋭のアーティストとして紹介された!

カイは大物デザイナーとのコラボが発表され、集まっていた人たちに注目の的だった

ヤバいと思った明日海はぶっ倒れそうになってしまったが、そんな明日海をカイは支えてくれて屋上へと連れていってくれた

カイは明日海はたまたまに会ったのだと話し始めると、以前自分たちは一度会っていると言い始めた

カイはNYから日本にやってきた頃は、仕事もなく落ち込んでいた

そんなカイが明日海が美大の卒業作品展に出していた絵を見て、感激してしまった

しかし明日海はカイにもう絵を描くことを止めると言ったが、カイは何かワケありなのだと気づいた

カイは明日海に今の自分がいるのは明日海のおかげだというと、明日海は自分は才能がなくて何も上手くいっていないと泣き始めてしまった

そんな明日海にカイは、それでも明日海のおかげで今の自分があるのだというと、好きだとコクってきた!!

明日海はそんなカイの言葉が嬉しかったが、自分には家族があると思いカイの胸には飛び込めなかった

そして明日海は自分は昔イジメられていたと話すと、今はカイのおかげで世界が広がったと言って孔美子の部屋に戻ろうとし始めた

するとカイは明日海を呼び止め、明日海の手に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明日海に一生ママ友でいる誓約書を書かせる孔美子

明日海は孔美子の部屋に帰るなり、帰宅していた孔美子に謝った

孔美子は明日海がカイと一緒にいたことを知っていたが、なぜかそれを責めてこなかった

しかし明日海が孔美子の作った料理を食べ始めると、なんと料理の中には昔明日海がイジメられて裸にされてしまったときの写真が入れられていた!

それを孔美子に、無理矢理口に押し込まれてしまった明日海は…

明日海は児童相談所の面接に向かうと、孔美子が手紙を送っていた

帰宅してからそれを孔美子に聞いてみると、孔美子は明日海が虐待するような人じゃないことを書いたと話した

明日海は航平に電話して杏のことを伝えると、航平はすぐに帰ってくると言い始めた

しかし明日海は孔美子がいるから大丈夫だと言ったが、それを聞いた航平はどうして明日海が孔美子と仲良くしているのかと疑問に思ってしまった

そして孔美子は明日海を花で飾られた部屋へと連れてくると、明日海に一生ママ友でいる誓約書を書かせた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

孔美子への反撃の機会を伺う明日海

明日海は孔美子と仲がよさそうに幼稚園へとやってきたので、朋代は明日海が孔美子を奪ったのだと恨んでしまった

孔美子と園長室へとやってきた明日海は、杏のことで迷惑をかけたと謝ると、園長は孔美子と一緒なら大丈夫だろうと言ってくれた

明日海たちが園長室から出てくると、朋代がどうして自分を無視するのかと言ってきたが、孔美子は完全に朋代を無視してしまった

帰宅した朋代は、また夫の篤から家政婦扱いされていた

そんな朋代に娘の芽衣は、離婚したらいいと言って泣きついてきてくれたので、朋代は篤と離婚する決意をした

朋代は帰宅した篤に離婚届を突きつけ証拠を見せると、篤はキレていつものように朋代にDVし始めた

なんとかトイレに逃げ込んだ朋代は、誰かに電話をかけようとした所で、中に侵入してきた篤に連れ出されてしまった

朋代はそれから篤に思いっきりボコられていたが、そこに明日海が駆けつけてきた!

他の人たちも部屋にやってきて警察に通報したので、篤は警察に捕まってしまった

朋代は篤と離婚して実家に帰ることになったが、明日海はそんな朋代に子育てに間違っても、またやり直せばいいのだと言ってあげた

すると朋代は明日海に違う形で出会えてたら、自分たちはいいママ友になれたのかもしれないと言って、実家に帰っていった

明日海は孔美子と一緒に、カフェでお茶していた

すると孔美子のファンが声をかけてきたので、孔美子が席を離れると明日海は孔美子が淹れてくれたハーブティーを地面にこぼしてしまった

明日海は杏のことや朋代のことは、孔美子が仕組んだことだと気づいていた

そして明日海はカイが指に書いてくれた言葉を見ながら、孔美子への反撃の機会を伺っていたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

孔美子は過去に何かがあって、明日海に異常な想いを持つようになっているようです

恐らく明日海が孔美子に約束してくれた言葉で救われたからなのだ思いますが、あまりにねじ曲がった想いなのでついていけない感じですね

明日海は杏も児童相談所に一時保護になってしまい、仕事も失ってしまったので絶望して一時は孔美子に完全に屈服してしまいました

でもカイが明日海を励ましてくれたおかげで、どうやら孔美子と戦う気力が出たようです

カイは日本に帰国した際に、明日海のおかげで立ち直ったことで好きになったようです

明日海にコクってきましたが、それでも明日海を強引には手に入れようとはしていないので、やはり誠実な男なんでしょう

明日海は孔美子に屈服して従っているように見せかけて、反撃の機会を伺っています

とはいえまだ反撃の糸口は見つかってはいませんが、これからどうやって明日海が孔美子に反撃していくのか、この後のお話がとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-おちたらおわり