社畜と少女のその後 1巻 ~自分の20歳の誕生日を祝ってくれた将彦に自分も大人になったと言って迫る優里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『社畜と少女のその後』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「社畜と少女のその後」1巻の簡単なあらすじ

早退してお祭りに立ち寄る二人

将彦は貝塚に仕事を頼んで早退すると、買い物に向かった

あるモノを買いたいと思った将彦は、その店になかったので別の店に買いに向かった

将彦は帰宅すると料理を作り始めたが、その頃は仕事をしていたが優里も半休を取っていて、職場を出ると将彦に電話をかけた

将彦は優里を迎えに行くと、近くの神社でお祭りをやっているので、二人は寄り道して帰ることにした

お祭りにやってくると、優里は指輪が売られていたのでつい見てしまったが買わなかった

すると将彦は、優里がトイレに行っている間に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

20歳の誕生日に初体験をする優里

二人は神社にお詣りしてから帰宅すると、将彦はケーキを取り出し優里の20歳の誕生日を祝ってくれた

すると将彦はお祭りで優里が見ていた指輪を買ってきてくれていて、優里はとても喜んでくれた

将彦は優里にお酒を勧めてみたが、優里は予想通り躊躇ったので、将彦は別の店に行って買ってきたシャンメリーを飲ませてあげた

ご飯を食べ終えると優里は、将彦に自分も大人になったと言って迫ってきた

それで将彦は優里とキスをすると、初めて優里と一緒に布団に入った

将彦はドキドキしているという優里と手を繋ぎ馬乗りになると、またキスをした

そして優里はとうとう将彦と…

優里は翌朝、将彦があげた指輪をつけて仕事に出かけると、職場では急に大人っぽくなったと言われてしまった

仕事では指輪を指にはつけておけないので、優里は指輪をチェーンにつけてネックレスにして仕事を始めたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

優里も将彦の部屋に来たときは中学生でしたが、とうとう二十歳になりました

将彦も優里が大人になるまで手を出さすに待っていてくれたので、本当に優里のことを想っていてくれています

誕生日に初体験を済ませた優里は、職場で大人っぽくなったと言われていましたが、もともとしっかりした性格だったので立派な大人になれそうです

将彦も今のところガンの再発もないみたいなので、これから二人は幸せな生活を送れそうです

初体験を済ませた優里が翌朝出かける際に、ハナを抱いている様子は赤ちゃんを抱いているみたいでした

将彦にもそう見えたハズなので、これから将彦は子作りに励んで近いうちに子どもデキそうな感じでしたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-社畜と少女の1800日