社畜と少女のその後 1~4巻 ~自分の20歳の誕生日を祝ってくれた将彦に自分も大人になったと言って迫る優里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『社畜と少女のその後』1~4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「社畜と少女のその後」の簡単なあらすじと感想

早退してお祭りに立ち寄る二人

将彦は貝塚に仕事を頼んで早退すると、買い物に向かった

あるモノを買いたいと思った将彦は、その店になかったので別の店に買いに向かった

将彦は帰宅すると料理を作り始めたが、その頃は仕事をしていたが優里も半休を取っていて、職場を出ると将彦に電話をかけた

将彦は優里を迎えに行くと、近くの神社でお祭りをやっているので、二人は寄り道して帰ることにした

お祭りにやってくると、優里は指輪が売られていたのでつい見てしまったが買わなかった

すると将彦は、優里がトイレに行っている間に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

20歳の誕生日に初体験をする優里

二人は神社にお詣りしてから帰宅すると、将彦はケーキを取り出し優里の20歳の誕生日を祝ってくれた

すると将彦はお祭りで優里が見ていた指輪を買ってきてくれていて、優里はとても喜んでくれた

将彦は優里にお酒を勧めてみたが、優里は予想通り躊躇ったので、将彦は別の店に行って買ってきたシャンメリーを飲ませてあげた

ご飯を食べ終えると優里は、将彦に自分も大人になったと言って迫ってきた

それで将彦は優里とキスをすると、初めて優里と一緒に布団に入った

将彦はドキドキしているという優里と手を繋ぎ馬乗りになると、またキスをした

そして優里はとうとう将彦と…

優里は翌朝、将彦があげた指輪をつけて仕事に出かけると、職場では急に大人っぽくなったと言われてしまった

仕事では指輪を指にはつけておけないので、優里は指輪をチェーンにつけてネックレスにして仕事を始めたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

里美のお墓参りに行く将彦たち

将彦と優里は、里美の命日のお参りに行った途中で、優里がよく来ていたお店に立ち寄った

店のオバさんは優里たちを覚えていてくれたが、将彦たちだけでなく里美の分もお酒を用意してくれた

お店を出た将彦たちは、それから里美が結婚していた岸の家に行った

二人は里美の遺影に手を合わせると、優里は弟の拓と一緒にお風呂に入りにいった

岸は将彦と呑みながら泊まっていくといいと言っていると、お風呂からあがってきた優里たちもやってきた

それから4人でご飯を食べていると、拓は眠たそうだったので優里が部屋へと連れていってあげた

すると岸は優里と結婚したのかと訊ねてきたので、将彦は最初はする気はなかったが一緒に暮らしていて大事な存在になったというと、岸は二人の関係を認めてくれた

すると今度は優也のことを聞いてきたので、将彦は優也は優里がデキたので逃げたのだろうというと、探す気はないと断言した

翌日、将彦たちは岸たちと里美のお墓に参りに行くと、岸は自分はもう結婚する気はないと言って、将彦に優里のことを頭を下げながら頼んだ

将彦と優里は、それから帰りの飛行機に乗ったが、疲れが出て寝てしまった優里に将彦は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

顔合わせのために実家に行く将彦たち

将彦は優里を連れて実家に顔合わせに行ったが、将彦の両親は優里を見て驚いてしまった

それから将彦は優里と地元の散歩をしていると、里美の幻影を見てしまったが…

すると将彦の同級生だった加賀が声をかけてきて、将彦が優里と結婚するというと加賀は驚きながら将彦は良い奴だと言ってくれた

夜になると将彦は加賀に呼び出されてしまったので、優里は将彦の母親と話し始めた

優里は将彦の母親に将彦の好きな料理を聞くと、将彦の母親も優里の好きな料理を聞いて、優里のことを娘だと言ってくれたので優里は…

そこに将彦の父親が最中を持ってきて、将彦の小さい頃の写真を見せてくれた

そんな様子を帰ってきた将彦が見て…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

将彦と結婚式を挙げる優里

友優里と将彦の結婚式にやってきていたナナは、初っぱなから酔って泣きまくっていた

続々と優里と関わりのあった人たちが式場へやってきたが、そこには優里の弟の拓も来ていた

二人に結婚式は神前式で執り行われて、式の後の披露宴は桐谷の乾杯の音頭で始まった

そしてお色直しでドレス姿の優里が父親にエスコートされて入ってくると、まずは将彦が簡単な挨拶をした

そして次は優里が挨拶を始め、集まってくれた人たちに自分の気持ちを…

二人は式から帰ってくると、早速セックスをし始めた

大人になった優里を堪能した将彦は、お腹が空いたので…

とうとう優里と将彦は、ゴールインすることができました
みんなに祝福されて結婚式を挙げられた二人は、帰宅してもお楽しみしていましたので、これから幸せな家庭を築いていけそうです

将彦の病気も気になっていましたが、どうやら手術を受けて5年経っても大丈夫だったみたいなので、一安心できました
まだまだ将彦はこれから子どもも産まれてくるハズなので、頑張って働かないといけません
でも桐谷は80歳まで雇ってくれると言ってくれていたので、その辺りも大丈夫みたいですね

優里は母親もいなくなってずっと大人になりたいと頑張っていましたが、ずっと将彦を想い続けていましたが、その想いも実って幸せそうでした
優里はこれまで真面目に必死に生きてきましたが、これからは家族も増えて将彦と楽しい人生を送って欲しいですね

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

優里も将彦の部屋に来たときは中学生でしたが、とうとう二十歳になりました

将彦も優里が大人になるまで手を出さすに待っていてくれたので、本当に優里のことを想っていてくれています

誕生日に初体験を済ませた優里は、職場で大人っぽくなったと言われていましたが、もともとしっかりした性格だったので立派な大人になれそうです

将彦も今のところガンの再発もないみたいなので、これから二人は幸せな生活を送れそうです

初体験を済ませた優里が翌朝出かける際に、ハナを抱いている様子は赤ちゃんを抱いているみたいでした

将彦にもそう見えたハズなので、これから将彦は子作りに励んで近いうちに子どもデキそうな感じでしたね

将彦たちは優里のお墓参りに行きましたが、岸も二人の関係を認めてくれました

優里には弟の拓もできたので、これからは二人だけでなく家族も増えてもっと幸せに暮れせそうでよかったと思いました

優里は将彦の両親と顔合わせして最初は驚かれてしまいましたが、元々優里は正直で働き者なのですぐに将彦の両親に受け入れてもらえました

将彦の両親からしたら孫みたいな歳なので、これから優里はとても可愛がってもらえそうで良かったと思いました

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

そんな家族なら捨てちゃえば

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

令太郎は、妻の和美が決めた家の中の境界線テープを越えることはできず、和美だけでなく娘の一花とも挨拶すらできない生活を送っていた

ある日、令太郎は一花に声をかけてしまうと、それを見た和美はキレてしまい令太郎に水の入ったコップを投げつけてしまった

それで令太郎は雨の降る中橋の上を歩いていると、令太郎がいつも作っているクイズを解いたとやってきた沙耶子が事情を聞くと、そんな家族…

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-社畜と少女の1800日