骨の髄まで私に尽くせ。 33巻 ~母親から髪を切るように命令されたときのことを思い出し突然美奈子に向かって謝り始めてしまうさやか のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『骨の髄まで私に尽くせ。』33巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「骨の髄まで私に尽くせ。」33巻の簡単なあらすじ

一樹の偽りの優しさに騙されていたと言って去っていく美奈子

美奈子はさやかに馬乗りになって引っ叩き始めたが、さやかは不敵な笑みを浮かべるだけだった

すると美奈子は今度は鋏を持ってきて、さやかの髪を掴んだ

さやかは昔、母親から彼氏ができたのか聞かれ、母親はさやかが男に惚れたことを知ると、さやかに鋏を渡した

そして母親は、昔は髪がキレイだと言ってくれたのに、その髪を切り落とすように命令してしまった

そんな過去を思い出してしまったさやかは、泣き始めて許しを請い始めた

美奈子はそんなさやかを見て髪を切るを止めてしまうと、止めようともしない一樹を見てさやかも可哀想な女なのだと呟いた

そして美奈子は謝り始めた一樹に、お前のそんな見た目だけの優しさに騙されていたと言った

そして美奈子は別れたくないという一樹にお前が憎いというと、産まれたばかりの赤ちゃんを抱き上げると家を出ていってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一樹に好きだと言って消えたさやか

美奈子が家を出ていくと、さやかは自分が勝ったと喜び始めた

それから一樹とさやかは家の中を掃除すると、一樹はさやかに水族館に行こうと言った

しかし水族館は休館日だったので、一樹はさやかと海に行った

海岸で遊んで楽しんだ二人だったが、一樹はさやかに自分は美奈子たちのために働くと言って、さやかに他の相手を探すように言った

一樹はそう言うと車で帰ろうとし始めたが、さやかは一樹に好きだと言って姿を消してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

10年後に花音を狙う謎の女性

それから10年後、女子高生となっていた花音は友だちと道を歩いていた

花音はスーツ姿の女性とすれ違ったが、友だちから知り合いと聞かれても知らない人だと答えていた

しかしその女性は振り返って花音を見つめ…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

美奈子はさやかにブチ切れて髪まで切ろうとし始めましたが、さやかは昔母親に髪を切るように要求されたときのことを思い出してしまい泣き始めてしまいました

さやかはこれまで一樹たちの家族に酷いことをしてきましたが、それも母親からされたことが強く影響しているのでしょうね

美奈子はさやかも過去のトラウマに囚われていると思って髪を切るのを止めてしまい、一樹に騙されていたと言って家を出ていって離婚しました

やはり一番クソ野郎なのは一樹ですが、さやかと海に行ってこれからも美奈子たちのために働くと言っていました

そんなことをいうくらいなら、もっと早くさやかにハッキリ言って、別れていたらこんなことにはならなかったでしょう

やはり浮気などの理由での離婚は、子どもに大きな影響を与えてしまいます

最後では花音が普通に暮らしているみたいだったので一安心しましたが、どうやらさやかは今度は花音を狙い始めたみたいです

花音は幼い頃にさやかに脅されていた時もあったので、それが蘇ったりしないか心配です

やはり家族を裏切ってしまうとずっと悪影響が将来に出てしまうので、不倫なんてしてはいけないのだと感じました

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-骨の髄まで私に尽くせ。
-