金魚妻 6巻 ~フリーセックスな団地の秩序を守るためこずえの不倫相手だった男の首を斬る悦郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『金魚妻』6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『金魚妻』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「金魚妻」6巻の簡単なあらすじ

上京して赤石との不倫セックスでリフレッシュする美津

美津の住む村では都会からやってきた妻が自殺したので、それからは都会組の妻は上京できるようになった

養蜂農家に嫁いだ美津は、義母から東京の友だちに蜂蜜を持っていくように頼まれた

それで美津は東京にやってくると、友だちの美容師にカットしてもらうと、今では投資で億り人になっていた大学時代の男友達の赤石と思いっきり遊ぶことにした

元美大生の美津は、毛糸を買ったり絵の具を買ったりしていた

大学時代の赤石は、親の支援がなくなってしまったので大学を辞めることになった

それで赤石は美津をひまわり畑に連れて行くと、そこで思い出作りに生で中出しセックスしてしまった

それが当たってデキてしまったので、美津は未婚の母になってしまった

そんな美津はバイト先の養蜂農家で気に入られると、ちょうど妻を亡くした八郎と結婚することになった

赤石は今度は美津が産んだ自分の娘も連れてくるように美津に頼むと、美津にマンションのカギを渡して二人はセックスをした

八郎は義理の娘の向日葵に本当の父親に会いたいか訊ねていたが、向日葵は自分の父親は八郎だけだと答えていた

するとそこに都会でリフレッシュしてきた美津が、帰ってきた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

あつしの監禁レイプに快感を覚える杏奈

あつしは五味田が子どもたちにサッカーを教えている様子を、見に来ていた

そんなあつしに祥子が声をかけてきたので、あつしは祥子に祥子と付き合い続けなくてよかったと言った

すると五味田は、子どもたちを蕎麦屋に連れていくと言いだした

しかし既に五味田と杏奈が不倫していることが噂になっていたので、子どもたちは断ってしまい、祥子の息子の祥太だけが残った

五味田は祥太と蕎麦屋にやってくると、一緒に蕎麦を食べ始めた

祥太は五味田に杏奈が彼女なのか聞くと、あつしは杏奈は自分の妻だと言った

祥太がそんなことを聞いたのは、祥子から杏奈と五味田の不倫のことを聞かれたからだった

それで祥太は勘違いだったと言っていたが、その頃にはもう既に祥子は不倫のことを広めてしまっていたのだった

あつしは杏奈の監禁部屋へとやってくると、五味田を見てきたと裸の杏奈に言った

あつしは2回男から杏奈を助けたことを話すと、杏奈はあつしにまた監禁されている自分は全く成長していないと言って離婚を求めてきた

そんな杏奈をあつしは引っ叩くと、首輪をつけて杏奈を犯し続けた

杏奈は、そんな状況に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

こずえの不倫相手の男の首を斬る悦郎

誡は心身が病んでしまい、仕事も失ってしまった

それで妻のこずえと、田舎の団地に引っ越してきた

誡は団地の敷地内を歩いていると、中国人の劉と知り合った

そしてその団地には、外国人がたくさん住んでいた

その後にこずえはガスの開栓にやってきた井上の部屋を見せてもらったが、妻の夕見子と一緒にいた3人の子どもの一人は、なぜか金髪だった

こずえは夜一人で買い物に行こうとしていると、井上に危険だと言って止められてしまった

こずえは井上と団地のボスの井上の義父の悦郎と一緒に団地の中に戻ると、こずえの部屋の前には怪しい男がいた

その男はこずえの不倫相手だったが、男はこずえが別れたつもりになっているだけだと言い張った

その男は一旦は帰ろうする素振りを見せたが、その男は襲いかかってきた!

すると悦郎はその男の首を、日本刀で斬り落としてしまった

誡は井上の第二夫人のミカエラと仲良くなると、そのまますぐにセックスを始めた

その頃、井上はこずえの部屋のリフォームを手伝いながら、この団地は悦郎の理想の国なのだと言った

そして井上に部屋のリフォームをしてもらったこずえは、この団地に来てよかったと言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

圭一の父親と不倫セックスしたあや

さくらは小さい頃、伯母のあやと縁日に言った

そこでさくらは、金魚屋の息子の圭一に金魚をすくってもらった

そして圭一はあやが去ろうとすると、携帯番号を書いた紙をあやに渡した

帰りの途中であやの夫の幸喜がやってくると、縁日の屋台は汚いと言った

そして金魚もすぐに死んでしまうのだというと、さくらの持っていた金魚を店に返しに行った

家に帰ったあやは、幸喜に家の庭で池を見つけたと話した

すると幸喜は、その池は自分が父親に頼んで作ってもらったものだと答えた

しかしその池に何度金魚を入れても、すぐに死んでしまったと幸喜が話すと、あやはその池を自分にちょうだいと頼んだ

幸喜はあやに外出はしないように約束させる代わりに、その池をあやにあげた

あやは幸喜にとても大事にされていたが、セックスレスだったのであやの欲求は溜まっていた

そこであやは、圭一からもらった番号に電話をかけてみると、なんと圭一の父親につながった

池のことを圭一の父親に話すと、それはコンクリートのあくが原因だと圭一の父親は答えた

それで圭一の父親は池を見にやってくると、あやは幸喜に大事にされすぎて自分は死にそうだと言った

圭一の父親は水槽はバランスが大事だと話すと、あやはそのバランスが崩れた水槽を元に戻せるのかと訊ねた

圭一の父親は時間をかけると戻せると話すと、あやは自分が流産したことを話してくれた

そしてあやは幸喜は自分を大事にしてくれるが、自分は年齢的にヤバいので、誰の子でもいいので子どもが欲しいと言った

そのあやの言葉を聞いた圭一の父親は…

さくらは桜圭を抱いて、圭一とあやの家の前にやってきていた

そこで初めて二人は、あの縁日の時が自分たちの最初の出会いだったのだと知った

そしてその頃、あやは圭一の父親の墓参りをしていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

金魚妻の続きはコチラ👇

「金魚妻」6巻を読んでみた感想

美津が上京して向日葵の父である赤石と会っていることに、どうやら八郎は気づいているようです

恐らく前妻が田舎暮らしになじめずに、自殺してしまったからでしょうね

杏奈はあつしに監禁されてしまいましたが、どうやらそういう状況が好きな性癖を持っているようで意外でした

悦郎の団地はフリーセックスな団地でしたが、団地内は完璧に監視されているみたいでなんだか住むのは怖い気がしますね

さくらと圭一は、実はかなり前に出会っていました

圭一の父親と子作りセックスをしてしまったあやですが、その後どうなったのか気になってしまいましたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-金魚妻

© 2021 まんがコミック大好き日記