広告

「五十嵐夫妻は偽装他人」 1〜10巻(分冊版) ~転職した職場で別居中の夫の直人が上司としてやってきてしまい動揺してしまう真尋 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『五十嵐夫妻は偽装他人』1〜10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

⇒11巻以降のお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「五十嵐夫妻は偽装他人」の簡単なあらすじと感想

別居中の夫の直人が上司として職場にやってきて動揺してしまう真尋

真尋は新しい職場で働き始め環境もいいので気分は上々だったが、そこに新しい上司としてやってきた直人は、なんと真尋の元同僚で別居中の直人だった

動揺してミスしてしまった真尋だったが、会社では直人とは他人として振る舞っていた

2年前に直人と結婚した真尋だったが、しばらくすると直人は細々としたことをいうようになり、それで関係がギクシャクし始めた

そして直人はとうとう勃たなくなってしまい…

直人のある言葉をきっかけで、真尋はプッツンしてしまうと家を飛び出していた

直人は部長の竹橋にだけは事情を話したが、二人は夫婦関係や仕事をうまくやる自信は…

イラついていた真尋はコンビを組むことになった瀬戸がゲームをしていたので不安に思っていたが、クセのある取引先の社長も丸め込んだので見直してしまった

そんな中靴擦れしていた真尋がオフィスに戻ってくると、誰かがサンダルを用意してくれていて…

真尋は夫の直人がゴチャゴチャいうのでブチ切れてしまい家を飛び出してしまいましたが、なんと直人は引き抜きで真尋と同じ会社にやってきてしまいました
いくら仕事ではプライベートを持ち出さないようにしないといけないとは言え、やはり関係が悪くなってしまっている相手が職場に来てしまったら、気持ち的に穏やかになれないのは仕方がないでしょう

別居してしまった原因はやはり直人に原因があると言っていいですが、直人は突然EDになってしまったのはやはり精神的なことが原因でしょう

真尋も家を飛び出してしまったとはいえ、直人も今でも気遣いしてくれたりもしているので、気持ちは結構揺らいでいるみたいです
でも今戻ってしまっても元のままのような気もするので、やはり向き合ってキチンと互いの言いたいことを言い尽くさないといけないでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

直人と一緒に出張に行くことになってしまう真尋

直人は幼い頃からなんでも頑張って手に入れてきたが、真尋と出会うとすぐに惚れてしまった

それで真尋を独占したいと思って結婚した直人だったが、ついいろいろ言い始めて今に至っていた

そんな直人は、真尋と自分の歓迎会で結婚とかしているのかと訊ねられると…

直人はやはり真尋となんとかしないといけないと思いつつコンビニに行くと、いつもは女子力全開の林がチャラい男たちと一緒にいるのを見かけた

動揺していた林に直人が優しい言葉をかけてくれたので、林は直人に狙いを定めて絡み始めたが、その様子を誰かが見ていて…

会社で動揺して涙が溢れているところを瀬戸に見られてしまった真尋だったが、瀬戸がケガしていたので甲斐甲斐しく世話してあげていた

それから花田の恋愛相談に真顔で意見を言ってしまった真尋は、なんと部長から直人と一緒に出張を…

真尋は直人の住所を人事で確認すると、仕事で水族館へ行った

泳いでいたハリセンボンを見ながら、直人は怒らせたい訳じゃ…

真尋はオフの日にまた来ようと約束したが、林が直人のベタベタしていることが気になっていた

直人は帰宅して関係が良くなってきたので思いっきり喜んでいたが、そこになぜか林が…

直人は出会ってすぐ真尋に惚れてそれで結婚していましたが、気持ちが変わらないでも今は別居しています
それだけ男女の仲というのは難しいのだろうと思いますが、やはり仕事とかで忙しかったりしても家ではやはりお互いのことを気遣って、二人で協力できるように向き合わないと上手くいかないでしょう

会社では二人が結婚していることは秘密になっているので、二人とも美男美女でもあるので当然狙ってくる人が出てきてもおかしくありません
どうやら林が直人に狙いを定めたので、これからいろいろ迫ってくると思いますが、いくら直人に気がなくても迫っているところを真尋に見られてしまったりしたら勘違いの元になってしまいます

真尋は会社で瀬戸に感情的になっているところを見られたりしていて、世話してあげたりしていますが、あまりやり過ぎると今はその気になっていなくてもその内その気になってしまう可能性もあるでしょう
真尋もまだ直人との関係を直したいとは思っていますが、ちゃんと二人きりになってちゃんと話し合ってスッキリさせたほうがいいように思います

直人の部屋には林がいきなりやってきていますが、住所を調べてきた時点で調べてきたのは間違いないので、直人はサッサと追い返したほうがいでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

ヤバいメールを会社に送りつけられてしまう真尋

直人は仕方なく林を家に連れてきたが、慌てて真尋のモノを隠したので何かを隠し忘れてしまった

それを見つけた林はそれから寝たふりで朝まで居続けると、何やら意味深なことを…

すると今度は真尋が荷物を取りに来ると、直人は真尋のために料理を作ってあげた

ご飯を食べた真尋は床に落ちていたモノを見つけると、それを直人は真尋につけてあげ…

会社で林は真尋がつけていたモノを見てまさかと思っていたが、真尋と直人の様子を見て真尋に何かをしようと決めた

林は真尋を酒癖の悪い社長との接待に引き釣り込むと、真尋はその社長に絡まれてしまった

すると直人にその社長から担当を真尋に変えると連絡が入ると、ヤバいメールが会社に届いていて…

直人からは素っ気ない態度を取られてしまった真尋だったが、職場では瀬戸が職場の人たちにズバッと言って助けてくれた

真尋は直人にそれをしてもらいたかったと思っている頃、瀬戸は直人にも何か言っていて…

林は仲間の男とヤッた後で作戦を練り直していたが、その仲間の男は真尋が前に働いていた会社を知っていて…

林は真尋と直人が夫婦だと知らないこともあって直人を狙っていますが、二人に何か関係があると知って真尋を陥れる作戦に出てしまいました
かなり真尋はヤバかったですが、林のおかげで助かりましたね

真尋にとってはそんな行動を直人に取って欲しかったと思っていますが、ある意味夫婦であるからそこ気恥ずかしくて直人は出来なかったのでしょう
この後に直人がどういう行動を取るのかで真尋の気持ちも変わってくると思いますが、マズい態度を取ってしまうとかなり状況は悪化するでしょう

まだ林も直人のことは諦めていない感じで、仲間に会って真尋たちの過去を知っている仲間から話を聞いていますが、どうなるでしょうか
二人が夫婦であることがバレてもそんなには困らないですが、また違った形で攻撃してきたら厄介ですね

⇒まんが王国で無料試し読み

⇒11巻以降のお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」