「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」 〜息子の翼を産んでも震えがきて閉鎖病棟に入れられてしまい外泊中に自殺を図ってしまうちなつのあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』1〜27巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」の簡単なあらすじと感想

生まれた息子の翼を抱っこして震えがきてしまうちなつ

漫画家だったちなつは、薬剤師の夫の涼太と話し合って子どもを作ることにした

あまり仕事にハマり過ぎて、軽い鬱だと診断されていたちなつは薬を飲んでいたが今は断薬していた

そして子どもを妊娠して、涼太と喜んでいたちなつだったが…

つわりで苦しんでいたちなつだったが、赤ちゃんのエコー写真をみせてもらうと元気が出た

しかしつわりはなかなか終わらず、あまりの苦しさにちなつは涼太にもあたってしまい…

入院治療の甲斐もあって回復したちなつは、母親と赤ちゃんの服を買いに出かけた

それからちなつは涼太を朝仕事に送り出すと、朝ご飯を食べながら出産予定日のことを考えていると、なぜか涙が…

とんでもないことを口にするようになったり、勝手に体が動いてしまったりとして、車に轢かれそうになったちなつを、涼太はまた病院へ連れていった

それで帝王切開で予定日より赤ちゃんを早く産むことになったちなつは、手術して産まれた息子の翼を抱っこするとなぜか震えが…

退院したちなつは結局出産前と同じ状態になったので、また涼太はちなつを病院へ連れていった

ちなつの状態を聞いた精神科医の宇田川は、ちなつを閉鎖病棟に入れることに決めた

ちなつは息子の翼を妊娠してから手足が震えたりする症状が出てしまいましたが、今のところ原因が不明です
でも以前に仕事を頑張り過ぎて鬱の症状が出ていたみたいなので、それが何か関わっていると思います

直接の原因ではなくてもそういう症状が出ているということは、自分では感じていないような異変も起こっているハズです
それで身体に大きな負担がかかる妊娠で、症状が出てしまったのではないでしょうか

出産してもちなつの症状は収まらず、とうとうちなつは閉鎖病棟に入ることになってしまいました
そこまで酷いとやはり回復には時間がかかってしまうので、やはりちなつも家族も焦らずに治療したほうがいいでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

涼太が実家に行っている隙に自殺を図るちなつ

ちなつは看護師や宇田川から酷いことを言われてしまい、自分は精神的に破綻しているのかと思ってしまった

それでちなつはNICUに入る際に使ったエプロンを隠し持っていたが、それをトイレに持ち込んで自分の首を…

勝手に帰る準備をしていたちなつは、思いっきり騒いでしまった

そして涼太が見舞いにやってくると、ちなつに処方されて点滴されていた薬を見て…

ちなつは涼太に薬でふらふらな状態でNICUに連れていってもらったが、息子の翼を完全に拒絶してしまった

そして薬のせいで、まともに目が見えない状態になってしまったちなつは、翼のせいだと思ってしまった

ちなつは涼太にも酷いことを言い出したが、最初は涼太は体調が悪いからだと自分に言い聞かせていたが、ガマンできずにそんなワケないと叫んでしまった

他の患者さんから外泊のことを聞いて体調のある程度良くなったちなつは、外泊することになったがついいろいろガマンしながら涼太に退院したいと…

退院したちなつは、いろいろ現れる症状をガマンしながら平静を装っていた

そしてマンガも描いてみようと思って描き始めたちなつだったが、まともに描けずにヤバいことを言い出した

涼太は翼を親に預けてちなつを自分たちの家に連れ帰ったが…

ちなつは涼太が実家の様子を見に行った際に、何かを書いて家を出てしまった

そしてちなつはこれまでのいろいろなことを思い出しながら、あるマンションの屋上へやってくると、これでやっと…

閉鎖病棟に入れられてしまったちなつですが、大分回復してきたので焦って退院してしまいました
気持ちは分からなくはないですが、何度もぶり返しをしているとどんな病気でもどんどん治らなくなってしまいます

またヤバい症状が出てしまったちなつを涼太は家に連れ帰りましたが、これは判断ミスだったでしょうね
今回はなんとかちなつを説得して自殺を留まらせることができましたが、あと少し涼太の電話が遅かったらちなつは自殺を決行していたでしょう
こういうときはやはり自分でなんとかしようとしてもダメなので、すぐに医療機関などに頼ったほうがいいでしょう

ここまでちなつは来てしまうと、本当に治るのかも心配になってきました
宇田川の治療もあまり効いていないので、本当に今の治療方針でいいのかも疑ってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

錯乱してしまったちなつを叱責してしまう父親

病院に連れてこられたちなつは、身体を拘束されてしまいろんなものが怖く感じて叫んでいた

やっと拘束具を外してもらってご飯を食べれたちなつは、やわらかい対応をしてくれた看護師の箕岡に好印象を持っていたが…

ちなつは涼太との面会中にやってきた宇田川に、いつものしらったとした態度とは違う一面があるのだと知った

宇田川はちなつに質問して薬を減らし様子を見ることにしたが、ちなつはつい自分が翼の成長にこのままだと関われないと焦ってしまった

そこに若い男性看護師がやってきて、ちなつの話を聞いて励ましてくれ…

回復してきたちなつは暴露療法のことを聞くと、外泊することになった

そして翼を抱っこしてお食い始めをしようとしたが…

また体調が悪くなってしまったちなつは、翼のお宮参りが出来るのかと心配していたが、薬をマックス処方してもらってなんとかこなすことができた

しかし両親の会話を聞いてしまったちなつは錯乱してしまうと、父親は叱責し始めてしまい…

ちなつは看護師の箕岡に好印象を持っていましたが、箕岡はちなつに蔑むようなことを言ってしまいました
確かに重症の精神病の患者の場合はいろいろ騒いだりして世話も大変だと思いますが、やはり言っていいことと悪いことがあります

酷いことを言っても良くなることはなく悪くなるだけなので、こんな奴が看護師をしていてはいけないと思いました
他の看護師も酷いことを言っていましたが、ちなつは若い男性看護師が話を聞いてくれたので救われました

でもそんな看護師の人がそんなにいないと思いますので、そんないい看護師に出会えたちなつは幸運なほうだったのかもしれません
ちなつは翼のために外泊しましたが、やはり翼を受け入れられずにいたので、父親はつい叱責してしまいました

看護師と違って悪意はないかもしれませんが、やはり精神的に参っているちなつには堪えてしまうことです
入院しての治療だと本人だけでなく、家族にも負担がかかってしまいます
まだ涼太はずっといろんな気持ちを堪えて頑張ってちなつの世話をしていますが、やはり患者の家族も息抜きしないと共倒れになってしまうでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

自分が何の病気なのか気づくちなつ

自分のためによくしてくれた看護師の高坂から元患者だったと聞いて、少し心が救われた気持ちになれたちなつだったが、症状は酷くなってしまった

病名も分からないので何の病気なのかと思っていたちなつだったが、やっと2度目の生理が来て何かに気づいてしまい…

ちなつは一人で院外外出に出ると、本屋にやってきた

そして医療関係の本を見ていると、ある病名に目が止まり宇田川に伝えてみた

それからちなつは人見知りの始まった翼に拒まれて落ち込んでいる頃、宇田川は他の医者から病気のことを…

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

そんな家族なら捨てちゃえば

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

令太郎は、妻の和美が決めた家の中の境界線テープを越えることはできず、和美だけでなく娘の一花とも挨拶すらできない生活を送っていた

ある日、令太郎は一花に声をかけてしまうと、それを見た和美はキレてしまい令太郎に水の入ったコップを投げつけてしまった

それで令太郎は雨の降る中橋の上を歩いていると、令太郎がいつも作っているクイズを解いたとやってきた沙耶子が事情を聞くと、そんな家族…

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~