「降り積もれ孤独な死よ」 1~3巻 ~十三の共犯者は蒼佑ではないハズだと思いつつ他の子どもたちのアリバイを花音と一緒に調べる仁 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『降り積もれ孤独な死よ』1~3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「降り積もれ孤独な死よ」1~3巻の簡単なあらすじ

十三の養女の花音から十三のことを聞く仁

十三の屋敷で窃盗が起きたので、刑事の仁が来ていた

十三は今は行方不明で、屋敷の中には贋作の絵や造花が飾られていた

地下室への入り口も見つかったがカギがかかっていたので、仁は落ちていたDVDを見始めたが…

仁が警察署にやってくると、指名手配犯になった十三の養女の花音が来ていた

花音は育児放棄されて雪を食べていると、十三が窃盗を教えてくれていた

花音は屋敷にはワケありな子どもたちがいたことを話すと、4年前から自分たちを避けるようになったと話した

そして仁は、写真で花音の隣にいた男の子の名前を聞くと…

仁は窃盗事件で十三の屋敷に来ていましたが、とんでもない事件に発展しました
十三はワケありな子どもたちを集めて育てていましたが、花音にも窃盗を教えたりしていたので、まとな奴ではありませんでした

恐らく他の子も同じように扱われていたのだと思いますが、やはり十三がどういう目的で子どもたちを集めて育てていたのかが気になります
それに急に子どもたちのことを避けるようになったと花音は言っていましたが、それでも子どもを餓死させてしまうようなら、サッサと子どもたちを解放すればよかったと思います

花音は十三が犯人じゃないと主張していますが、本当かどうかはまだ分かりませんが、確かに十三が急におかしくなったのなら、他の誰かに関わりだしたからかもしれません
まだまだ分からないことばかりですが、仁の弟の蒼佑も十三の屋敷にいたみたいなので、これから仁自身にも何か関わってくる可能性もあるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

アッサリ見つかり逮捕されサッサと自白してしまう十三

仁は捜査から外されてしまい、とりあえず実家に帰ることにした

花音もついてきたが、仁は蒼佑とは7年前の父親が亡くなったときのことで蟠りがあった

しかし実家につくと、部屋の中から出てきたのはなんと蒼佑で…

花音が提出した写真で子どもたちの身元が判明したが、タケルは別件で刑務所に入っていた

そして十三の子どもたちは、皆十三が犯人であることを否定していたが、そんな中で十三が…

仁は十三の取り調べを見に来ると、十三は取り調べしていた刑事の川相が別居だと見抜いたりしていたが、突然犯行を…

それから仁は他の事件の捜査に向かおうとしていると、蒼佑たち十三の子どもたちが来ていたが、蒼佑の手にはなぜか包帯が…

十三はアッサリと捕まってしまうと、これまた簡単に自白してしまいました
ここまでアッサリと白状してしまうのはやはりおかしくて、もしかしたら十三は誰かを庇って捕まったのかもしれません
それであれば十三の子どもたちも口々に犯人じゃないと言っていることとも合致します

仁は十三の子どもになっていた弟の蒼佑が犯人でないことを祈っていますが、蒼佑は7年前のことでの蟠りもなくなっていて、なんだか変わりすぎていて逆に怪しい気がします
恐らく仁もそう思っていて蒼佑じゃないことを祈っている感じでしたが、これからいろいろ明らかになってくると思いますので、誰が真犯人なのか絞り込まれてくるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

十三の子どもたちに会う仁

仁は襲撃事件の被害者に話を聞きに行ったが、被害者の男はDV野郎だった

そして被害者の男は、犯人は仁みたいな…

しかしその頃、なんと花音は駅のホームで…

花音はなんとか無事だったが、豪邸での事件の犯人だろうと言った

そんな花音を仁は自分の部屋に連れてくると、なんと花音は服を脱ぎ始め…

その頃、十三は自分のことをロリコン野郎と罵ってきた男の目を刳り抜いてしまっていた

仁は十三の子どもたちの中に、共犯者がいると判断して、十三の子どもたちに会って調べてみることにした

部屋に何かのマークがあってそれについて聞くとガクガク震えだした優磨や、体にタトゥーを彫ったマヤに仁は会ってみたが、二人にはアリバイがあった

吃音があるのに弁護士を目指しているというサトルに仁は会ったが、やはりアリバイがあったので、残るは…

十三はやはりまともではなみたいで、いくら挑発してきたとはいえ男の目玉を刳り抜いてしまいました
あれだけ冷静に取り調べにも答えていたので、怒り狂って刳り抜いたのではないと思います
どういう意図なのかは十三はちゃんとは答えないハズなので分かりませんが、何かを狙ってのことなのかもしれません

仁は十三の子どもたちに会っていますが、やはり十三はワケありな子どもを集めていただけあって、どの子もいろいろ変わっていました
でも皆アリバイがあるので、やはりという感じであとは蒼佑しかいなくなっていますが、このまま蒼佑が共犯者だとすんなり判明するでしょうか
まだまだ事件のことで見えないこともあるのだと思いますが、これからどうなっていくのかとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

暴行事件のことで五味に釘を刺されてしまう仁

それから仁は実家に行くと、義母に蒼佑のアリバイを聞くと、割れていた洗面所の鏡を見つけた

するとやってきた義母は、仁の背中がDV野郎の父親に…

そんなことがあって眠れなかった仁に、先輩の五味が奢ると言いながら暴行事件の犯人は…

仁は花音に自分はかつて荒れていたが、高校の先生のおかげで警察官になれた

しかし刑事になるとDV野郎の父親が出所して、またDVをしていると知ってしまい…

仁は自分は父親と同じだったというと、蒼佑にはアリバイがないと言い始めたので、花音は仁を抱きしめながら…

しかしその頃、なんと十三は面会室に行く途中で…

仁の父親はDV野郎でしたが、やはり父親のDVは家族関係にかなり亀裂を入れているみたいです
それに仁はいくらDVしている奴らだとはいえ、刑事の身分でDV野郎をボコっているみたいです
先輩の五味は今回は見逃してくれましたが、やはり流石に次はないようですので、仁もヤリたい気持ちは分かりますが自制したほうがいいでしょう

仁は蒼佑が十三の共犯者だと思っていましたが、花音はそれを否定していましたが本当でしょうか
それに十三はあの目玉を刳り抜いた男にアッサリとやられしまって、これで本当に事件は終わりなのかと思ってしまいました
これからどんな展開が待っているのかは想像もつきませんが、まだこの事件には何か深い闇が隠されているような気がしますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

30年前の惨殺事件の現場に行く仁と花音

30年ほど前、ある村で村民たちが惨殺されてしまい、犯人も自殺してしまう事件があった

仁は蒼佑と父親のことを腹を割って話していたが、そこに警察署から電話がかかってきた

仁たちが駆けつけると、そこには十三の子どもたちも来ていて嘆いていた

しかし自分は何も感じないのだという花音は、十三はもしかして…

それから花音は十三がふるさとのことを話していたことがあるというと、何かワケありそうな地名だった

それから仁は、十三をヤった中岡を取り調べると、何者かが中岡の家族に…

花音が30年前の事件の資料を見つけてきたので、仁は休暇を取って花音と現地に行ってみることにした

現地に行くと花音は犯人の犬山の辞世の句をいうと、仁はあることに気がついた

そして犬山が死んだ現場の写真には、あのマークが…

十三はアッサリと殺されてしまいましたが、殺した中岡の家族は大金を得ていたので、殺した報酬を与えた誰かがいるようです
そうなると十三は誰かに依頼されて殺されてしまったことになりますが、そうすると十三はやはりワザと殺されていたのかもしれませんね

まだよくその辺りのことは分からないですが、十三は30年前に起こった惨殺事件の地で生まれていたようです
どんな関わりがあるのかはまだ分かりませんが、その惨殺事件の犯人が自殺した現場にはあのマークがあったので、やはり今回に事件とも関わりがありそうです

仁は花音と一緒に現地に行っていますが、二人の仲も何か進展するかどうかも気になるところですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

宿のおばさんを殺した奴に襲われる仁たち

それから二人は宿に行くと、犬山が死んだ場所に案内してもらった

そこで仁は案内してくれた男に十三の写真を見せると、男は十三の顔の瑕を見てまさかと言いながら…

二人は宿に戻ると、宿のおばさんから神隠しのウサワがあるという話を聞いた

そして花音は犬山の辞世の句の石碑の字を見ながら、それが十三の…

翌日、仁たちは蔵土跡に案内してもらうと、案内してくれた男はある都市伝説を話し始めた

それから仁は廃墟の中を歩いているとコケてしまうと、その場所から何かが…

花音は屋敷に飾ってあった絵と、警察が押収した絵が違うことに気がつくと、十三はその絵をとても気に入っていたと話した

誰が掛け替えたのか分からないまま宿に戻ってきた仁たちは、ご飯を食べていると鍋を持ってきた宿のおばさんを…

なんとか花音の攻撃で、襲ってきた奴から逃れることができた仁たちだったが、突然花音はどうして前日自分とヤラなかったのかと聞いてきた

すると仁は自分にはDV野郎の父親の血が流れているので、子どもを…

花音の話を聞いていた仁は、襲った奴が狙撃してきた

仁はやられたフリをして襲った奴の銃を奪ったが、襲った奴の素顔は…

やはり十三は30年前の事件にも関わりがあるみたいで、辞世の句の石碑の文字も十三が書いたもののようです
そうなるとやはり十三は犬山とも深い関わりがあったみたいですが、まだどんな関係だったのかは分かりません

十三はフェルメールの絵を気に入っていたみたいですが、それが何者かが掛け替えてからおかしくなっていったみたいなので、それも事件に何か関わっているハズです
そんなことを調べていると、突然、酷いことが起こってしまいました

宿のおばさんを惨殺して仁を襲っていた奴は、どうやら案内してくれた男が言っていた都市伝説のつぎはぎ顔の男でした
それが犬山なのかはまだ分かりませんが、このままちゃんと捕まえて取り調べることができれば、事件のことが分かってきそうです
この後に仁がちゃんと男を逮捕できるかどうかで、今後の展開が大きく変わってくるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

そんな家族なら捨てちゃえば

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

令太郎は、妻の和美が決めた家の中の境界線テープを越えることはできず、和美だけでなく娘の一花とも挨拶すらできない生活を送っていた

ある日、令太郎は一花に声をかけてしまうと、それを見た和美はキレてしまい令太郎に水の入ったコップを投げつけてしまった

それで令太郎は雨の降る中橋の上を歩いていると、令太郎がいつも作っているクイズを解いたとやってきた沙耶子が事情を聞くと、そんな家族…

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-降り積もれ孤独な死よ
-, ,