広告

「インコが呟く妻の秘密」 1〜10巻 ~突然姿を消した妻の香織が男子高校生や高齢の男と一緒だったと知り元同僚の飯塚から元旦那の名義を貸してもらったと聞いて愕然としてしまう壮一 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『インコが呟く妻の秘密』1〜10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

↓絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「インコが呟く妻の秘密」の簡単なあらすじと感想

突然姿を消した妻の香織が男子高校生と一緒だったと聞いてしまう壮一

壮一は妻の香織が突然姿を消してしまったので、香織が飼っていたインコのシロにどこに行ったと話しかけていた

香織は控えめな上に家事もちゃんとこなし壮一にとっては理想の妻だったが、職場で部下の大山に香織がなんと男子高校生と一緒だったと…

香織がカフェで働くと言っていたことを思い出した壮一は、その店にやってきてバイトの男の子や店長に香織のことを問い詰めていた

するとバイトの男の子は、香織が高齢の男と…

香織のことがますます分からなくなった壮一は、香織が元は保険外交員だったことを思い出し、元同僚の飯塚に話を聞くことにした

飯塚は香織はとても仕事ができたと話していたが、香織は名義貸しをしていたと言い出し、自分が名義を貸してもらった人物はなんと香織の元ダンナで…

突然家に香織が戻ってきて、涙を流して元ダンナが亡くなったからだと事情を話したので、それで壮一は香織をそれ以上責めることができなかった

それでも壮一は飯塚が言っていた次はという言葉が頭から離れずにいると、突然、香織は飯塚のことを話し始め、飯塚がなんと死んだと…

もしかして自分のせいなのかと思っていた壮一は、飯塚に責められる夢を見てしまった

余計に香織のことを疑うようになってしまった壮一は、香織がいない間に結婚前の戸籍謄本を見てあることに気づき愕然としていると、そこに香織が…

香織は突然姿を消していましたが、その間に壮一は香織のことを色々知ってしまいました
仕事一筋で妻のことには無関心だという夫は世の中にたくさんいますが、やはり仕事が大変であってもちゃんと家族のことには気をかけていないと突然関係が崩壊してしまう可能性があるので気をつけた方がいいでしょう

幸い香織は戻ってきましたが、壮一は知らない香織の一面を色々知ってしまって、香織のことを疑うようになっていますが、確かに香織は何かを企んで壮一と結婚した可能性が高いでしょう
元保険外交員だったこともあって普通なら保険金殺人とか企んでいそうですが、どうやら保険はそんなにかけていないようでも、コッソリかけていたりする可能性もあるでしょう

壮一は香織の戸籍謄本を見てヤバいことに気がついてしまいましたが、やはり前の結婚履歴をどうにかするために香織は壮一と結婚したようです
飯塚はどうやら警察は自殺で処理してしまったみたいですが、香織が関わっている可能性は高いでしょう
このままだと壮一も近いうちに始末されてしまいそうですが、壮一はこれからどんな形で香織と対峙していくのかも気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

道を香織と一緒に歩いていて車に突っ込まれてしまう壮一

壮一はヤバいと思ってしまったが、香織はさらに畳みかけるように意味深なことを話すので、壮一は香織に過去を知りたいと言っても、とりあえず出かけようと香織は言った

それから香織は誰かに電話をかけ、飯塚のこともと云い含めながら、本当に愛しているのは…

壮一は香織に求められ手を繋いで道を歩いていると、そこに突然、車が突っ込んできた!

運転していた男がすぐに車から降りてきて壮一たちに謝ってきたが、壮一は香織と男が話している様子を見て違和感を感じてしまい…

男は恭介という名で、もらった名刺の裏にあった個人番号に壮一は電話をかけてみた

すると電話に出た恭介は、壮一に今日の事故は…

壮一は子どものことからなんでもできて、就職してからも順調だった

そんな壮一があるパーティーで香織に出会い、他の女性とは違ったので結婚していたのだった

それでもまだ壮一は、香織との結婚が勝ちだと思い込みたかったので、それを確かめるために恭介と会うことにした

香織には内緒で恭介と会うと、恭介は香織の前の仕事の顧客だったというと、父親の告知義務違反の隠蔽する代わりに困った時に助ける約束をしてしまったと話した

そして壮一は、この前の事故も仕組まれたものかもと言うと、壮一と香織の結婚期間がちょうど保険の免責期間と…

それでも信じられない様子の壮一に、恭介は飯塚のことも持ち出し、既に香織は人をヤっているかもと…

壮一は段々香織のことを疑うようになってきていますが、危うく恭一に轢き殺されそうになってしまいました
しかし恭一は偶然ではないかもと言っていて、壮一もまだそれを受け止められないような態度を取っていますが、内心では香織がやったかもと思い始めているでしょう

ただ香織は壮一を操っているはずなので、この二人の密会も既に知っている可能性が高い気がします
それでも何食わぬ顔で壮一に知らない素ぶりをしてくるはずですが、壮一では恐らく香織の素顔を暴くことは難しそうな気がしますね

恐らく香織は保険金目的で壮一と結婚しているはずですが、ただ贅沢をしたいとかそういう理由でやっているような感じはしません
何か別の目的があると思いますが、香織がどんな目的を持っているのかもやはり気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

香織の指定したマンションへ向かう途中でやられてしまう壮一

恭介は壮一に一緒に香織のことを調べようと言ったが、壮一は香織とどうしても話し合いたいと答えた

翌日、香織はやはり壮一と会っていたことを知っている感じだったので、それで壮一はとうとう香織に前日は…

仕事を終えた壮一は、秘密を話すと言った香織が渡したマンションの鍵を持って、指定されたマンションへ向かっていると恭介が電話をかけてきた

恭介と香織のどっちの言葉に従うのか迷っていた壮一だったが、何者かが声をかけてきて壮一の首筋に何かを当て…

壮一は意識を取り戻すと、なんとカフェの店員が車を運転していて、壮一を始末するか迷っていると言い始めた

あまりに男の言っていることがヤバすぎなので、壮一がどう話せばいいのか迷っていると、男の言葉でハナから香織は自分を始末するつもりだったのだと気づき、壮一の目からは涙が溢れ出てしまった

そんな壮一に、男は二択のクイズで当たれは全てを話すが、ハズレたら…

香織はもう壮一は戻らないかもと思いつつインコのシロに餌をあげていると、なんとそこに壮一が戻ってきた!!

香織は壮一のことを心配するフリをしていたが、そんな香織に壮一は全部を…

香織はインコのシロの話をした後で、自分の出生の秘密を明かすと、それで最初の夫に戸籍をもらったのだと話した

その話を聞いた壮一は、それなら辻褄が合うと思いつつ、それでやったのかと訊ねた

すると香織は恭介が誰なのかを明かすと、恭介こそが…

香織の話を聞いた壮一は、香織と恭介のどっちを信じたらいいのかと思っていると、なんとそこに恭介がやってきた

壮一は香織か恭介のどっちかが自分をヤルつもりなので、二人に警察に行く前に…

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」