広告

「ブス嬢・百華無双〜私の肉で眠りなさい〜」 1〜20巻 ~男に騙され処女なのに風俗店に入ってきた光葉をNO.1嬢にするためS嬢研修を始める百華 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『ブス嬢・百華無双〜私の肉で眠りなさい〜』1〜20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「ブス嬢・百華無双〜私の肉で眠りなさい〜」の簡単なあらすじと感想

処女の光葉をNO.1嬢にする百華

光葉は彼氏の幸人からバイトしてくれと頼まれ書類にサインしたが、なんと連れていかれたのは風俗店だった!

こんなところで処女を喪ってしまうのかと嘆いていると、デブ嬢の百華は弱いままだと喰いモノにされると言って、S嬢テクを教えてくれた

しかしそこにいかにもヤバげな鬼山がやってきて光葉を指名したが、光葉は百華に教えてもらった通りに鬼山が得意な自縛りを見せてもらうと、光葉は鬼山を言葉と縄で縛り…

光葉をNO.1嬢にして足を洗わせた百華は、今度はデリをやってみることにした

するとそこに夫とはレスで、夫が外注していたと知ってやけっぱちで美樹が予約してきたので、百華は美樹の話をとりあえず聞いた

そして百華は帰宅した夫に3人で楽しもうと言って美樹のアソコを開くと、美樹にはちゃんとセックス好きだというように教え…

百華は今度は箱ヘルをやることにしたが、とりあえず運転手として入った

人気嬢のスズナがすっぽかした穴を埋めて本入店した百華だったが、百華のおかげでテキトーにやれなくなったスズナは、百華のロッカーに仕掛けようとして百華にバレてしまった

そんなスズナは、外に出ようとすると元客にヤラレようとしたところを、百華が…

デブな百華ですがスゴテクの持ち主で、なんだかとんでもなく豪快ですね
それに処女の光葉をNO.1にしたりして、単に自分だけ稼げればいいという感じでもないので、そんなところが百華の魅力の一面なのかもしれません

そんな百華は結構気分屋で、また違う風俗店に入りましたが、そこでもすぐに人気嬢になってしまいました
スズナもそこそこ人気だったみたいですが、ゆるくやっていたスズナなんて、百華の足元にも及びませんでした
これから百華がどんなことをするのかは気になりますが、どんな状況でも百華ならなんとでもやってくれそうな感じでしたね

⇒まんが王国で無料試し読み

百華が靡かないので税務調査してしまう篤

百華はカエデからキモい客のことを相談されて、それでその客を引き受けることにした

その客はエリート官僚の篤で、アメリカとの貿易交渉での疲れを癒すために、風俗を利用していたのだった

完全に百華にハマった篤だったが、百華が靡かないと知るや、百華が所属している風俗店に強引に税務調査してしまった

しかし百華は、篤が脅したときの声を録音していて、それを暴露してしまい…

しかし篤がとんでもないことになってしまったので、日米交渉はキツイ状況に追い込まれていた

そんな中で篤に変わって交渉することになった零治が帰国したが、なんと零治は百華が駆け出しの頃のお得意様だった

その頃の零治はすぐに折れてしまっていたが、そんな零治を復活させた百華に、零治は海外赴任するので一緒になろうと言って空港で待っていて欲しいと言ったが…

零治は日米交渉のカギを握るソニーに上手く接触すると、百華のいる店に連れてきたが、なぜかソニーは帰ると言い始めた

なぜならソニーはなんと三次元の女の子が…

そんなソニーに地下アイドルの一花が声をかけてきたが、なんとソニーは一花のファンだった

だが一花もまた役所がソニーを落とすために送り込んでいた刺客で…

ソニーが完全に一花の虜になってしまっている頃、百華たちはソニーの行方を追っていた

そして一花が強引にソニーのモノを挿れようとしているところで、そこに百華が踏み込んできて…

完全に3次元だけでなく2次元にも失望してしまったソニーを、百華はアソコをしごいて復活させた

一花も失敗して絶望していたが、そんな一花にソニーは…

百華はエリート官僚の篤が靡かないというだけで税務調査の嫌がらせをしてきましたが、見事に撃退してしまいました
そんな百華は外交官の零治とも関係がありましたが、零治は百華が駆け出しの頃のときの客でした
どんな仕事でもやはり最初の頃に関わった客というのは、自分の能力を高めてくれた人でもあるので、そういう人はやはり大事にしないといけないでしょうね

篤がいなくなって日米交渉が難航している中で、アメリカ側の重要人物のソニーはなんと3次元の女の子がダメな奴でした
どんなエリートでも完璧な人はいないハズなので仕方ないですが、そんなソニーを狙っていた一花も追い込まれて役所の陰謀に加担していました
誰でもコンプレックスとかはあるので、そんなものを解消してくれる人をやっぱり大事にしないといけないでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

夫の司に母親みたいに見られてシテもらえないとユリの相談に乗る百華

ユリは彼氏の司と同棲して3年になるが、司はユリが母親みたいだと言ってシテくれなくなっていた

そんなユリは岩盤浴で偶然知り合った百華に相談してみると、百華はまずはオナるようにアドバイスした

それでもまだ司はユリに色気がないと言っていると、そこに百華からあるプレゼントが…

百華からのプレゼントを着ても司は発情しなかったので、ユリはブチ切れて家を出てしまった

そこに百華が現れ司もユリを探しにやってくると、百華は司にユリに何をしたのかと訊ねた

司はユリに判断を任せるというと、百華は…

百華はユリと大化けした司が結婚したと聞いている頃、百華のいるソープにSのミユキとMのユミ子が本入店してきた

二人は二輪車が得意で(2対1のプレイ)、中学時代のイジメがきっかけで二人の関係は始まっていた

そんな中で4P希望の山上が来たので、二人と百華がプレイすることになった

それでまずはミユキたちが山上を相手していたが、百華は二人のプレイは客をないがしろにしていると言って割り込んできた

そして百華は山上を言葉でイカせると、ミユキのお尻を引っ叩きSのハズのミユキの反応を見て、ユミ子はミユキはそんなハズじゃないと思ってしまった

なんと中学時代にイジメる役だったのはミユキではなく…

ニチカは今まで何をやっても2番手で、セックス技では一番になるために百華のいる店で働いていた

しかし百華の技がスゴイと知ったニチカは弟子入りしたいと言っても、百華はアッサリと断ってしまった

そんな百華のスゴテクを見せてもらったニチカは…

ニチカは本命のいる勇気と付き合っていたが、本命が来たのでなぜかクローゼットに隠れると、勇気と本命のヤっているのを見て涙が溢れ出てしまった

そんなニチカは百華の言葉を思い出すと、本命の前でスゴテクを…

ユリは夫の司に母親のような存在になってしまって、シテもらえないと嘆いていました
ほとんどの夫婦が結婚前後のラブラブな関係を続けていくことはできませんが、その後の夫婦関係がどのようになるのかはそれぞれの夫婦次第です
互いに支え合う関係ならいいですが、母親みたいな存在になってしまったら、やっぱり女性にとっては悲しい感じがしますね

ミユキとユミ子の二人は、ぱっと見とは全く真逆な支配関係でしたが、それも二人が納得できているかどうががやはり重要でしょう
なかなか理解できない関係ですが、百華が関わったことで二人のプレイは磨きがかかったはずなので、それはそれで良かったんでしょうね

ずっと2番手だったことを悩んでいたニチカですが、やっぱりずっとそのままだと悲しいですね
さすがに本命の子が目の前で他の子とヤっているのを見てしまったら誰でも凹みまくりますが、そんなニチカも百華から教わったことで立ち直りそうだったのはよかったですね

⇒まんが王国で無料試し読み

モラハラSM野郎の夫の健二のことを百華に相談するこずえ

こずえは人気小説家の健二と結婚したが、なんと健二はモラハラSM野郎だった

そんなこずえはクレーマー客にスゴイ迫力で圧倒した百華に夫のことを相談してみると、百華はアドバイスを書いたメモを渡した

こずえは百華のアドバイスに従い、健二の言葉には自分を合わせないようにしていた

しかしキレて健二がヤバいプレイをし始めたので百華に助けを求めると、百華はこずえにバイブを渡しハメるかどうかを訊ね…

ボーイの井本は、大型新人でAV女優のみゆに過去のこともあってこき使われ始めてしまった

みゆは井本に身請けするから付き人になれと迫っていたが、井本はそれをなぜか受けずにいた

百華はみゆとAV生配信に出演することになったが、みゆは男の顔にまたがり一人よがりな感じでイこうとしていた

しかしそこに百華が割り込んでくると、その男だけでなく画面の向こうの男たちも百華の囁きで…

百華は養鶏場を営んでいる昭彦と結婚した花江に相談を受け、花江はなぜか昭彦は自分をイカせるだけでイってくれないと嘆いた

しかしなんと昭彦は百華の常連客で、早撃ちな客として有名だった

百華は花江にどうやってヤろうとしているのかを聞くと、独りよがりなオナニーだというと、花江に夫か将来の子どものどっちを取るのかを訊ねると、花江は…

花江はまた昭彦にイカされてしまったが、昭彦は百華の所にやってきて、家では気が休まらないと愚痴った

それから昭彦は元カノに早くイキすぎと言われたことがトラウマだと話していると、そこに部屋に入ってきた花江に昭彦がイクところを見せた百華は、花江にこれまでのセックスはオナニーと同じだと諭し…

また仕事をクビになった壱太郎は、自分の言葉で父親の不倫がバレて離婚になり、親ガチャにハズレてしまったと思っていた

そんな壱太郎はガチャガチャで当たりまくっていた百華を見て、なんと百華のいる風俗店に放火しようとしても失敗し、ビルの屋上から身を投げようとしていた

そこに百華が現れ、壱太郎におっぱいを触らせ、捨てるか守るものは命か童貞しか…

こずえは夫の健二がモラハラな上にSM好きなので百華に相談していましたが、健二のようにそれなりに成功していなければ即離婚案件です
こういう相手には完全に関係を断つか、きちんと自分の意志を見せつけてやらないといけませんが、どうやら百華のおかげで関係は一気に変わっていきそうでした

風俗店でボーイをしていた井本は前の店でAV嬢になっていたゆみといろいろあったみたいですが、ゆみは今でも井本のことを意識していたので、なんだかんだで二人は結構お似合いなんだと思いました
花江は早撃ちで有名な夫の昭彦がイカないと嘆いていましたが、男は結構気分でイクかイカないかに影響されてしまう生き物なので、花江と同じような悩みを持っている女性は多いんだろうと感じました

壱太郎は親ガチャにハズレたと嘆いて自殺しようとしていましたが、確かに親の影響は子どもにとってはとても大きなものです
とはいえある程度の年齢になったら自分でやれることも増えてくるので、やはり絶望せずに百華のようにとはいきませんが、自分を支えてくれる人を見つけられるかどうかが大事なんでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

草食系の部下の草司にチャンスをくれと懇願して百華に泣きつくあやめ

肉食系のあやめは職場の部下の草食系の草司から搾り取っていたが、仕事でも全力フォローしていても別れようとメッセが送られてきてしまった

草司が百華のいる風俗店に入っていくのを見たあやめは、現れた百華と焼肉を食べに行くと、百華はあやめに肉だけで足りているのかと訊ねた

そんなアドバイスを受けたあやめは、草司にチャンスをくれと懇願して、なんとか別れることはひとまず回避できた

それからあやめは百華から、ケモノじゃなく痴女になれとアドバイスされ、職場にはいつもと違ってお粧して出勤してきた

すると草司は自分からデカい仕事を任せて欲しいと言ってきたので、それもお膳立てをして任せたあやめは、職場に戻ってきた草司の視線を感じると、自分を食べたいのかと誘惑すると草司は…

エミは実家で女の子だというだけで、粗末に扱われていた

そんなエミはホストの聖也にハマっていて、そのために風俗の仕事も秘密で店外の仕事にも手を出していた

しかしエミは聖也にイベントの見返りを求められ、どうにもならなくなったエミは百華にお金を貸して欲しいと頼み込むと…

百華は聖也のいるホストクラブで聖也を指名すると、他の風俗の子たちを呼び寄せると、その中にはエミも…

百華がアッサリ聖也をイかせてしまったので、他の子は失望して去っていってしまった

そんな聖也にエミは自分のことが好きなのかと聞くと、聖也は本性を現したので百華が…

壱太郎は百華に惚れていて、それでキャスト希望で百華のいる風俗店にやってきた

オーナーは壱太郎に女性向けの風俗で働かせるために、百華に研修を受けさせることになった

壱太郎は百華の特訓を受けて身体と技術は向上したが、いざ客の女性にマッサージをしているとイヤという言葉に過剰に反応してしまい…

激落ちしてしまった壱太郎だったが、途中で帰ってしまったユカが指名してくれた

前回の続きを始めた壱太郎だったが、またユカはイヤと言ってしまった

しかし今度の壱太郎はユカを目隠しして身体を触り始めると…

肉食系のあやめは、草食系の部下の草司に捨てられそうになってしまいましたが、結局は二人の相性は合っていました
似たもの同士は気が合いやすいですが、性格が同じだとちょっとした違いが目についてしまうので、こういった全く真逆な関係のほうが長続きするでしょうね

エミはホストの聖也にハマっていましたが、エミにように周囲から粗末に扱われていると、仮初だとはいえどもハマってしまうのは分からなくはありません
でもホストにハマっているといくらお金があっても足りないので、百華が目を覚ましてくれたのはよかったと思います

壱太郎は百華に憧れて風俗店にやってきましたが、どうやらオーナーは壱太郎の才能を見抜いていたようです
最初は女性向けの風俗のお仕事で躓いていた壱太郎でしたが、もう百華の指導のかいもあってこれからどんどん指名が入りそうな感じでしたね

⇒まんが王国で無料試し読み

カルト教団の村に潜入する百華

総理大臣の息子のマスオは、豪遊していたが正直飽きてしまっていた

そんなマスオは道で声をかけてきた白マントの女の子とラブホへ行くと、ある場所へとイカないかと誘われ…

百華はマスオの行方を探して欲しいと頼まれていたが、白マントの女の子の情報が入ってきた

白マントの女の子はあるカルト教団の村に男たちを送り込む役をしていたが、男とラブホでHをしているところで百華が現れた

失敗して男を村に送り込めなかった女の子は、教団の男にお仕置きを受けようとしていると、そこに百華が現れ…

百華たちはカルトの村へやってくると、なんと全裸の男女が出迎えてきた

そして村ではどこでもフリーセックスできて、百華たちは村に慣れるためのトレーニングを受けなければならなかった

トレーニングを終えた百華たちは、それからカルトの教主の横縞の演説を聴いていると、百華はそこでこんなのは茶番だと言いだし…

百華はマスオを見つけて抜いて洗脳を解いてあげると、もう一つ頼まれていたあるモノを奪取に向かい始めた

そんな百華たちは捨てられた横縞の夫人たちが閉じ込められていた部屋を見つけ、百華はそれに憤慨していたが、そこで捕まってしまい…

横縞は、オモチャを使って百華を堕とそうとしても、百戦錬磨の百華には全く効かなかった

そして百華は施設をローションまみれにしてしまうと、横縞との一騎打ちとなった

横縞はテンプレな性技で攻撃を仕掛けてきたが、百華は…

横縞のおケツからモノを回収した百華たちは、崩壊するカルト教団施設から脱出することができた

百華は依頼者の有力政治家の目の前で、モノを処分してしまったかのように見せたが、実際には…

女性向けのオモチャを開発しているいずみは、百華たちと話している最中にトラブルで、町工場をしている父親の源太におナニー動画を送られてしまった

それでいずみは百華と一緒に実家の町工場へ行くと、オナ動画を見た父親はやはり激昂してしまった

そんな父親にいずみはキレて外へ出ていってしまうと、百華は源太にオナったことはあるかと訊ね、源太の手を握りながらオナとセックスの違いを話し始め…

そしていずみの覚悟の言葉を聞いた源太は、熟練工の技であるグッズを開発し…

百華は総理大臣の息子のマスオとあるあるモノのために、カルト教団に潜入していました
マスオはカルトの洗脳を受けていましたが、百華のおかげで洗脳も解けました

百華は一度は捕まってしまいましたが、教祖の横縞のオモチャを使った攻撃も難なく跳ね返していて角が違いましたね
百華はあるモノも捨てるフリをしてそのままゲットしていたので、どうしても風俗業界はお国にも目をつけられやすい業界でもあるので、うまく利用していくのでしょう

カルト教団のアジトから戻った百華は、女性向けのオモチャを開発しているいずみの父親を違う方向で目覚めさせていましたが、オナニーはほぼ誰でもやることなので、ある意味スゴい社会貢献になったような気がしますね

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」