広告

「天使の警醒-16年後に目覚めた私-」 1〜13巻(分冊版) ~16年ぶりに意識を取り戻し意識のない間に生まれた妹の希実と学校へ通い始める海深 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『天使の警醒-16年後に目覚めた私-』1〜13巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「天使の警醒-16年後に目覚めた私-」の簡単なあらすじと感想

16年ぶりに意識を取り戻し妹の希実と高校に通い始める海深

事故のために16年間眠り続けていた海深は、目を覚ますとなんと妹ができていた

事故に巻き込まれた時の記憶がない海深は身体がある程度回復すると、妹の希実たちと一緒に家に戻ってきたが、前に住んでいた家ではなかった

海深の部屋には以前自分が描いていた絵もあったが、誰かと一緒に描いていた絵を見つけたが、なぜか思い出せず…

海深は希実が通っていた高校に通うことになったが、イケメンの山口が油絵を描いていたのを見つけ、海深は何かを感じてしまった

海深はそれから一人で病院へリハビリに行くと、その帰りに走っていたトラックを見てしまうと、何かの記憶が頭をよぎり…

山口に助けてもらった海深だったが、海深はその時誰かの声を聞いたような気がした

希実が迎えに来てくれてつい涙が溢れ出てしまった海深は帰宅すると、自分の部屋にあった油絵の中から謎の天使の絵を見つけ…

海深は自分の過去を知っているらしい教師の加賀谷に、事故のことを聞こうとしていると、希実に止められてしまった

希実は加賀谷から過去のことを聞くより、自分で思い出すほうが重要だというと、なぜか海深のお腹が…

海深は希実と一緒にお風呂に入っていたが、自分のことをキズモノと呼んでいた

希実は海深に自分が最初に海深と会ったときにことを話してくれたが、そんな希実に母親は何かを口止めしていた

また自分の部屋で天使の絵を見ていた海深は、何かに気づいて山口にそのことを聞こうとしていると、そこにやってきた希実はなぜかキレていて…

希実は急に自分の絵だと言い出したが、そこに加賀谷がやってきたので希実はヘンなことを言うなというと、加賀谷は希実に何を守ろうとしているのかと訊ねた

帰宅した海深は家族と一緒にご飯を食べながら、自分が事故に巻き込まれたときのことを聞こうとすると、母親は泣き出してしまい止められてしまった

それでこの家の人間じゃないかもと思ってしまった海深は、山口にぼっちだったかもと話していると急に過呼吸になってしまい…

16年ぶりに眠りから覚めた海深ですが、その間に妹ができていました
そんな海深は事故に巻き込まれてしまったときの記憶がなく、次第にその記憶を取り戻したいと思うようになっています

それに事故のことなどの話なると、家族の反応がおかしいので海深は家族が言っていることに疑問を感じるようになっています
どうやら加賀谷は海深の過去のことを知っているみたいで、年齢も同じなので同級生だったのかもしれません

妹の希実もなぜか海深の記憶が戻って欲しくないようで、海深が山口と親しくしている様子を見てからは、段々海深への態度が素っ気なくなりつつあります
希実との関係がなんだか微妙になりつつありますが、海深は少しずつですが過去の記憶の断片が蘇りつつあるようです

海深の部屋にあった謎の天使の絵にも、海深の過去に起こっていたことに繋がりがあるようですが、現時点ではまだ何も分かっていません
でも海深は過去のことを思い出そうとするとお腹に痛みが走っているので、この痛みも過去のことにつながりがありそうです
これから海深がどうなっていくのかは分かりませんが、過去の記憶が戻ったときに希実や家族との関係がどうなっていくのかも気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

自分の血液型を知って愕然としてしまう希実とお腹に見知らぬ傷を見つけてしまう海深

山口と一緒に学校に遅刻して登校してきた海深だったが、先生から合宿講演会のお知らせをもらった

その合宿講演会は海深が前に住んでいた家の隣の市だったので、前の家に行って何か思い出せるかもと思っていた

母親はそれに反対したが、希実が一緒に行くと言ってくれたので行けることになったが、海深がお礼を言うと希実は山口と会っていたことでまだ怒っていると言いだし…

希実は友達と献血を受けに行くと、希実は自分の血液型を見て愕然としてしまった

そして家に一人でいた海深は自分の過去の写真を見ていたが、なぜか自分のお腹に知らない傷があることに気づき…

山口は母親が暮らす施設から連絡があったので行ってみると、母親は状態がよかったので会うことにした

しかし母親は、山口の顔を間近で見ると、誰かの名前をつぶやき…

海深は山口の部屋の部屋へやってくると、りんごを食べていると山口の顔に傷があることに気づいた

山口は母親は自分の存在そのもので傷ついてしまうのだというと、つい海深は山口を抱きしめ慰めてあげた

その頃、希実は父親に血液型を聞いていたが、自分と両親のことで何かに気づき始めていた

そして帰ってきた海深に、匂いで山口に会っていたのかと聞くと、山口が好きなのかと言って海深はおかしいと言い始め…

学校で希実は山口に、自分は親との関係のことをいうと、自分は騙されていたのかもしれないと言い始めた

そこに海深がやってきて、山口と希実が一緒にいるところを見てしまうと、昔の記憶の断片を思い出すとぶっ倒れてしまい…

保健室で海深は山口にお腹の傷を見せて、それが何の傷なのか聞くと呆然としてしまった

その頃、帰宅した望美は母親に何かを聞いていて、母親が愕然としている間に希実はどこかへ姿を消してしまった

海深は山口と家に帰ってきてそのことを聞くと、山口が希実を探しに向かってくれることになった

海深はなぜかお腹が痛みだして毛布を押し入れから出していると、天使の絵の上に被せられていたキャンバスから、何かを見つけてしまい…

海深は段々昔の記憶が蘇り始めていて、海深と希実の本当の関係が明らかになりました
どうして両親はそのことを隠そうとしているのかはまだ分かりませんが、やはり何かヤバい関係だったりしたからなんでしょうね

希実は自分と海深の関係を知ってしまい、海深には拒絶反応を見せていますが、まだ希実は女子高生でもあるので、仕方ないかもしれません
母親も希実から本当の関係を言われて愕然としていたので、過去にやはり何かあったのは間違いないですが、山口にも海深は何か惹かれるものを感じているみたいなので、山口の母親が山口になぜか拒否っていることにも関わりがあるのかもしれませんね

⇒まんが王国で無料試し読み

前の家にやってきて何かを思い出す海深

希実は山口の部屋に来ていたので、その日は山口の部屋に泊まり海深が翌日迎えに向かった

しかし希実は、海深の過去のことを言いながらキモいと言っていたが、海深は希実にキャンバスから見つけたものを見せながら、何かに協力して欲しいと頼み…

海深は合宿のときに前の家に行けば何か思い出すハズだと言っていたが、なぜか希実はそれには反対して合宿を楽しもうと言っていた

しかし自由時間になると海深は前の家に行くと言い出したので、山口がついていってくれることになった

海深は戸籍を取りに役所へ立ち寄ると、前の家にやってくると段々前の記憶が蘇ってきた

そして海が見える場所にある二人乗りのブランコを見て、何かを思い出した海は山口に何かを言いだし…

海深は山口にキスしながら何かの記憶の断片が蘇り、家の鍵の隠してあるのを見つけていると、そこに奈々子の母親と名乗る女性が声をかけてきた

その頃、希実は役所で自分は養子ではなく3女だと聞いていて、二女の名前も…

海深たちは教師の加賀谷に先に拾われていた希実と一緒に車に乗り込むと、海深は何やら赤い記憶が蘇り過呼吸になってしまった

そして宿に戻ってきた海深は眠っていたが、突然目を覚ますと別人になったみたいに、海深は死…

翌日も海深は本当に海深ではない感じで、希実は本当に2女の空美なのかと動揺していた

そんな中で希実はクラスメートたちと海深の誕生日を祝っていたが、実は加賀谷は海深にやっぱり誰だったのかと訊ねていて…

海深は以前幼い頃に住んでいた家に行って、過去の記憶の断片を思い出していましたが、過去に何か大変なことがあったのは間違いないようです
まだハッキリとそれが何だったのかはわかっていませんが、海深たちの親があれだけ隠していることなので、何か大事だったのは間違いありません

一応希実は戸籍上はちゃんと両親の実子になっていましたが、それでも何かひっかかる点は残っているので、まだ何か隠された謎が残っている可能性はあるでしょう
どうやら記憶が少し戻った海深は、2女とされていた空美の人格になってしまったみたいですが、双子だったみたいなので本当はどっちなんでしょうか
少しずつ過去ことが分かってきていますが、まだよく分からないことがこれから明らかになてきそうなのでとても楽しみですね

⇒まんが王国で無料試し読み

希実に山口は二重人格なのかと訊ねていたが、希実は山口なら海深を戻せるかもと言っていた

それからも海深の変わりようはそのままで、希実はこのままでは連れて帰れないと思っていたが、合宿も終わって駅に到着した海深たちだったが、山口は海深を自分の部屋に連れて行き…

海深は山口の部屋でも相変わらずだったが、山口の部屋の壁に飾ってあった絵を見つけ泣き始めたが、その絵は山口の父親の絵だった

その頃、希実は加賀谷から空美のことで後悔していると話を聞いていると、そこに山口から海深が戻ったと…

家に帰ってきた希実は、両親に海深は戻らないことを伝えると、母親はだから合宿には行かせたくなかったと言い始めてしまった

そして母親は海深だけでなくなぜか希実のためだったと言い始めたので、希実はやはり何か隠していると気づき…

山口の父親の尋紀は、いつもアトリエで絵を描いていてたまにしか家には帰ってこない父親だった

それでも幼い山口は、いつも羽根の絵を描く父親のことを慕っていたが、そこにある女の子が現れ…

加賀谷は希実から海深のお腹の傷の痕のことを聞いている頃、海深はエコー写真を持って医者にお腹の傷の痕のことを訊ねていた

山口は海深とついシテしまったことを思い出しながら、海深が昔誰かに孕まされていたことをまだ信じられないでいた

そんな山口は海深が記憶を無くしてしまった事故のことを調べていると、海深と一緒に亡くなっていた人物の名前を見て、海深たちの3人の関係はどんなものだったのかと思ってしまい…

海深が山口の部屋にあった絵に反応していた理由はなんとなく分かってきましたが、空美と山口の父親の尋紀との関係は何となく分かってきた感じですが、海深とはどんな関係になったのでしょうか
その辺りも海深たちの親が過去のことをひたすら隠そうとしていることに繋がっているように感じますが、そうだとすると山口の父親の尋紀はとんでもないヤバい奴だったのかもしれません

それに海深に現れていた空美の人格は、本当に空美なのか海深が生み出したのかも今のところ分かりませんが、今の海深の様子を見ていると両親がどうして過去のことを隠していたのかも分かる気がします
とは言えもう一度戻った記憶は消えないはずですし、海深の人格は何だか消えたい願望に囚われている感じでもあるのでとても心配です
これからさらに過去のことが明らかになってくるはずですが、過去のことが分かって海深が耐えられるのかどうかも気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」