「お父さんが早く死にますように。」 6~10巻 ~ピルをもらいに行った帰りに父親の前で自殺を図ろうとして揉み合いになって刺してしまうあすか のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『お父さんが早く死にますように。』6~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「お父さんが早く死にますように。」6~10巻の簡単なあらすじ

自分は幸せになれないと思ってしまうあすか

あすかは小さい頃、母親にいい子でいれば愛される存在になれるなれると言われていた

その時の夢を見たあすかは、目を覚ますと現実は辛いだけだと思ってしまった

あすかはピルが少なくなっていたので父親に報告すると、父親は病院に予約するように言って会社に出かけていった

幸せになるにはどうすればよかったのかと思ったあすかは、ふとお隣のおばさんから自分のやりたいことをやるのも大事だと言われたときのことを思いだした

その時、蛍はアリの行進を見ていたので、あすかはみんなのために働くことで幸せを感じられるはずだと蛍に話した

そんなあすかの話を聞いていた蛍は、自分はやりたいことだけやれたらいいと言いながら…

あすかは自分が愛されたくてずっと頑張ってきたのだと思ったが、どんなに頑張っても幸せなんかになれないのだと思ってしまった

それであすかは急に笑い始めると…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

あすかに何か怖いものを感じてしまう蛍

蛍が帰宅するとあすかが出迎えてくれたが、蛍はあすかが何か別人のような感じがしてしまった

それで朝のことを謝ると、あすかは今度蛍が好きな食べ物を作ってあげると言った

翌朝、あすかは父親とピルをもらいに病院に向かおうとしていたので、蛍は自分も行くと言った

すると留守番をするように言ったあすかを見た蛍は、またあすかに何か怖いものを感じてしまった

蛍が留守番をしていると、そこに田牧がやってきた

それで蛍はあすかの様子が何かおかしかったというと、田牧にあすかのことが好きかと訊ねた

田牧は焦りながら嫌いじゃないと答えると、蛍にまたライブに誘うというと蛍はとても喜んでくれた

そして田牧は帰り始めると、蛍と一緒にいるあすかを見かけて好きになったことを思い出した

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

父親を刺してしまうあすか

病院でピルをもらったあすかは父親と一緒に帰っていると、父親はピルがなくなりそうならもっと早くいうように注意した

するとあすかは急に、中学時代に交番から連れ戻されてDVされたことを話し始めた

そしてあすかはバッグから包丁を取り出すと、自分は父親の単なるおもちゃだったと言いだした

父親は焦りながらあすかには不自由させていないと言って、自分に反抗的なあすかに落胆している様子だった

そんな父親を見たあすかは持っていた包丁を自分に向けると、誰も愛してくれないと言って…

父親はそんなあすかを止めようとして揉み合いになると、2人は階段から落ちてしまった!!

そしてあすかは自分の手元を見ると…

なんと父親の腹を刺していた!!!

父親はさらに階段から転げ落ちてしまうと、それに気づいた人たちが集まってきた

あすかは放心状態になっていたが、そこに田牧が現場にやってきて…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

父親を殺してしまう蛍

父親はすぐに病院に運び込まれたが、意識不明の重体だった

そこに弁護士の笹崎がやってきて、蛍にあすかのことを訊ね始めた

病院に来る前に笹崎はあすかに面会していたが、あすかは早く死なせてくれとしか言わなかった

あすかは家裁で保護観察処分を受け、蛍と一緒に施設で暮らすことに決まった

笹崎は蛍に会いに行くと、蛍は最後に父親に会いに行きたいと言った

それで笹崎は蛍を連れて父親の病室に行ったが、まだ父親は意識が戻っていなかった

蛍は自分たちにDVしてきた父親なんて死ねばいいと言い始めたので、笹崎はどんなクソな奴でも更生する機会は与えないといけないと話した

それから蛍は帰り際に笹崎にトイレに行くとウソをつくと、そのまま父親の病室へと向かった

そして蛍は自分があすかとの約束を果たそうと思いながら、父親につけられていた人工呼吸器を…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

香奈枝たちに優しくされて泣いてしまうあすか

あすかは死んでしまった父親の骨を拾いながら、自分が殺してしまったのだと思っていた

それからあすかと蛍は児童養護施設に行くと、蛍はうまく父親が死んでくれたと言った

あすかは施設で年長の香奈枝と同じ部屋になったが、香奈枝はここでは虐待を受けた子なんて普通だと言った

あすかは他の子たちからボール遊びに誘われたが、施設のおばさんは急がずにその気になったらやればいいのだと言ってくれた

夜になると香奈枝があすかにコーヒーを淹れてくれて、自分もDVで死にそうな目に遭ったと話してくれて、あすかが死にたいと思うのも虐待のせいだと言ってくれた

そこに施設のおばさんが香奈枝が作った料理を持ってきてくれて、それを食べるととてもおいしかった

それであすかは自分がこれまで父親のDVから逃れたくて必死に生きていたのだと気づくと、思わず自分は優しくされるような人間じゃないと言って泣き出してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

父親を殺したことを嬉しそうに話す蛍

それであすかは、気持ちが少し前向きになることが出来た

それでもまだDV野郎な父親がいなくなった喪失感が残っていたあすかだったが、香奈枝たちと向き合って生きていくにはあることをしなければならないと思っていた

ある決意をしたあすかは、蛍に父親を殺したのか訊ねようとしたが、やはりできなかった

するとそこに田牧がやってきたので、蛍は気を利かせてあすかとふたりきりにしてあげた

田牧はあすかに何も助けられなかったと謝ってきたので、あすかは父親を刺すのを見せてしまったと謝り返した

田牧が帰っていくと、あすかは蛍にとうとう父親を殺したのかと訊ねた

すると蛍はあすかが父親を仕留めきれなかったのでやったのだと言いだし、あすかも自殺するフリをして殺すつもりだったハズだと言った

蛍はあまりに嬉しそうに父親を殺せたと言ったので、あすかは蛍は自分のために父親を殺したのだと思った

それで蛍に人殺しをしないように誓わせようとすると、蛍は自分にはあすかしかいないのだというと、他の手段がなかったから仕方がなくやったのだと訴えた

そんな蛍を見てあすかは、自分が蛍に何も気をかけていなかったのだと気づくと、自分のせいで蛍は父親殺しをしてしまったのだと自分を責めた

それであすかは蛍に父親殺しのことを…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

あすかは自殺しようとした際に父親を揉み合って、父親を刺してしまいました

状況的にはあすかを責められないですが、それであすかが自分を責めてしまうのも、父親がどんなにクソ親であっても親なので仕方がないでしょうね

それであすかは児童養護施設で保護観察処分になってしまいましたが、それでもあんなクソな父親と一緒の状況よりはマシでした

特に香奈枝や施設のおばさんがいい人だったので、あすかは前向きな気持ちになれそうでした

もし1人で施設に入っていたら、きっと立ち直って普通の生活を送れたような気がします

でも蛍が人殺しをしても全く反省していない様子だったので、あすかは真面目なのでそれを自分のせいだと思い込んでしまいました

それであすかは蛍をずっと見張る決意をしてしまいましたが、やはりあすかの人生はあすかのものなので早く蛍の父親殺しのことは償わせ、自分の人生を前を向いて歩いて欲しいと思いました

あすかがこの後の人生をどう送るのかとても気になってしまいましたが、あすかのことが好きな田牧といつか一緒になれるといいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

-お父さんが早く死にますように。