広告

「カノジョは今日もかたづかない」5巻(単行本) ~偶然聞いてしまった深川の言葉で落ち込んでしまうもフってしまった吉ヶ別府からその後の話を教えてもらったあいな のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『カノジョは今日もかたづかない』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

⇒4巻までのお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「カノジョは今日もかたづかない」の簡単なあらすじと感想

5巻 フッてしまった吉ヶ別府から深川が話していたことを聞かされるあいな

あいなは深川が彼女が作るつもりはないと言っても、なぜかホッとしてしまう自分がいることに気づいた

深川と食事した後であいなは深川と公園へと行くと、仕事を休んでいた間のことを謝ると、深川は気にしすぎだと言ってくれた

そしてあいなは深川から手を見せて欲しいと求められると、ついドキドキしてしまい…

翌日、深川は職場へと行くと、ついあいなが気になってしまった

そんな中で吉ヶ別府は、あいなの地元の温泉旅行を企画していたが、深川はなぜか行かないと言い張っていた

あいなは仕事を終えてえつこに深川のことを話していたが、深川は吉ヶ別府にあいなのことを聞かれていて…

あいなは梅雨の間は深川にも社員旅行に来て欲しいと思いながら働いていたが、社員旅行当日になると、なんと深川も急きょ参加していた

しかしあいなは運悪く生理が来ていて、ガマンしながら地元なので旅行案内していたが、ヤバい状況になると深川がさりげなくフォローしてくれていた

温泉宿に到着すると、生理なので部屋風呂で済ませていたあいなは、偶然吉ヶ別府が自分のことが好きだと町田や深川に話しているのを聞いてしまい…

深川の言葉を聞いて落ち込んでしまったあいなは、翌日とうとう吉ヶ別府にコクられてしまった

それを断ったあいなは、自分には好きな人が…

吉ヶ別府は一人で実家に帰っていたハズのあいなが、同級生だった子に結構酷いことを言われているのを目撃してしまったが、その時に見せた作り笑いが自分に見せた笑顔と同じだと気づいてしまった

それからあいなに声をかけた吉ヶ別府は、あいなが好きな相手は誰なのかいうと、あいなが聞いてしまった会話のその後を話し…

あいなは深川が誰かと付き合うつもりがないと言っても、他の誰かがいる訳ではないので気持ち的には少し余裕が出来てきたみたいです
でもやっぱり深川のことは気になるみたいですが、深川もあいなのことがかなり気になる存在になってきています

そんな中で吉ヶ別府もあいなに好意を持っていて、それを知った深川はやっぱり焦っていますね
吉ヶ別府はあいなにコクっていましたが、やはりあいなは深川のことが好きなので断っていました
当然、吉ヶ別府も落ち込んでいましたが、深川が自分の知らないあいなの表情をたくさん知っていたので、諦めがついたのではないかと思います

あいなも深川が話したことを吉ヶ別府から聞いていたので、これで二人の仲はさらに急速に接近していきそうですが、どうやら今の生活環境はまた変わってしまいそうです
それによって二人の関係がどうなっていくのかはまだ分かりませんが、えつこも一気に結婚を決めてしまっていたので、あいなもゴールインできればいいですね

⇒まんが王国で無料試し読み

⇒4巻までのお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」