サイコパス彼女と崩壊する僕の日常 1巻 ~イジメっ子のアキラたちにボコられた優真にナイフを渡し首を切って殺すようにいうサイコパスな響子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「サイコパス彼女と崩壊する僕の日常」1巻の簡単なあらすじ

アキラたちにイジメられる優真

優真はヤンキーなアキラたちにイジメられていた

アキラは優真に5万円を持ってくるように要求していたが、優真は母親の財布から2万円しか持ってこれなかった

それでアキラたちは優真をボコり、最後に腹に根性焼きを入れてしまった

その上アキラは優真に水たまりの水を飲むように要求してきたが、底辺の優真はそれに逆らえずに水たまりの水を飲んでしまった

 

トイレに駆け込んだ優真は飲んだ水を吐き出し出てくると、そこには教師の須貝がいた

優真は女子生徒に人気のある須貝に苦手意識を持っていたが、思わず助けて欲しいと呟いた

しかし須貝は優真に制服の汚れを目立たないよう言っただけで、その場から去ってしまった

 

車に傷を入れている優真を見つける響子

響子はトイレに行くと、アキラの女のミカたちがアキラとヤったとか話していた

ミカたちの話をおしっこをしながら聞いていた響子は、ミカたちのつながりはウソのつながりだと思っていた

するとミカたちは聞き耳を立てていたと言って、響子に水をぶっかけてしまった

響子はトイレの中から出てくると、バケツを手にとり思いっきりミカを殴りつけ、血まみれになるまでボコボコにした

 

響子は普通といものが分からず、自分と同じ人なんていないと思っていた

しかし小学生のときに、ある男の子がニタニタしながら駐車場に停めてあった車に傷をつけていた

その男の子の笑顔が自分と同じだと感じた響子は、ずっとその男の子を捜していた

 

すると響子は、駐車場で鍵で車に傷を入れていた優真を見かけてしまった

優真のニタついた優真の表情を見た響子は、あの時の男の子だとすぐに分かった

響子は優真に声をかけると、優真は見られてしまったと思い逃げ出してしまった

そこにミカがアキラを連れてやってきたので、響子はアキラにボコられてしまった

 

逃げてきた優真に、母親が声をかけてきた

夕食のお弁当を渡した母親だったが、レジ打ちに呼ばれてしまった

店に戻ろうとした母親は、優真の制服の汚れを見つけたが、優真は転んだとウソをついた

笑顔で店に戻っていく母親を見ながら、優真は母親の財布から金を盗ったことに罪悪感を感じていた

 

⇒『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』の無料試し読みはコチラ👆

 

優真はヒエラルキーをぶっ壊せる人間だという響子

優真は夜の神社で、猫にエサをあげていた

するとどこからか泣き声が聞こえてきたので、優真は泣き声のするほうに向かった

一人の女の子がお地蔵様の前で泣いているのを見つけた優真は、その女の子に声をかけた

振り向いた女の子はなんと響子だったので優真は驚いてしまったが、逃げると余計に怪しまれると思い、そのまま話を続けた

響子は優真が心も体も傷だらけなはずだというと、シャワーを貸して欲しいと頼んだ

 

優真は響子を家に連れてくると、響子はいきなり制服を脱ぎだした

響子の体にはたくさんの痣が残っていたので、優真は思わず響子に抱きついてしまった

すると響子は優真を抱きしめ返したので、優真は互いに心が通じ合えたように感じてしまった

 

響子は優真に一緒にシャワーを浴びて、洗いっこしようと言いだした

しかしそんなことはできない優真は、自分の部屋に逃げ込んだ

アキラからの要求を思いだした優真は母親の部屋に行くと、金を盗もうとしたが3万円しかなかった

それでもなんとかアキラは許してくれるかもしれないと思っていた優真だったが、そこに裸の響子がやってきた

 

響子はお礼をするというと、いきなり優真におっぱいを触らせた

そして優真から精子の匂いを感じた響子は、自分は優真の仲間だからヤってもいいと言いだした

優真はどうして底辺の自分とヤれるのかというと、響子は自分のことを底辺だと思っているのかと聞いた

底辺の自分と関わらないほうがいいという優真に、響子はそんなヒエラルキーを優真はぶっ壊すことができる人間なのだと言った

 

優真にナイフを渡しアキラたちを殺すようにいう響子

響子に仲間だと言われた優真は、何か勇気が湧いてきた感じがした

しかし翌日になると、アキラに金が足りないと言われ、靴を口に突っ込まれてしまった

裸にされて金を奪われた優真は、母親の金を返すようにいうと、アキラたちは優真をマザコン野郎だと罵りながら蹴り上げた

そして明日は5万円持ってくるように言って、アキラたちは去っていった

響子はその様子を見ていたが、アキラの仲間の一人は何か殺気を感じてしまった

なぜなら響子は昔、自分をイジメた女の子の首を切って、殺してしまったことがあるからだった!

 

優真は自分が傷つけた車の持ち主が、須貝だと知ってバレるかもしれないと恐れていた

須貝は女子生徒からもらったチョコを投げ捨て、屋上にいた女子生徒のパンチラを見てヤルだけならいいと思っていた

そこにやってきたおばちゃん教師から、車に傷があると言われて、やっと車を傷つけられたと知った須貝は校内の人間がやったのだと思っていた

 

優真は制服を返しに響子のクラスへ行くと、響子は優真を他の教室へと連れていき、アキラたちにやられているのを見たと言った

やりかえせばいいという響子に、優真はそんなことはできないと答えた

しかし響子は優真の手にナイフを渡しながら、首を切れば簡単に殺せると言った

だが優真は底辺の自分にはそんなことはできないと叫ぶと、教室から出ていってしまった

 

⇒『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』の無料試し読みはコチラ👆

 

須貝の車に石を叩きつける響子

一人で歩いていた優真に、アキラたちはまた金を要求してきた

金はないと答えた優真は、謝るようにいうアキラに謝る理由はないと答えた

するとアキラは優真を殴り倒してボコろうとしたので、優真は逃げ出した

須貝を見つけた優真は助けて欲しいと言っても、車の傷のことしか考えていなかった須貝は、優真を助けてはくれなかった

 

優真は吐くまでボコられてしまい、朝の決意はなんだったのかと落ち込んでしまった

そしてフラつきながら駐車場へと行くと、そこには響子が待っていた

響子は優真の体の傷を確認すると、二人でお祭りをやろうと言った

そして近くにあった大きな石を拾い上げると、須貝の車に叩きつけた!

 

響子の行動に喜びを感じていた優真だったが、車の警報器が鳴り出したので、二人はその場から逃げ出してしまった

酷いことをしても笑顔な響子を見た優真は、何か夢の中にいるような気持ちだったが、車の近くに鍵を落としていたことに気づいていなかった

 

⇒『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』の無料試し読みはコチラ👆

 

「サイコパス彼女と崩壊する僕の日常」1巻を読んでみた感想

どうやら優真は、ずっと前から車に傷を入れて憂さ晴らしをしていたので、小さい頃からイジメられてばかりだったのでしょうね

そんな優真は響子に目をつけられてしまいましたが、響子はかなりヤバい奴のようです

小さい頃にイジメをしてきた女の子を殺してしまったようですが、その時はどうなったのでしょうか

何も警戒されていない所を見ると、捕まったりはしなかったようです

もしかするとあのお地蔵様の所で女の子は殺されてしまったのかもしれませんが、お地蔵様は3体あったのでもしかしたら殺したのは1人ではないのかもしれません

優真は最初はいきなり裸になってヤってもいいという響子に警戒心を持っていましたが、次第に響子に心を許しつつあるようです

このままだと響子のようなヤバい奴の仲間入りしてしまいそうですが、最後に須貝の車の近くに鍵を落としていたので、今度は須藤に目をつけられてしまいそうですね

 

>>『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』を実際に読んでみましょう!

 

-サイコパス彼女と崩壊する僕の日常
-,

© 2020 まんがコミック大好き日記