読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 16巻 第16条 吊るす者 吊るされる者(1) ~何のための死刑? のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

“あたし、知っちゃいました、シ村さんの過去”

知られてはいけない、永遠の咎はありますか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:100円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」16巻の簡単なあらすじ

 刑務官をしていた杉

シ村を後ろから突き飛ばし、驚かすミチル

シ村に、何か苦手なものはないかと訊ねてみるが

しかしシ村は、ある老人を見ていた

その老人は、シ村の知り合いの杉だった

杉に声をかけるミチル

ミチルは、シ村のことを教えてほしいと言った

 

杉は刑務官をしていた

巡回で死刑囚達を見て回る

死刑囚の中には市村がいた

だが杉は、市村からは人間臭さを感じなかった

 

杉は課長に、死刑囚の沼尻に

小鳥をかわせてはどうかと提案した

同僚の松田は、そんなものはいらないと主張するが

課長は、所長に自分から提案すると言ってくれた

 

沼尻に襲われる杉

杉は松田が、死刑囚をゴミのように思っていることに

不満を持っていた

歩いていると野菊を見つけた杉は

沼尻にその野菊を持っていった

だが、野菊を見た沼尻は、混乱して暴れだした

そして杉の首を絞め始めた

そこに他の刑務官がやってきて、杉は何とか殺されずに済んだ

 

それでも杉は、怒られながらも沼尻をかばった

松田は、沼尻の犯した犯罪を話す

そんなやつから、自分の家族が殺されても

人間だと言えるのかと言った

言えると答える杉だったが

課長は杉に、本来の職務を忘れるなと言った

 

死刑執行命令

沼尻は、杉を見つけると乱暴を働いたことを謝った

杉は、沼尻に何かやってみないかと言ってみた

しかしついに沼尻に、死刑執行命令が出てしまう

そして杉は、その執行担当者になってしまった

 

杉は、担当者になったことで落ち込んで歩いていた

その杉に声をかける市村

執行命令でも出たのかと聞く

怒り出した杉に、分かりやすい人だと言う市村だった

 

沼尻が死んでも、殺された人は戻ってこない

そう思うと、一体何が正しいのかと思ってしまう杉だった

 

「死役所」16巻を読んでみた感想

とうとう生前の市村が登場しました

死刑囚の時には、もうすでに今のような感じになっていましたね

まだ、どうして死刑になったのかは不明です

沼尻の死刑執行担当者になってしまった杉は

かなり動揺しています

きちんと職務を、果たすことができるでしょうか

でもやっぱり、相手が死刑囚だと言っても

松田のように、ゴミのようにに扱うのは

やはりちょっと、違和感を感じてしまいますね

この後、どうなるのか目が離せませんね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.