読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

一日千秋 4巻 ~子どもを産まないなんて、女として… のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

――避妊しなければ子供なんて、すぐできると思ってた――

34歳の翔子(しょうこ)は結婚7年目子供なし

友人が2人目の出産の話をしている中、不妊治療を続けている

夫は優しく協力的だが、周囲の妊娠、義母からのプレッシャー

期待と落胆の繰り返しに

「子供が欲しいと願っているだけなのに…なんで私には叶わないの・・!?」

と焦りや不安が募り…

妊娠、出産、家族・・・普通の幸せとは一体何なのか――?

30代女性のリアルとその周りを取り巻く人々の恋焦がれる想いを描く!

一日千秋

作者:森脇葵

価格:150円(税抜き)

 

『一日千秋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアのまんが王国で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『一日千秋』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「一日千秋」4巻の簡単なあらすじ

 検査の結果

検査の結果は、精索静脈瘤による乏精子欠乏症だと診断された

妊娠を望んでいるのであれば、早い段階での治療を勧められる

翔子は自分だけが原因でなかったと知り、少しホッとした気持ちになった

裕真は、自分のせいで2年間翔子を苦しめてきたと思った

お互い、これからどうしたいのだと思っていた

 

帰宅した裕真は、翔子に苦しい思いをさせてきたと謝った

泣き出した翔子を抱きしめ、いろんなことを一緒に分かち合おうと裕真は言った

 

孫の話をする裕真の母

裕真の父の還暦のお祝いのため食事する二人

だが裕真の母は、また孫の話をしだした

翔子に病院へいくように言い出したので、裕真はそれを止めた

裕真の父は、自分たちのことは気にせず、

2人のペースで、やっていきなさいと言ってくれた

 

隣の席の赤ん坊を、裕真の母は抱かせてもらう

孫を抱きたいという気持ちは、親として当然だと翔子は思った

翔子も赤ん坊を抱かせてもらうと、赤ん坊は泣き出してしまった

裕真の母は、抱き方が違うと分かっていると話す

その言葉が、翔子には痛くて辛かった

 

自分に原因があると母に言う裕真

裕真の母の友人に、また孫ができた

それで裕真の母は、翔子に病院へいくように言い出した

子どもを産まないなんて女として…

そう言い出した母を、裕真は止めた

そして、子どもができない原因は、自分にあると言った

 

「一日千秋」4巻を読んでみた感想

裕真の母は、周りの友人に孫ができて焦っています

気持ちは分かりますが、やはり言い過ぎでしょう

そんな母に、キチンと自分に原因がある裕真

こんな状況で、キチンと言えない男性も多いことでしょう

この先いろいろあっても、やっぱりキチンと言ってくれたことで

良い方向へ、向かっていくのではないかと思います

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『一日千秋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『一日千秋』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『一日千秋』を実際に読んでみましょう!

 

-一日千秋

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.