恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 9巻 ~正式に付き合うことになった朱里と浩之 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」9巻の簡単なあらすじ

カナダへ戻ることになった京子

清治は、びしょ濡れの朱里を

自分の部屋に連れ込んだ

そして落ち込んでいた朱里に

京子に何か、言われたのかと訊ねた

 

朱里は、浩之は京子のところにいて

二人の関係は、まだ終わっていないと言った

浩之の背中を押してあげたという朱里に

清治は、どうしてそんな余計なことをしたのかといい

ほっとけばいいと言った

しかし朱里は、自分も浩之に

背中を押してもらったので

男性を、信用できるようになったのだと言った

 

清治は朱里に、二人が縒りを戻したら

どうするのかというと、朱里は浩之が

決めることだと答えると

清治は突然、朱里を抱きしめた

 

京子は、カナダで仕事をすることになったので

引っ越し準備で、ホテルに泊まっていた

京子は、指輪のことを浩之に話すと

浩之は、京子が海外に行くと知って

淋しかったと答えた

京子は、浩之が本気でつき合えないことに

触れなかったことが間違いで

もっと本音を、ぶつけ合うべきだったと言った

そして自分の知らない浩之の一面を

知っている朱里を、特別扱いしていたのが

ようやく分かったと言った

 

清治は、自分ではダメなのかと言って

朱里にキスをしようとした

しかし朱里は、浩之が好きだと言って

受け入れられないと答えた

清治は、浩之が戻らなかったら

どうするのかと聞いたが

朱里はそれでも構わないが

浩之が帰ってきたら

そばにいてあげたいと答えた

 

家を出ようとする朱里を引き止めた浩之

帰宅した浩之を、朱里は出迎えた

朱里は、浩之のそばにいたいと言ったが

浩之は、また自分はダメだと言い出した

自分のようになって欲しくないという浩之に

朱里は浩之を抱きしめ、なんと言われても

離れないと言った

そう言われた浩之は、思わず泣き出してしまった

 

目が覚めた浩之だったが

なぜか朱里は、家を出る支度をしていた

居候は嫌だという朱里の言葉に

浩之は、起こって好きにしろと言った

しかし浩之は、本当に朱里が

出て行こうとすると引き止めようとした

朱里は、ちゃんと言葉で言って欲しいと言った

浩之は、ここにいるように言うと

二人は抱き合ってキスをした

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の無料試し読みはコチラ👆

 

早漏してしまった浩之

浩之は、何事も完璧にしようとして

すべてのものにこだわりを見せた

お風呂上がりの浩之は

まだお風呂に入っていない朱里に

セックスを求めてきた

洗濯物を持っていた朱里だったが

その中にあった清治の服を

浩之は見つけてしまった

 

借りた状況を聞いた浩之は

朱里をベッドに押し倒し

馬乗りになって、前戯もなく挿入した

そして浩之は、朱里はもう

自分のものだと言うと

朱里は、うれしくて泣き出してしまった

 

浩之に抱かれるのが、夢みたいだと朱里が言うと

浩之は、押し倒した自分はただのバカ男だと言った

もっとバカな男になってほしいです

そう言われた浩之は、激しく腰を動かし始めたが

すぐにイッてしまった

 

初めて出来た友だち

浩之の早漏を、上手くフォローできなかった朱里は

会社でガールズトークをしていた女性たちに

中に入れて欲しいと言った

しかし一人の女性が、朱里は経験豊富で

男の悩みなんてないと言ったので

朱里は、あまり経験がないと答えると

引かれてしまったので

朱里はその場から、逃げてしまった

 

しかし吉野が追いかけてきて

自分も、偏見を持たれていたと言った

自分からアピールしないと

会社の中で孤立してしまうと、吉野は話し

自分から話しかけたのは

いいことだと言ってくれた

 

浩之をデートに誘う朱里

帰宅すると、また浩之が求めてきた

しかし浩之が、いろんなテクを使っても

朱里はなかなか、イッてくれなかった

気まずくセックスが終わったことを

悩んでいた朱里に、また吉野が声をかけてきた

朱里の話を聞いた吉野は

デートに誘ってみればいいと、アドバイスした

 

また家に帰ると、浩之は

セックスを求めてきた

朱里は、いつもHばかりなので

今度は、デートをしようと浩之に言った

 

⇒『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』の無料試し読みはコチラ👆

 

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいーの続きはコチラ👇

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 10巻 ~普通の恋愛ができないという浩之を抱きしめる朱里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」9巻を読んでみた感想

浩之は、京子とキチンと本音を言えたので

やっと朱里ともつき合えるようになりました

でもいろんなことにこだわりのある浩之と

つき合っていくのは、大変そうですね

朱里は、吉野の助言もあって

セックスばかり求めてくる浩之に

デートをしようと求めました

朱里は当然、初めてのデートで

始めはたどたどしいでしょうが

浩之はどうなんでしょうね

いつもセックスばかりなので

意外と上手に、リードできない可能性も

あるかもしれませんね

二人の初めてのデートがどうなるのか

とても気になってしまいますね

 

>>『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』を実際に読んでみましょう!

 

-恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー

© 2021 まんがコミック大好き日記