君に愛されて痛かった 1~5巻 ~一花に寛と抱き合っているところを目撃されいじめられるようになったかなえ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『君に愛されて痛かった』1~5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

「君に愛されて痛かった」1~5巻の簡単なあらすじ

いじめられることを恐れるかなえ

ワイドショーで、一人の男子高校生の逮捕のニュースが流れた

血まみれで倒れていた女子高生は、警察に捕まった男子高校生を見て、自分はただ好きだっただけなのにと思っていた

かなえはカラオケに誘われたが、話を聞いていなかった

そこに二人の女子生徒が自分たちの席だと言ってくると、一花はうるさいブスだと罵った

一花たちに同調を求められたかなえは、みんなに合わせろと心の中で言い聞かせ、その女の子を同じように罵った

すると一人の女の子は、泣き出してしまった

かなえは、中学時代はいじめを受けていた

それで高校に入ったかなえは、いじめられないように周りに合わせていたのだ

寛との出会い

かなえがカラオケに行くと、高校野球で活躍している寛が来ていた

場慣れしている他の子たちを見て、そこが上流階級の社交場に見えてしまった

だがその場に馴染めないかなえは、一人ジュースを取り行くと、そこに寛も手伝いにきてくれた

かなえはその場に馴染めないので帰ることにしたが、寛も自主トレだというとかねえを追いかけていった

そしてかなえは追いかけてきた寛に声をかけられたが、寛がラインをしている間に逃げ帰ってしまった

そして誰かに必要とされたいと思ったかなえは、援交へと向かった

寛に援交現場を見られてしまったかなえ

おっさんと援交セックスしていたかなえは、自分が必要とされていると感じていた

かなえは援交を終えて、おっさんと手を繋いで歩いていると、寛に目撃されてしまった

寛はかなえを神社へと連れてくると、かなえは援交をやるのは自分の勝手だとブチ切れてしまった

だが寛はかなえのやっていることはおかしいと叫ぶと、かなえに自分を大切にするように言ってくれた

そんなことがあったかなえは死ねと連呼しながら、自宅に帰ってきた

すれうと母親はからは呆れられ、弟からも罵られてしまった

かなえは、寛に援交のことをバラされないか心配していた

そんなかなえに、先輩にボコられた鳴海が声をかけてきた

事情を話すと鳴海は様子を見るしかないというと、何かあったら自分に相談するように言った

一花たちに寛とヤッたと責められるかなえ

かなえは学校に行くと、援交のことはバレてなかった

しかし一花は、寛とヤッたのかと大声を上げて聞いてきた

一花がそんなことを聞いてきたのは、寛は一花にかなえの連絡先を聞いてきたからだった

一花は寛とヤッたと勘違いしている様子だったので、かなえはしていないと答えた

すると一花は、自分のお願いを聞いて欲しいとかなえに言ってきた

一花に寛と抱き合っているところを目撃されるかなえ

早速一花は、寛を呼び出した

すると寛は一花とかなえにジューズを買ってあげると、一花はブリブリしながら喜んだ

そして一花は、あの時の神社に寛を連れていった

神社にやってきた3人は、絵馬に願い事を書いた

かなえは必死に、寛と目を合わさないようにしていた

そして3人は、願い事をして別れた

一人になったかなえはまた援交がバレれるかも知れないと恐れ、寛に謝らなかった自分は最低だと思って頭を抱えてしまていた

かなえたちと別れた一花は、次はいつ寛と会えるだろうと思って歩いていた

するとなんと、かなえと寛が抱き合っているのを目撃してしまった!!

寛の前でゲロってしまうかなえ

寛たちと別れたかなえは、頭の中が自分を責める言葉でいっぱいになっていた

そんな状態のかなえに寛が追いかけてくると、仲直りしようと言ってくれた

しかしかなえの頭の中では、寛が死ねという言葉が聞こえていた

すると突然、かなえは吐いてしまった

吐いてしまったかなえは、寛に必死にごめんなさいと謝りだした

そしてかなえは、自分はいい子になるから嫌いにならないでと叫んでしまった

そんなすると寛はかなえを抱きしめ、大丈夫だと言って落ち着かせてくれた

それでようやく落ち着いたかなえは、また寛にごめんなさいと謝ってしまった

そんなかなえに、寛はそこはありがとうだと言った

寛のいう通りにかなえがありがとと言うと、寛はかなえの頭をポンと撫でてくれた

それでまたかなえは、泣き出してしまった

かなえはそんな出来事を鳴海に話していたが、どう見ても鳴海は不機嫌そうにかなえの話を聞いていた

かなえは、援交以外で男の人に初めてやさしくしてもらったと話して鳴海と別れたが、鳴海は自分もかなえに優しくしているとつぶやいていた

始まった一花たちのいじめ

しかし翌日、かなえが学校へ行くと、一花たちの無視が始まった

一花はかなえと寛が抱き合っている様子を写真に撮り、他の子たちに送っていたからだった

一花たちはかなえののことを信用できない、最低な奴だと罵った

そしてとみ子は、かなえの机の中にゴキブリのおもちゃを大量に入れていた

それで早退してしまったかなえを、一花は卑怯者だと言って罵っていた

里虹は一花に抱きつくと、自分たちは一花を裏切らないと言った

そして瑠奈やとみ子も、一花を応援すると言ってくれた

それで一花は、以前一人になってしまったことを思いだすと、泣き出してしまった

両親に呆れられてしまう一花

一花は帰宅すると、両親に寛が好きになったと話していた

そしてかなえに邪魔されていると話したので、父親はかなえと仲直りしたのかと聞いてきた

しかし一花は、明日から無視しまくってやると言ったので、父親はちゃんと話し合ったほうがいいと忠告した

すると一花はかなえは裏切ったのだとキレてしまい、自分は悪くないと言い張ったので、両親は呆れてしまった

君に愛されて痛かったの続きはコチラ👇

「君に愛されて痛かった」1~5巻を読んでみた感想

寛は、一花には全く関心がないようです

かなえはまだ寛とは付き合う気持ちはない様子ですが、どうやら寛はかなえのことが気になっているみたいです

かなえがゲロってしまって混乱していたので寛は抱きしめ介抱していたところを、一花に目撃されてしまいました

一花は二人が抱き合っているところを目撃してしまい、かなえは裏切ったのだと勘違いしてイジメるようになってしまいました

どうやらかなえは以前いじめられていたこともあってか、家庭内でも上手くいかなくなったようです

一花たちからイジメられるようになってしまったかなえはこれからどうなってしまうのか、とても心配になってしまいますね

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

金魚妻

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

2021年Netflixにて実写ドラマ化。『復讐の未亡人』の黒澤Rが描く、4人の悩める妻たちによる禁断の不倫愛。累計部数220万部を突破。

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-君に愛されて痛かった
-,