私の顔にさようなら 11巻 ~顔に大やけどを負った梓紗と梓巳 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『私の顔にさようなら 』11巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『私の顔にさようなら』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「私の顔にさようなら」11巻の簡単なあらすじ

梓紗を転院させる桐生

梓紗と梓巳の双子の姉妹が

顔に大やけどを負って

病院へと運び込まれた

だがそこに、桐生がやってきて

梓紗だけ、転院させることになった

 

佐賀出張となった央々

央々は異動してきて1ヶ月で

佐賀へ長期出張となった

父親は、央々が独り暮らしするのも

反対したので、佐賀出張のことは

伏せておくことにした

 

工房取材を始めた央々は

バスで山奥へやってきたが

そこにわかくさ園という

児童養護施設があった

また工房で、取材をした央々だったが

長居してしまって夜になり

バスも終わってしまっていた

 

顔に火傷の痕のある女性

歩いて帰ろうとしていた央々だったが

そこに顔の半分に、火傷の痕がある

女性を見てしまった

驚いた央々は、思わず足を滑らせ

崖から落ちてしまった

 

央々が、目を覚ますと

そこは児童養護施設だった

助けてくれたのは、あの顔に

大やけどの痕のある女性だった

 

その女性は、顔に火傷の痕があるので

この施設で生きていくしかないと言った

その話を聞いた央々は

自分も施設育ちだと話し

施設にいた、13歳までの記憶が

ないのだと告白した

 

その女性も、同じように

13歳で施設に入ったと言って

奇遇だと言った

火事で両親を失ったが

妹は生きているだろうと言ったが

その時のその女性の顔は…

 

央々を送る梓巳

帰ろうとする央々を

その女性は送ると言った

そこに所長の遠田がやってきた

その女性が央々を送るというと

遠田は、火傷の痕が残る顔では

相手が具合が悪くなるだけだと罵った

 

遠田は、央々の名刺を見て

驚きの表情を見せた

して車に乗った央々に、火傷の女性は

梓巳だと名乗った

 

⇒『私の顔にさようなら』の無料試し読みはコチラ

 

私の顔にさようならの続きはコチラ👇

私の顔にさようなら 12巻 ~央々の部屋に残された謎の脅迫文 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「私の顔にさようなら」11巻を読んでみた感想

どうやら央々は、梓巳の妹の

梓紗みたいですね

どうして桐生は、火傷を負った

梓紗と梓巳のうち、梓紗だけを連れて行き

整形したのでしょうね

顔に火傷の痕が残った梓巳は

どうやら梓紗に怨みを持っているようです

遠田は央々が、梓紗だと知っているようですね

まだ梓巳は央々が、妹の梓紗だと

気づいていませんが

知ってしまったら、どうするんでしょうね

 

>>『私の顔にさようなら』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『私の顔にさようなら』を実際に読んでみましょう!

 

-私の顔にさようなら

© 2020 まんがコミック大好き日記