もう、止まらないからここで… 1~5巻 ~8歳年下の海都とまらない沙耶 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『もう、止まらないからここで…』を1~5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『もう、止まらないからここで…』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『もう、止まらないからここで…』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『もう、止まらないからここで…』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「もう、止まらないからここで… 」1~5巻の簡単なあらすじ

8歳年下の大学生の海都に恋する沙耶

27歳の沙耶は、アパレル店の店長をしていた

帰る前に、なぜか化粧をするのには理由があったのだ

 

沙耶が帰宅すると、いつものように弟の裕太の友だちが家に集まっていた

その中の一人、19歳の海都に沙耶は恋をしていた

 

沙耶は海都と一緒に料理を作っていたが、海都は前髪が邪魔そうだった

それで海都の髪にヘアピンをつけてあげると、海都の顔が間近にあったので、沙耶は顔を真っ赤にして照れてしまった

 

しかしまだ海都は大学生で年の差8歳

自分の周りはもう結婚して子どもができていた

 

お風呂で海都とエッチしてしまう沙耶

海都のアソコを触る夢を見た沙耶は、お風呂に入ろうとした

すると海都は、お風呂で寝てしまっていてぐったりとしていた

慌てて海都を起こしたが、沙耶は丸裸だった

 

沙耶が大声をあげたので、寝ていた裕太がやってきてしまった

そして海都は、自分の体で沙耶を隠した

沙耶の腰に海都の固いアソコがあたった

思わず沙耶が振り向いたので、海都は顔を赤くしてしまった

歯磨きをしていた裕太は寝てしまったが、その頃、海都は沙耶を可愛すぎだと言ってバックから突いていた

 

海都は沙耶にキスをしてアソコを舐め始めた

沙夜は自分を見て発情して欲しいというと、二人はそのままイってしまった

 

ピチピチ大学生の結を見て諦めようとする沙耶

仕事中も海都とセックスしたことで頭がいっぱいだった

そんな沙夜は、店員のナミから生足ショーパンを勧められた

家に帰宅すると、海都たちの他に同級生の結も来ていた

沙夜は、本物の大学生でピチピチな肌と健康的でキレイな足の結が輝いて見えた

 

沙夜が料理を作っていると、また海都が手伝いにきた

しかし沙耶は、海都に結のところへ戻るに言った

いいのかという海都に、沙耶はこの前はただ気分が盛り上がっただけだと言った

 

裸足で海都を追いかけ好きだという沙耶

その言葉を聞いた海都は、結を連れて家を出て行った

これでいいんだと思い込もうとした沙耶だったが、やはり海都の顔が思い浮かんでしまった

そして沙耶は、裸足で海都を追いかけた

 

海都に追いつくと沙耶は、結と仲良くしないで欲しいというと、海都が好きだと叫んだ

すると海都は沙耶をお姫さま抱っこして、沙耶を確保したと言った

そして沙耶を自分の部屋に連れていって足を洗ってあげた

 

年上でいいのかと聞く沙耶に、海都は今の沙耶が好きだと言った

その言葉で、沙耶の悩みは一気に流されていった

 

⇒『もう、止まらないからここで…』の無料試し読みはコチラ

 

バイトで離れた海都を追いかけプールに行った沙耶

夏になって海都は友だちの龍宇の紹介で、リゾート地のプールでのバイトすることになった

2ヶ月会えないと嘆いた沙耶だったが、裕太が勝手に海都のいるリゾート地に行くことを決めた

 

海都のいるプールへと行くと、逆ナンされていた海都を海都の教育係の真帆が彼女だといって助けていた

龍宇は真帆が海都を狙っていると言うので、それから海都を見ていると、確かにいつも真帆は海都と一緒にいた

 

休憩室で海都とエッチする沙耶

そんな沙耶は、男二人にナンパされてしまった

そこに海都が現れ、ナンパ男を追い払った

海都は別のプールへと沙耶を連れていき、沙耶を抱きしめた

そして海都は沙耶の体を触りだしたが、沙耶が周りの人を気にしたので、海都は沙耶を休憩室へと連れて行った

 

海都は沙耶が欲しくてたまらないというと、おっぱいを舐めてキスしながらアソコを触った

沙耶は恥ずかしいくらい濡れていたので、海都は限界だと言って沙耶に一気に挿入した

 

真帆から責められてしまう沙耶

沙耶は龍宇から海都がケガをしたと聞いて、医務室へと駆けつけた

そこにいた真帆から、沙耶とセックスしていたせいで海都はお昼を食べれなかったので、フラついてケガをしてしまったというのだ

真帆はそんなことも気づけなかったのかと沙耶を責め、沙耶が彼女で海都はかわいそうだと言った

 

待てない沙耶と海都

家で落ち込んでいた沙耶だったが、そこに海都がやってきた

バイトは休みなので、急いで沙耶に会いに来たというのだ

 

沙耶は海都に謝ったが、海都は自己管理ができてなかっただけだと言った

そして海都は、自分の家までの7分が待てないと言った

しかし沙耶は、自分は1秒も…

 

⇒『もう、止まらないからここで…』の無料試し読みはコチラ

 

千世たちに海都を紹介できない沙耶

沙耶は大学時代の友だちの千世とくれ葉との女子会を、海都がバイトしている店ですることにした

いきなり千世は、彼氏ができたといって結婚前提で付き合っていると話し出した

その相手は、会社の上司だったが8歳も年上だというのだ

しかしくれ葉は、年上ならいいが8歳年下だったらアウトだと言ってしまった

 

そこに海都が、料理を持ってきた

海都が沙耶の彼氏だと言おうとしたが、沙耶は弟の友だちだと言ってしまった

それで海都は沙耶を見ないで、そのまま部屋を出ていってしまった

 

沙耶は海都の謝るために席を立った

しかし海都に声をかけても、海都は他人行儀な態度をとった

それで自分を見てくれない海都を、沙耶はその場で押し倒してキスしてしまった

しかし海都は沙耶を引き離し、仕事中だと言って去っていった

 

やっと海都を紹介できた沙耶

沙耶が部屋に戻るとくれ葉は、海都に彼女はいるのかと聞いた

そこにまた海都がやってきたので、くれ葉は海都に彼女はいるのか聞いた

海都は8歳年上の彼女かいると答え、その相手は可愛いといってくれた

 

そんな海都を見ていた沙耶は、海都の手を握り付き合っているとくれ葉と千世に、告した

しかしもう二人は、沙耶が海都と付き合っていると気づいていた

そして二人は、沙耶と海都の交際がうらやましいと言ってくれた

 

酔い潰れた沙耶を、海都は部屋へと連れて帰った

すねていたことを謝った海都は、沙耶にいけない場所でも止められないと言った

海都の澄んだ目で求められた沙耶は、イケないことを…

 

元カレ岡田に敵対心を燃やす海都

千世がデキ婚することになって、沙耶は千世の結婚式に参列することになった

その結婚式には、沙耶の元カレの岡田も来るというのだ

 

海都と結婚式に参列した沙耶に、岡田が声をかけてきた

前と違って素敵な大人の雰囲気の岡田を見て、沙耶は思わず顔を赤くしてしまった

 

だがそこに海都が割り込んできて、沙耶の彼氏だと名乗った

岡田はもう二人は結婚間近だと言うと、沙耶は思わず海都は19歳で結婚なんてありえないと言ってしまった

驚く岡田に海都は19歳でも結婚はできるというと、沙耶から離れてしまった

 

岡田に沙耶は渡さないという海都

沙耶は海都に謝ろうと思っていたが、そこに岡田がまた話しかけてきた

岡田は海都に沙耶を借りるというと、海都はアッサリOKしてしまった

沙耶はさっきは守ってくれたのにと思ってしまい、泣き出してしまった

 

そんな沙耶に、岡田は無理して海都と付き合っているのではないかと言った

そして岡田はもう一度やり直そうと言い出した!

そこに現れた海都がいきなり沙耶にキスをした

岡田に海都は、沙耶は渡さないというと、沙耶を連れて外に出ていった

 

海都は自分がガキみたいだったというと、5分も耐えられずにあんなことをしてしまったと話した

そして急いで沙耶を幸せにできる男になるという海都に、沙耶は今の海都が好きだと言った

沙耶にキスをされた海都はヤル気になってしまい、その場でエッチをし始めてしまった

 

⇒『もう、止まらないからここで…』の無料試し読みはコチラ

 

沙耶を庇って足を痛めてしまった海都

沙耶は海都と、スノボ旅行にやってきた

しかし運動神経がない沙耶は、すぐに転んでしまった

すると海都は、男が寄ってこないようにマーキングだと言って沙耶にキスした

そして海都は、スノボもヤバすぎるくらい上手かった

 

しかし海都に近づいた沙耶は、足を雪にとられ倒れようとした

それを海都が受け止めたがその際足を痛めてしまった

 

星でいっぱいの夜空を見せる海都

部屋で安静にしていた海都に沙耶は謝った

しかし海都は気にしていないというと、メインイベントだと言って窓のカーテンを開けた

すると夜空にいっぱいに星々が広がっていた

海都は小学生の頃にここにやってきて、この星空を見て感動したのだ

そして大好きな子ができたら、この星空を見せてあげるつもりだったと言った

 

感動して涙を流す沙耶に、海都はキスをしてソファに押し倒した

しかし沙耶は外のベランダなので丸見えだと言った

海都は、見ているのは星だけだというと、沙耶にキスをしてアソコを触った

 

海都を満たしてあげる沙耶

沙耶はアソコを舐められながら、海都がどうしてこんなに自分を愛してくれるのだろうと思った

すると海都は沙耶に挿れようとしたが、足に痛みを感じてしまった

 

それで沙耶は海都に座るようにいうと、海都にまたがり自分から挿れた

そして沙耶は今日は自分に任せるようにいうと、激しく腰を動かし始めた

 

海都はスゴく気持ちいいといってとろける表情を見せた

海都の表情を見た沙耶は、どうして海都がいつも自分をいっぱい愛してくれるのか分かった

そして沙耶は、今日は自分がこの星空のように海都を満たしてあげようと思ったのだった

 

⇒『もう、止まらないからここで…』の無料試し読みはコチラ

 

「もう、止まらないからここで…」 1~5巻を読んでみた感想

やはり8歳年下のうえに海都はまだ大学生なので、沙耶は最初はためらってしました

ようやく付き合い始めましたが、他の人にはやはり彼氏だと紹介するのをためらっていますね

本人たちはよくてもやはり学生と付き合っていることを、よくないと思ってしまう人もいるので、沙耶がそれを心配するのは仕方がないことだと思います

でもなんだかんだで二人の交際は続いているので、これからも上手くいって欲しいですね

 

>>『もう、止まらないからここで…』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『もう、止まらないからここで…』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『もう、止まらないからここで…』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『もう、止まらないからここで…』を実際に読んでみましょう!

 

-もう、止まらないからここで…
-,

© 2020 まんがコミック大好き日記