社畜と少女の1800日 1巻 ~仕事の疲れが極限まで溜まって優里に怒鳴ってしまう将彦 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『社畜と少女の1800日』を1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『社畜と少女の1800日』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「社畜と少女の1800日」1巻の簡単なあらすじ

突然やってきた女子中学生

社畜の将彦は、いつも会社どまりで久々に家に帰ってきていた

そこに玄関のチャイムが鳴ったのでドアを開けると…

女子中学生が立っていた!

 

その女の子は母に言われて、将彦の家にやってきたと言った

女の子の母は将彦の同級生で美人で、スクールカーストでは上位の人気者の里美だった

 

里美とは半年前に偶然街で再会したが、ちょっと話をしただけだった

将彦はその女の子を部屋の中に入れて、事情を聞いた

女の子は頼れる親戚もなく、家ももうないという女の子を見て、育児放棄されたのかと将彦は思った

 

始まった優里との同居生活

夜も遅いので、将彦はとりあえずその女の子を泊めることにした

家の鍵のことを話そうとすると、女の子は着替え中だった

しかし女の子の肩には、大きな痣があった

慌てた将彦は、着替えを終えた女の子に家の鍵を渡した

 

女の子が目覚めると、将彦はもう会社へ出かけていた

仕事をしていた将彦にディレクターの桐谷が、会社に泊まっていたと言って声をかけてきた

 

仕事を終えた将彦だったが、まだ女の子は家にいた

部屋に入るとキレイに片付いていて、女の子が料理を作ってくれていた

将彦は役所に行ったほうがいいと言ったが、女の子は泣きながら土下座して自分の将彦の部屋に、置いて欲しいと懇願してきた

それで将彦は、しばらく女の子を預かることにした

 

女の子は自分の通帳を渡そうとしたが、将彦はそれを断った

会社に出かけようとする将彦は、お父さんみたいだと女の子は言った

将彦は女の子の名前を聞いていなかったので訊ねると、女の子は優里だと名乗って将彦を見送ってくれた

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

風邪をひいてしまった優里

将彦は会社で桐谷から、彼女でもできたのではないかと言われた

帰宅した将彦は、1部屋を優里の部屋にした

お礼を言う優里に、将彦はお小遣いをあげようとしたが、優里はそれを断った

 

徹夜で仕事をした将彦は朝帰りになったが、帰り道で優里が新聞配達をしているのを見つけた

早く大人になりたいという優里だったが、将彦はそんなに焦らなくてもいいのにと思いつつ眠った

 

また桐谷から、将彦は変わったといわれた

結婚している桐谷だったが、徹夜で欲求不満の桐谷は将彦にキスをしてHをしようと迫った

将彦も仕事ばかりで欲求不満だったので、最後はバックで激しく突いて二人ともイッてしまった

 

また仕事で朝帰りをしていた将彦は、風邪をひいてフラフラしながら新聞配達をしている優里を見つけた

帰宅して将彦は、優里には学校を休んで一日家で休むようにいうと、連絡用にスマホを渡した

 

仕事をしていた将彦だったが、優里のことが心配だったので早退すると話すと、桐谷たちから驚かれてしまった

買ってきたレトルトのおかゆ食べながら、優里は初めて看病してもらったというと、目に涙を浮かべながらお礼を言った

 

優里たちと買い物に行った将彦

いつも終電帰りだった将彦は、家で爆睡していた

そこに姪の梓がやってきた

梓は優里を見て、ロリコンのド変態野郎というと、寝ていた将彦を蹴り自首しようと言った

 

梓は優里から事情を聞いて、ようやく納得してくれた

そして3人で、買い物に出かけることにした

買い物をしていた優里に、将彦は優里用のスマホを渡した

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

子ネコも預かることになった将彦

優里は新聞配達をし終えて家に向かって帰っていたが、そこで子ネコを見つけた

雨が降ってきてその子ネコの心配な優里は、その子ネコを連れ帰った

 

将彦が帰ってきて、子ネコを見つけた

しかたがないので将彦は里親が見つかるまで、その子ネコの面倒をみることにした

 

しかし半月経っても、里親が見つらなかった

将彦は優里にあまりなつくと別れがつらくなると言ったが、子ネコが将彦を見つめて鳴いた

それで将彦は頬ずりしながら、里親が見つかるまでだと言った

 

夏になって、優里は、プール授業があると話した

それを聞いた将彦は、優里の肩の痣のことが気になった

将彦は会社でスク水の写真を見ていると、他の社員からは幼女に興味があるのかと言われてしまった

その頃、学校でプール授業を受ける優里は、肩にサポータをつけて泳いでいた

 

優里に怒鳴ってしまう将彦

また会社で泊まり込みになった将彦に、また桐谷がHがしたいと言ってフェラを始めた

桐谷は騎乗位で腰を振り、将彦は桐谷のおっぱいを触りながら二人ともイッてしまった

 

優里が帰宅すると母親が将彦にあてた、手紙が届いていた

それで優里は将彦に電話するが、仕事が忙しい将彦は電話に出なかった

心配した桐谷はずっと泊まり込みに将彦に、一度帰って休むように言った

 

帰宅した将彦に優里は母の手紙を渡そうとしたが、将彦は後にしてと言って寝てしまった

仕方なく優里は母の手紙を開けて読んでみると、自分を迎えに行くと書かれていた

そして迎えに来る日は、なんと今日になっていた!

 

優里は急いで将彦にそれを伝えようとしたが、後にしてくれと言ったハズだと将彦は怒鳴ってしまった!!

ロクに休めず急な呼び出しを受けた将彦は、そのまま会社に向かった

 

ようやく仕事を終えた将彦は、たくさんの優里から届いたメールを発見した

帰宅すると優里は手紙を残し、部屋から去っていた

 

将彦は優里の手紙を読んで、自分が酷いことをしてしまったと思った

優里が置いていったスマホの中に乗り換え案内のアプリがあったので、その履歴を見た将彦は優里ともう一度会うために家を駆け出していった

 

⇒『社畜と少女の1800日』の無料試し読みはコチラ

 

社畜と少女の1800日の続きはコチラ👇

社畜と少女の1800日 2巻 ~桐谷に優里の存在がバレてしまった将彦 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「社畜と少女の1800日」1巻を読んでみた感想

女子中学生の優里と暮らすことになった将彦ですが、どうして母親の里美は将彦に優里を託したのでしょうね

あまり将彦とは接点がなかったようですが、もしかすると里美も将彦のことが好きだったのかもしれませんね

優里は里美が迎えに来ることを将彦に伝えようとしましたが、将彦は仕事で疲れて急な呼び出しを受けたので、つい優里に怒鳴ってしまいました

でも疲れが極限まで溜まってしまうと、そうなってしまうのは仕方がありません

やはり泊まり込みや終電帰りになる職場は、よくないところだと思いました

優里にもう一度会いに向かった将彦は、優里に会えるでしょうか?

この後がとても気になってしまいますね

 

>>『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『社畜と少女の1800日』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『社畜と少女の1800日』を実際に読んでみましょう!

 

-社畜と少女の1800日
-,

© 2020 まんがコミック大好き日記