イジメの時間 11巻 ~若保囲の死 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『イジメの時間』を11巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『イジメの時間』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「イジメの時間」11巻の簡単なあらすじ

若保囲に裸踊りと公開オナニーをさせる歩

歩は真魚の目隠しを取る、目の前にいる若保囲を殺すように要求した

しかし歩はまず若保囲に、裸おどりと公開オナニーをさせることにした

その前に真魚にまず若保囲のオムツを脱がせるように命令すると、若保囲は真魚を睨みつけた

それでキレた歩は、また若保囲に暴行を加えてしまった

その頃、若保囲の父親は若保囲のことを心配していたので、ひとまず歩は若保囲に父親に電話をさせることにした

若保囲との電話を終えた若保囲の父親は、つい剣丸が死んだときの若保囲のことを思い出してしまった

若保囲は真魚の目の前で裸踊りをし始めたが、歩は面白くないと文句を言って何度も裸踊りをさせた

そして歩は若保囲に次は公開オナニーだというと、やらなければ殺すだけだと脅したのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

殺害を延期した歩

ひとまず歩は、3人の殺害を翌日に引き延ばした

そして歩は自分の考えたシナリオをもう一度確認して、これで明日には決着がつくと思った

それでもう自分が自殺してしまう夢は、正夢にはならないだろうと思っていた

歩が帰宅すると、小さい頃に母親と離婚した父親が、1年分の養育費を持って来ていた

その後、歩は母親と父親のことを話していたが、小さい頃の記憶の断片を思い出していた

母親が毎日泣いて辛い記憶…

それで歩は自分の復讐のことを母親が知ったら、また泣かせてしまうのではないかと思ってしまった

しかし歩はここまで来たのだからもう引き返せないので、今更こんなことを思っていても仕方がないと思い直してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

平原に真魚とのやりとりを見られてしまう歩

学校に登校した歩は、このまま1日をやり過ごせばいいと思っていた

だが平原は、歩は真魚の様子が何かおかしいと感じていた

すると真魚が急に、気分が悪くなり教室から出ていってしまった

それで歩も思わず教室を出ていくと、トイレで吐いていた真魚に歩は電話をかけた

だがその様子を、平原が目撃してしまった

平原を見つけた歩は、これは仲間内の問題だと言って、平原を自分たちに関わらせないようにした

その後、歩は五十崎を屋上に呼び出すと、脅して自分のアリバイ作りをした

その頃、若保囲の父親は、若保囲がまだ家に帰ってきていないことを不審に思い始めていて、鈴木山の母は捜索願を出すための若保囲の写真を探していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

歩を心配していると話す信二

平原は、信二に歩のことを聞いていた

だが信二、歩は酷いことをする奴じゃないと答えていた

だがその頃、職員室で柴崎は鈴木山が家に帰ってきていないことを、母親から電話で聞いて驚いていた

信二が歩に、また話しかけてきた

信二は歩の雰囲気が変わったというと、自分や平原は歩が辛いときに何も出来なかったので心配しているのだと言った

そんな信二に歩はそれなら平原には謝らなきゃというと、そのまま信二と別れた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

平原の前でパニくる真魚

歩がは五十崎とアリバイ作りをしてから倉庫へと向かっていた

そして真魚の音声を聞いていると、なぜか平原の声が聞こえてきた

それで歩は屋上にいた真魚が何をしているのかと思い、真魚に電話をかけると

すると真魚はいきなり、ごめんなさいと必死に謝った

真魚が完全にパニクっているので、歩は真魚にまずは落ち着くように言った

しかし真魚の様子があまりにおかしいので、真魚の傍にいた平原は電話を奪い、どういう事なのかと歩に聞いた

それで歩はひとまず、自分と真魚は付き合っていることにした

そして真魚は鈴木山とまだ交際関係が続いていて板挟み状態なので、パニクっているのだと説明した

歩は平原に鈴木山にバレたらマズいというと、黙っていて欲しいと頼んだ

そして歩は真魚に電話を代わると、すぐに倉庫へ来るように命令した

しかし平原はまだ真魚を心配していたので、真魚はすぐに倉庫へは来れない状態になってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

死んでしまった若保囲

歩は倉庫へやってくると、若保囲が反抗的な態度を取ったので、また暴行を加えて従わせた

すると若保囲は、急に頭が痛いと言い出した

演技ではなくマジで痛いと訴える若保囲だったが、歩は若保囲の言葉を信用しなかった

この頭痛は本当にヤバいと訴えても歩はやはり信じないでいると、若保囲は口から泡を吹いてお漏らししてしまった

それで歩は若保囲に声をかけ体を揺さぶってみたが、若保囲には全く反応はなかった

それでようやく若保囲が死んでしまったと気づいた歩は、若保囲の名前を叫んでしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

若保囲の死を正当化しようとする歩

若保囲が死んでしまったことを知った歩は、さすがに動揺してしまった

すると鈴木山は、自分のせいにしてしまえばいいと歩に言った

だが歩は、若保囲の父親や世間はそうは見ないと反論したが、鈴木山は自分に罪を着せればいいというと、心からすまなかったと歩に謝った

それでも歩は鈴木山の言っていることを信じず、これは正当防衛だと主張した

そして歩は鈴木山たちの人生がここで終わって皆が存在を忘れても、自分はお前たちの墓に唾を吐き続けてやると罵った

そんな歩を見た鈴木山は、歩にこんなことを言わせてしまったと思い、また謝ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

イジメの時間はの続きはコチラ👇

「イジメの時間」11巻を読んでみた感想

とうとう若保囲は死んでしまいました

恐らく歩道橋から落ちて、頭を打ったところが悪化してしまったのだろうと思います

これでもう歩は、完全に後戻りできないレベルになってしまいました

歩の家庭では昔何かあったようですが、それが今の歩に大きな影響を与えているようです

鈴木山は、見た感じは本当に自分のした悪事を反省しているようです

でもやっぱり昔散々悪事をしてきたので、やはり歩でなくてもなかなか信用しないでしょう

もう鈴木山もかなり衰弱しているので、このままだと次巻あたりで死んでしまうかもしれません

この後、歩の復讐がどうなってしまうのか気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-イジメの時間

© 2021 まんがコミック大好き日記