読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

相姦の赤い河岸 5~6巻 ~友美の父親は要? のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

幼い頃、蒸発してしまった両親の代わりに

友美を育ててくれた叔父の要(47)

しかし2人だけの日々を過ごすうちに

歳が離れているにもかかわらず…

深 い深い男女の関係に

なってしまったから、さあタイヘン!

夜な夜なカラダを求めあい

心を貪りながら体液と愛液を

渦のように混ざり合わせていた…

そんなある 日

二人の前に、明るい未来を

約束してくれるであろう

婚約者・真治が出現し

友美と真治の結婚までの

カウントダウンが始まった!

―――それは二人の愛欲の日々の

終焉を告げる鐘音となるのか!?

道徳と背徳の狭間でせめぎ合う、要と友美

決して越えてはいけない川を

渡ってしまった二人は

それぞれの幸せを 夢見ながら

漆黒の川を精一杯泳ぎ続ける

相姦の赤い河岸

作者:黒澤R

価格:400円(税抜き)

 

『相姦の赤い河岸』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『相姦の赤い河岸』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『相姦の赤い河岸』を今すぐ無料試し読み👆

 

「相姦の赤い河岸」5~6巻の簡単なあらすじ

机の中の母の写真

香奈にエッチな下着を着せて

ユウキは写真を撮った

そして香奈に、アソコを開かせたりする

嫌ならしなくていいとユウキは言うが

香奈は、しなければ

ユウキは友だちのところへ

行ってしまうと答えた

だがユウキは、友だちと

遊びに出かけてしまった

 

ユウキの机の中に

実の母親の写真が入っていた

その母の写真が、一番好きな人の

写真だとユウキは言った

香奈は、自分が頑張っているのに

そんな自分を否定するようなこと

言うユウキは、ずるいと思った

 

香奈は、その写真を破ってしまった

それを知ったユウキだったが

香奈を散歩に誘った

香奈は、ユウキが返信しないと不満を言うと

一緒にいるとき、そんなことされたら

嫌じゃないかとユウキは言った

ちょっとだけならできると香奈は反論するが

そんなことをいう香奈が

自分や母としか関係がないことを

ユウキは心配した

 

ユウキの友人二人とセックスしてしまう香奈

そこでユウキは、自分の友だちの家に

香奈を連れていった

そこで酒を飲んでしまったが

いつの間にか、ユウキは女の所へ行ってしまう

 

友人たちは、ユウキの浮気の

隠れ蓑に使われていると話した

香奈は、そんなことをしているユウキに

今まで尽くしてきたことが悔しかった

香奈は、ユウキにいじめられていると言って

その二人に泣きつき、とうとう

セックスまでしてしまった

 

母親に殴られる香奈

香奈は、お金を貯めて

家を出ると決心した

ユウキは、あの友人たちに

香奈のエッチな写真を送ってしまう

 

そんなユウキに、バーカと言うと

母が怒るので、香奈はユウキに

レイプされたと言ったが

なぜか母は、香奈をぶん殴り

香奈は構って欲しくて

ウソをついているといい

ユウキに謝るのだった

そんな家から香奈は、出ていったのだ

そんな話を友美にした香奈は

友美のおかげだと言った

 

 

⇒『相姦の赤い河岸』を今すぐ無料試し読み👆

独り暮らしをしたいと言い出す友美

友美は、香奈に教えてもらってできた靴下を

要にプレゼントしたが、穴が開いていた

それを知った友美が、それを脱がそうとしたが

要を押し倒してしまった

 

要は、友美が寝不足なのは

そいうことだったのかと気づく

友美は、独り暮らしをしたいと言ったが

それは無理だと要は言った

キャバ嬢になって稼ぐと言い出したので

要は友美を叱ったが

友美は自分がいなければ

理沙も喜ぶと言ったが

すぐに要は、自分は喜ばないと答えた

 

初対面で友美は

理沙がひどいことばかりを言うと

要に言ったことが

二人が上手くいかない原因だった

知らなかったと謝る友美に

あきれながら要は、いいよもうと

言った

 

友美は、自分の小さい頃に

嫉妬するくらい要が好きだと言ったが

もう要は寝てしまっていた

友美は、体が火照って眠れなかったので

裸になってオナニーを始めた

 

理沙に別れを告げる要

要は理沙に、別れようと言った

理沙は、友美に酷いことを

されたと言ったが

要は、友美は被害者だと言い

3人でやっていくのは

やっぱり無理だよなと言った

そう言う要に、理沙は

一番愛してくれている人と

一緒になったほうがいいと答えた

 

オナニーをしている友美だったが

要は泣いていると思っていた

だが何かおかしいと思い

布団をのかすと、友美は半分裸で

変なことをしていないと言って

おやすみと言って布団をかぶった

 

友美に勝てないと思っていた理沙

翌日、要と理沙のデートの日だった

友美は、靴下を直してバイトにいっていた

同じ誕生日の要と理沙は

ホテルで一緒に誕生日を祝った

友美がやってきて8年

理沙は要を待っていた

だが友美が成長して

男たちを魅了する友美に

理沙は勝てないと思った

 

理沙は後ろから、要に挿れるように求めたが

要は、友美の昨日の姿を思い出してしまう

理沙に挿れた要は、やはり友美が

誰を想っているのかと思いながら

理沙を激しく突いて、中に出した

イッてしまった要は、理沙にゴメンと言った

 

友美がケガをしたと知ってデートを抜ける要

理沙に電話がかかってきた

何度もかかってきていたので

要が心配すると、理沙は

要の反応を見るウソだと言った

 

今度は要に、友美のバイト先から

電話がかかってきた

理沙は止めたが、要は電話に出て

友美がケガを負ってしまったと知った

病院へ行ってしまって

理沙はなんでいつも邪魔するのよと

と言うのだった

 

友美を心配する要

友美は、頼まれてレジを代わって

客に物を投げつけられてケガをしていた

頼んだ相手と店長は、要に謝罪した

店長に文句を言って

今度こんなことがあったら

友美は辞めさせると言った

 

要は友美に、人が良すぎると言い

昔のことを話し出した

それを聞いた友美は

それだけ自分が、可愛いからだと言うと

だから面倒ごとに、巻き込まれやすいのだと

要は友美に言った

 

友美とラーメンを食べ

帰宅して理沙に謝りのメールを送った

要は、理沙にすぐに別れを言えない自分を

嫌悪していた

 

⇒『相姦の赤い河岸』を今すぐ無料試し読み👆

 

友美の父は誰?

理沙は、田村に頼んで

友美の両親を探していた

見つかった両親には、新しい子どもができ

友美を呼ぶつもりはなかった

友美の父の聡は、友美は

自分の子どもじゃないと言った

母親も、父親は誰なのか

よく分からないというのだ

 

そんな友美を要に、押しつけてた親が

理沙は気持ち悪いと言った

だが田村は、要の子どもかも

知れないと言い出す

友美を消す方法がなくなった理沙に

田村はあんな奴やめちまえと言って

理沙を抱いた

 

後ろから友美を見る要は

愛美に似ていると思いながら

どうして兄なのかと思いつつ

友美を後ろから抱きしめた

 

要は酒をたくさん飲むようになった

電車を途中降りながら

要を心配する友美

だがその様子を由美が見ていた

 

由美は要に、娘がいたのかと訊ねると

要は姪だと答えた

南がやってきて、由美は

社内一の美人だと言ったが

要は、何人に使っているのかと言った

 

理沙に要と別れないようの頼む友美

理沙は田村と、セックスしていた

バレたら自分に乗り換えるかと

田村が聞くと

理沙は絶対嫌だと答えた

浮気をするのはクズ野郎だけだと

理沙は思っていたが

今では一人になるのが怖いから

浮気をしていた

 

だが理沙は、田村と出てくるところを

友美に目撃されてしまう

去ろうとする理沙に、友美は

自分が出て行くので

要とは別れないでとお願いした

だが理沙は、要は友美を選んだとキレて

そのまま去っていった

 

真治との出会い

家で友美を待っていた要だったが

心配になって、探しに出た

雨に打たれていた友美を

真治が見つけ、家に送ろうと言った

 

友美に傘を差して、真治が歩いていたが

途中で雨は上がった

するとそこに、要がやってきて

真治に友美から、離れるように言った

強引に友美を連れて帰る要

真治は、要は父親なのかと思ったが

友美の視線は、父親に向けるものではなかった

 

要は、昔にもこんなことが

あったと話す

友美は忘れたと返事したが

両親に捨てられた時のことを

思い出していた

友美は要に、大好きだと言って

自分を好きにしてもいいと言った

だが要は、友美に熱があるのに気づき

家で看病した

 

真治は、友だちとバーベキューをして

友美を探していた

真治は友美を、野球に誘い

連絡先を教えた

 

友美は真治たちと野球をしたが

終わって真治は、友美に好きなことを

匂わせたが

友美は、好きな人がいると言って

それを拒んだ

 

帰宅した友美は、寝ていた要に

キスをした

 

もう少し離れていれば…

香奈の部屋にいた友美は

そんなことを思っていた

 

⇒『相姦の赤い河岸』の無料試し読みはコチラ

 

「相姦の赤い河岸」5~6巻を読んでみた感想

ユウキは嫌われても仕方ないですね

Hな写真を撮って、それを友人に送ったりするのは

誰がされても嫌なことです

でも香奈もユウキのいいなりに

そんなことをさせていたり

ユウキの正体を知って

他の友人に簡単に体を許しているので

ちょっとユルい感じがしますね

友美の両親は、友美を捨てて

新しく子どもを作っていました

友美の父親は、聡ではない

可能性が出てきました

要が父親の可能性が出てきましたが

それだと完全に親子の近親相姦に

なってしまいます

でも要の付き合う女性は

由美も理沙も、隠れて他の男と

寝ているような女たちなので

もしかしたら本当に友美は

愛美に手を出してデキた子供の

可能性もあるかもしれませんね

 

>>『相姦の赤い河岸』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『相姦の赤い河岸』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『相姦の赤い河岸』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『相姦の赤い河岸』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『相姦の赤い河岸』を今すぐ無料試し読み👆

-相姦の赤い河岸

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.