読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 13巻 ~真秀に接触する友樹の祖母 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

タイトル 僕が妹を殺すまで(単話版)
作者 馬場彩玖
価格 100円(税抜き)

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」13巻の簡単なあらすじ

美琴が友樹殺しの犯人だと気づく不破

美琴が鉈を振り下ろし

不破は、腕を切られてしまった

だが不破は、真秀に脅されているのかと

美琴に訊ね、死体を見つけたので

美琴は解放されると言った

 

不破に近づいてきた美琴は

こんなつもりではなかったと言う

不破の全部が、真秀を自分から

奪ったのだという

お兄ちゃんは私のことだけ

見てなくちゃ…

 

不破は、そんなことを言う美琴を見て

まるで嫉妬深い恋人だと思った

不破さえいなければという美琴を見て

不破は頭の奥がスッと冷えた

友樹君…は… 美琴ちゃんが…?

 

美琴に斬り殺される不破

不破がそう訊ねると

美琴はニコッとして微笑んだ

逃げなきゃ…

不破は、落ちていたスパナで

美琴に襲いかかった

しかしいとも簡単に

美琴にスパナを避けられ

スパナを落としてしまった

 

鉈を不破に振り上げる美琴

不破は、美琴に出会ったときのことを

思い出した

小学6年生の美琴に

真秀がどんな人か聞いたとき

美琴はくすっと微笑んだ

それはまるで

花がほろこぶような…

 

不破は想い人に夢中な少女をに

恋をしてしまった

そう思った不破に、美琴は鉈を

振り下ろすのだった

 

真秀に声をかけてきた友樹の祖母

四十九日の法要を終えた真秀は

美琴が心配なので、帰ろうとしていた

そんな真秀に、老婆が声をかけてきた

椎名と名乗るその老婆は

友樹の祖母だと言った

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」13巻を読んでみた感想

今度こそ本当に、美琴は不破を

殺してしまったようです

それにしても不破は、可哀想でしたね

殺されるギリギリまで

美琴は真秀に、脅されていると思っていました

いとも簡単に不破を殺してしまう美琴は

本当にヤバい奴です

いくら兄が好きだと言っても

こうも簡単には人は殺せません

まだ真秀は、このことは知りませんが

友樹の祖母が接触してきました

どういう意図で近づいたのかは

次巻で明らかになるでしょう

もしかするとこれで、友樹を

美琴が殺したと知ってしまうかも

しれませんね

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.