読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕たちがやりました

僕たちがやりました 7巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

飯沼の言葉に苦しむパイセンたち

マルは誰かに襲われてしまう

トビオは助かり蓮子と付き合いだし、幸福を感じる

だがトビオと蓮子の関係を知った市橋は自殺してしまう

 

「僕たちがやりました」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「僕たちがやりました」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「僕たちがやりました」の試し読みはコチラ♪

 

 

「僕たちがやりました」7巻の簡単なあらすじ

事情を聞かれるトビオ

市橋が自殺したことで飯室から話を聞かれるトビオ

自殺するのは心に逃げ場がなくなった人

自殺こそが自由…

市橋は本当のことを知らずに死んだ

 

うんこと戦うマル

夜道で襲われたマル

犯人はうんこ

背中にうんこを刻まれたマル

うんこに仕返しを考える

 

塾から帰るうんこ

襲いかかるマル

だが反撃するうんこ

殴り合って最後はつばを吐きかけられるマル

誰にも連絡もつながらない

 

今宵と別れる伊佐美

被害者の家を訪ねていた伊佐美

勃つようになった

勇んで今宵の部屋へ行く

そして中に出した

そこに今宵の父親が帰ってくる

今宵はなんと子どもがデキていた

子どもは産むという今宵

だが事件のこともあるので伊佐美とは別れる

 

決意するトビオ

市橋の死で気力を失うトビオ

蓮子に会いおっぱいを吸う

市橋の自殺のことは自分のせいだと責めるトビオ

トビオのせいではないという蓮子

 

家に帰りトビオは今やりたいことを書く

自首

 

愛されていなかったパイセン

パイセンは父親を捜し出す

だがパイセンのことが分からない父親

部下から聞き13人目の愛人の子どもだと気づく

父親が会わない理由 ブサイクだから

愛されていなかったと思い知るパイセン

 

4人の決断

トビオは皆に集合をかける

だが部室にはマルと伊佐美がいた

そしてパイセンもやってくる

自由(自首)を選ぶトビオたち

 

「僕たちがやりました」7巻を読んでみた感想

これまで罪を闇に葬ろうとしていた4人ですが、それぞれ辛い現実を知り、自首を選ぶことにしました

どういう形で自首をするのでしょうか

普通に警察に行ってもパイセンの父親がもみ消してしまうでしょう

なにか別の方法でやることになると思いますが、それがどういった方法なのか

どんな自首をするのかとても気になりますね

 

「僕たちがやりました」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「僕たちがやりました」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「僕たちがやりました」の試し読みはコチラ!

 

-僕たちがやりました

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.