あなたがしてくれなくても 番外編(1) ~結婚して夫を支えたいという華に自分がないと言う一ノ瀬 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『あなたがしてくれなくても』番外編を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『あなたがしてくれなくても』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「あなたがしてくれなくても」番外編(1)の簡単なあらすじ

デートや合コン三昧の華

みちは、華のデートや合コンのスケジュールを見て驚いてしまった

合コンに行った華は、IT社長の一ノ瀬の名刺をゲットした

帰宅すると、姉がどうしてブスの華のほうがモテるのかとブー垂れていた

そんな姉を見ながら華は、いくらミスコンで優勝した姉でも

35歳になった姉に市場価値なんてないと思っていた

華はまた合コンへと行った

だが収入の少ない男は眼中になかった

帰宅して、自分に交際を求めてくる男たちのメッセージを見ることが

自分の自尊心が満たされる唯一の瞬間だった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一ノ瀬に自分がないと言われてしまう華

一ノ瀬とのデートに出かけた華に

一ノ瀬は、やりたいことを聞いてきた

それで華は、結婚して夫を支えることだと答えた

すると一ノ瀬は、それは自分がないと

言ってるようなものだと華に言った

そして一ノ瀬は、人の船に

ただ乗りしているようなものだといったので

そんなことを言われた華は、そういうことを

言わない人を自分は探しているのだと言い返した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一ノ瀬の言葉を聞いて憤るみち

しかし帰宅する華は、一ノ瀬が言ったことは

当たっていると思った

そして自分あるのは、若さと多少の容姿だけなので

華は誰かに会おうと思ってしまっても

結局、会いたい人はいなかった

みちが、デートのことを聞いてきたので

華は、一ノ瀬の言ったことを話した

正論じゃ無いというみちは

家事はそんなに簡単ではないと憤った

そう言うみちを見て

華は、みちらしいと言った

甘いみちが好きな華

一人になった華はみちは甘いと思ったが

そういうみちのことが嫌いになれない華だった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「あなたがしてくれなくても」番外編(1)を読んでみた感想

誰もが夢に向かって生きていけるとは限りません

普通の仕事をして、生活していく人生も

それはそれで、いいのではないかと思いました

華の考えも甘いとは思いますが

誰かいい人を見つけて、子どももできれば

結構いい母親になれそうな気もしますね

華の姉は、ミスコンで優勝していたので

その頃は、婚活をしていなかったと思います

やはり年をとってから始めても

若い時に比べたら、結婚に辿り着くのは大変です

その辺、華のように若いときから

始めるのは、堅実な考え方かもしれません

華には早く、いい人が見つかって欲しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

嘘とセフレ

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…! 見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

-あなたがしてくれなくても