読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

テセウスの船 7巻 ~真犯人の写真を見せた紀子を刺し殺すさつき のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

1989年にタイムスリップした田村心

4ヵ月後に発生する「音臼小無差別殺人事件」が近づくにつれ

不可解な事件が頻発すると気づいた心は

父であり、現代では事件の犯人とされている佐野文吾とともに

事件を阻止するため奔走する

しかし謎を解くことができないまま現代へと戻ってしまう

犯人が今も生きていると確信する心は

手がかりを求めて懸命に調査するのだが…

読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、第7巻。

タイトル テセウスの船
作者 東元俊哉
価格 600円(税抜き)

『テセウスの船』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『テセウスの船』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『テセウスの船』を今すぐ無料試し読み👆

 

「テセウスの船」7巻の簡単なあらすじ

青酸カリを盗ってくるように言った長谷川

長谷川は、紀子に青酸カリを

盗ってくるように言った

人に頼まれたという長谷川だったが

紀子は見つかったときのことを心配した

ガッ

長谷川は、紀子を蹴倒して

盗ってくるように言いながら

紀子をさらに蹴り続けた

 

紀子は、青酸カリを長谷川に渡した

するとしばらくして、明音が失踪したという

ニュースが流れた

紀子は、3日後に明音が

見つかると言った長谷川に

どうしてなのかと訊ねた

出かけようとした長谷川は

明音は死んだと言って

誰かが解放すると言ったのは

ウソだったと言った

そして明音の写真を渡して

出かけた長谷川は

翌日、明音と一緒に遺体で見つかった

 

金丸に、事情を聞かれる紀子

心が長谷川を見たという証言を

見違いかウソだと紀子は言った

金丸は、青酸カリの入っていた瓶を

紀子に見せたが、紀子は知らないと答えた

 

文吾に、遺体がいつ戻ってくるのかと

紀子は訊ねていた

そして、最近誰かに見られているように

感じていると文吾に話した

 

金丸殺害を目撃した紀子

そんな話を聞いていたさつきは

そんな話で、文吾の無実を

証明できるのかと言った

しかし紀子は、金丸が殺されたところを

見てしまったと話し出した

 

音臼岳に向かった紀子は

金丸と誰かが、話しているのを

目撃してしまった

話の相手は、犯人像を金丸に聞いた

…と思う

犯人は素人…

それを聞いた相手は、その理由を

金丸に聞いた

その理由を金丸が話すと

その相手はなぜか笑い出した

 

その相手は、心が投げ捨てた

スクラップブックを金丸に見せた

そして文吾が、無差別殺人の

犯人として捕まり、死刑判決を

受けた記事を見せた

そして文吾は冤罪の可能性もあり

真犯人は、素人なのか言った

そして村の人々を救うように

金丸に言うのだった

 

その相手は、紀子も自殺すると言い

事情を聞かせて欲しいという金丸に

後ろの方で拾ったと言った

崖に近づく金丸は、その相手に突き落とされた

怖くなった紀子は、村を出てしまったというのだ

 

由紀に今の人生を生きて欲しいと思う心

心は、由紀にあの気味悪い絵を見せていた

そしてこの絵は、犯人からの

メッセージではないかと言った

村での一連の事件は

同一犯ではないかと、心は由紀に言った

 

心は突然、由紀にどうして

記者になったのかと訊ねた

由紀は、大量無差別殺人の記事を見て

文吾の家族が苦しめられていると知って

ショックを受けたと話す

そして事件の真相を、明らかにすることで

文吾の家族が、救えると思ったというのだ

 

今の由紀は、別の人生を生きてる

由紀にとって今の人生のほうが…

亡くなった由紀を思い出した心は

そう思ってしまった

由紀に、子どもの写真を見せてもらった心は

由紀に結婚のことを聞かれると

彼女の幸せを願っているのだと答えた

 

真犯人の写真

さつきは、紀子にどうして今

話そうと思ったのかと聞いた

もう長くないんです…

病気のせいで、1年しか生きられないと

紀子は告白した

 

鈴は、誰が金丸を殺した

犯人なのかと聞いた

長谷川に、電話をよくかけていたと言い

写真もあるのだと言った

 

紀子が写真を取りに行くと

さつきは、小さな容器を取り出し

鈴にそれを、紀子の紅茶に

入れるように言った

 

鈴に真犯人を教えるさつき

さつきは、お泊まり会に来られない

鈴と慎吾を見に、文吾の家を

家庭訪問した

お泊まり会で作るバターを

二人に持ってくるとさつきは言った

そしてさつきは、トイレを借りて…

 

鈴は、事件の犯人は

さつきだったのかと言った

さつきは、自分は被害者だと言い

鈴に、幸せな人生を送るか

犯罪者一家になるのかを

選ぶように言った

鈴は、自分がどうして紀子の証言を

止めなければならないのかと

その理由を、さつきに訊ねた

 

真犯人を知ってるのよ

そう言ってさつきは

鈴の耳元で、真犯人が誰なのか言った

 

⇒『テセウスの船』の無料試し読みはコチラ

 

倒れてしまった鈴

さつきは鈴に、藍として生きるように言い

自分に協力するように求めた

明日はいっぱい人が

死ぬことになるのよ

 

そこに紀子が戻ってきて

犯人が写った写真を見せた

やっぱりね

そう言ってさつきは、鈴に写真を見せた

すると鈴は、持っていたバッグを

床に落として、紀子の部屋を

出ていってしまった

 

鈴は、さつきが渡した容器を

投げ捨てると、そこには

心と由紀がいた

震えながら鈴は、心に助けてと言った

そしてお腹を押さえて、道に倒れてしまい

出血までしていた

心は鈴を抱きかかえ、病院へと向かった

 

紀子を刺し殺してしまうさつき

さつきは、写真を見ながら

これだけで犯人だと言えるのかと言った

紀子は、心がこの部屋にやってくると

さつきに話した

 

病院に、鈴を連れてきた心は

すぐに鈴を引き渡した

赤ちゃんは無事だったが

鈴の子宮には、ポリープが見つかった

だが医者は、悪性ではないので

出産には影響はないと言った

この子を…

堕ろすことはできますか?

いきなり鈴は、そんなことを言い出した

 

さつきは、心がやってくると聞いて

買ってきたシュークリームを載せるための

お皿を紀子に用意するように言った

お皿を出そうとしていた紀子に

さつきは、証言は止めるように言った

それを断る紀子に、さつきは…

 

紀子を包丁で、刺し殺したさつきは

誰かに電話をかけた

自分は大丈夫だというさつきは

電話を切って、何かを飲み

包丁で自分の体を刺して

110番通報をした

 

⇒『テセウスの船』の無料試し読みはコチラ

 

鈴に死なないように言う心

鈴は、さつきから真犯人が

誰なのか聞いたと心に言った

誰なのかと訊ねる心に

お腹を触りながら

お腹の赤ちゃんが、それを

許さないのだと言った

 

鈴は、慰霊祭で

たくさんの人が死ぬと

さつきが言っていたと話す

それを聞いた心は

紀子に電話をかけたが

繋がらなかった

 

鈴は、自分の子どもが

自分を同じ思いをして生きることが

耐えられないと言った

死んだほうがマシ

心は自分にも辛いことが

幸せなこともたくさんあったと言って

死んだほうがいいなんてことはないと言った

 

さつきにジュースを渡す者

心は、鈴のことを由紀に頼み

紀子の部屋へと向かった

しかし紀子のマンションの前まで来ると

たくさんの人だかりができていて

紀子が死んでしまったと聞いた

 

心は、由紀に電話して

紀子が死んだことを伝え

鈴を警察に、保護してもらうように言った

そして慰霊祭にやってくる

犯人に会いに行くと言って

単身、音臼村へと向かうと言った

 

心は、電話を鈴と代わるように言った

警察へ行く覚悟ができたという鈴は

心に、昔、音臼村で

会ったことがないかと訊ねた

会ったことはないと答える心は

また会って話しをしようと言って

電話を切った

 

病院へ運び込まれたさつき

さつきの病室に、誰かがやってきた

刺した傷は浅かったという誰かは

すぐに警察に疑われてしまうと言った

考えすぎだというさつきは

ジュースを買ってきて欲しいと言う

それを聞いた相手は、オレンジジュースを

さつきに渡した

 

慰霊碑で真犯人を待つ心

音臼村に向かった心

音臼村は、ダムの予定地になっていて

立ち入り禁止になっていた

歩いて村に入る心は

廃墟となっていた病院に着いた

過去に行ったときのことを思い出す心

そして慰霊碑のある学校へと向かった

 

途中で、霧が見え

スマホの電源がつかなくなった

慰霊碑の前にやってきた心は

そこで犯人を待つことにした

3時間ほど待った心は

足音を聞いた

出てくるように言う心は

一人なのかと聞いた

一人ではないと答える人物は

手に載せた目玉を見せながら

連れてきたのだと言った

 

⇒『テセウスの船』の無料試し読みはコチラ

 

「テセウスの船」7巻を読んでみた感想

とうとう真犯人が、姿を現すようです

真犯人のことを、鈴はお腹の赤ちゃんの

父親のようなことを言っていました

そうすると夫の、みきおということに

なりますが

でも当時のみきおの年齢では

こんな犯罪はできないように思います

これから事件の真実が、どんどん

明らかになってくると思います

心は、由紀はこのまま

別の人生で生きて欲しいと思っています

そうすると心は、このまま今の世界で

生きるつもりなのでしょう

犯人とついに会った心が

これからどうなっていくのか

とても気になってしまいますね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『テセウスの船』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『テセウスの船』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『テセウスの船』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『テセウスの船』を今すぐ無料試し読み👆

-テセウスの船

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.