読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 7巻 ~佐武を放置できない順子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

「果汁のような体液、舐めると中毒になりますよ?」

淫と死の香りを纏う美しい果実双子は

醜い人間の性欲に触れ、狂い始める――

果実のみを食べて生きる双子・藍と桂は

微笑めば甘い香りが漂い、体液は果汁そのもの

そして、その血を飲み過ぎれば中毒死する

その特異体質ゆえに

商売道具として十七年の歳月を生きてきた

そんなある日

「二人で子供を作れ。さすれば生涯安泰だ」

と育ての親に命令される

そんなことをしたら、姉弟の関係が穢れてしまう…

しかし、卑しい客の注文によって藍の痴態を見た桂は

劣情を抱いてしまい―

致死量の果実~汗も尿も甘い双子

作者:ミドロ

価格:150円(税抜き)

 

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を今すぐ無料試し読み👆

 

「致死量の果実~汗も尿も甘い双子」7巻の簡単なあらすじ

薬が効かなかったという和子

二人の部屋にやってきた和子は

やつれてげっそりしていた

体調がよくならないと言う和子は

藍に、何と言って薬を

貰ってきたのかと訊ねた

咳が出て風邪っぽいと伝えたと

藍が答えると、和子は

自分で薬をもらいに行くと言い出した

無理はいけないと二人が言うので

和子は、少し様子を見てみると言った

 

藍は薬は、毒ではなかったのかと言う

桂は佐武の状態を、藍に訊ねた

もうろうとしていると藍が答えると

桂は、佐武がおかしくなる前に

毒を手に入れなければならないと言った

 

佐武を放置できない順子

順子はまた、診療所へとやってきていた

佐武は睡眠薬を飲んで、眠っていた

藍とセックスしていたことは

ショックだったが

学生時代から好きだった順子は

やはり佐武のことを、放置できなかったのだ

 

⇒『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の無料試し読みはコチラ

 

和子に薬を持ってきた順子

そこに和子から電話がかかってきて

風邪の薬を持ってきて欲しいと頼まれる

順子は薬を持って、和子の家へとやってきた

和子は、藍が持ってきた薬を

順子に渡して、薬が効かないと言った

これ…

飲み続けたら毒になる薬品だわ…

順子は佐武が、間違って薬を

渡してしまったのかと思ったが

その薬は効かないようなので

自分の持ってきた薬を飲むように言った

 

藍と桂の部屋に入る順子

和子は順子に、果物を部屋へと

持っていって欲しいと頼んだ

そして果物もそれが最後になったので

後で買ってきて欲しいと頼んで

部屋の鍵を渡した

 

部屋の鍵を開けて

扉を開けると…

部屋の中には、藍と桂がいた

 

⇒『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の無料試し読みはコチラ

 

「致死量の果実~汗も尿も甘い双子」7巻を読んでみた感想

藍が持って帰った薬は、やはり毒でした

でもすぐに死ぬような薬ではなかったのは

まだ佐武には、判断力が残っていて

すぐに死んでしまうと、藍が警察に

疑われてしまうと思ったからかもしれませんね

順子はやはりまだ、佐武のことが

忘れられないでいました

佐武とセックスしていた藍と

また会うことになってしまいましたが

好きだった佐武とセックスしていた藍を見て

順子はどういう反応をするでしょうか

いきなりブチ切れたりするかもしれませんね

 

>>『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を今すぐ無料試し読み👆

-致死量の果実~汗も尿も甘い双子

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.