読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 9巻 ~真秀の視線に恐怖する不破 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

僕が妹を殺すまで(単話版)

作者:馬場彩玖

価格:100円(税抜き)

 

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」9巻の簡単なあらすじ

真秀を庭に呼び出す美琴

琴のお稽古に行こうとする美琴に

真秀は、不破が来る日だと言う

美琴は、大丈夫だと言って部屋を出たが

真秀は、あの時の声は

普通ではなかったと思った

 

美琴から電話がかかってきて

庭に来てほしいと言っている途中で

電話は切れてしまった

 

不破は、美琴を追いかけていたが

美琴はこの前は、人が来てしまったという

不破は、美琴も自分に気があると思って

美琴に抱きついた

そこに真秀がやってくると

美琴は、助けてという表情をしたので

真秀は、美琴を不破から引き剥がし

連れ去ってしまった

 

自分の無力感を感じてしまう真秀

美琴を、屋根裏部屋に連れてきた真秀に

美琴は不破から、好きと言われたと言って泣いた

不破は、自分を離そうとしてくれなかったと

美琴が言うと、真秀は

自分が康弘から、レイプされようとしたことを

思い出してしまう

 

真秀は、義母にお願いして

不破をやめさせようと言い出す

だが美琴は、不破は今度の演奏会に

出演する上に、もうチラシまで

できていると言って

義母には言わないように

真秀にお願いした

美琴の様子を見て、真秀は

また自分は、何もできないのかと

思ってしまうのだった

 

真秀の憎悪の視線に恐怖する不破

不破が廊下を歩いていると

そこに美琴と真秀が通りかかった

だが不破を見る真秀の目は

憎悪に満ちていた

恐怖感を感じた不破は

逃げ出してしまった

 

私のこと… 殺す気

…みたいな…

不破は、真秀が学校で

死神だと呼ばれていたことを

思い出した

5年前にも行方不明になった人が

いることを思い出す不破

まさかね…

 

真秀は、美琴が不破に狙われていると

勘違いして、美琴から目を

離さないようにすることにした

美琴を守ると心に誓う真秀は

美琴を抱きしめた

 

ありがとう お兄ちゃん

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」9巻を読んでみた感想

美琴は、不破を自分を襲う悪者に

完全に仕立て上げてしまいました

真秀は、美琴の演技を信じ込んで

不破に激しい憎悪を向けていますね

このままだと、真秀まで不破に

何かをしてしまう恐れがありますが

大丈夫でしょうか

5年前にも、誰かが失踪しているようです

真秀ではないはずですが

もしかすると美琴が

関係しているかもしれませんね

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.