読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 8巻 ~美琴に恋をする不破の気持ちを利用する美琴 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

タイトル 僕が妹を殺すまで(単話版)
作者 馬場彩玖
価格 100円(税抜き)

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」8巻の簡単なあらすじ

美琴に恋をしている不破

美琴に同級生の女の子たちは

海外旅行に行くのかと聞く

それに答えず美琴は

行ってみたいところはあるのか聞いた

 

友達と別れた美琴は

電車に乗ると、隣に先輩の不破が座った

美琴の友達は、無神経だと言う不破は

美琴に恋をしていた

 

真秀を邪魔な存在だと感じる不破

不破は、親の言いつけで

琴をやっていたが

美琴に会ってからは

琴のお稽古の時間は

不破にとって、至福の時間となった

 

琴のお稽古が終わって

不破に美琴が、内緒でお菓子をあげる

だがそこに真秀がやってきたので

美琴は不破と別れた

ちぇー 邪魔しやがって

 

不破に近づき叫び声をあげる美琴

不破は、美琴の荷物運びを手伝い

いつもは鍵がかかっている蔵に入った

蔵の中には、鍵がかかった

床下収納まであった

美琴が不破の髪に

ゴミがついていたと言って

近づくと不破は…

 

そこに真秀がやってきた

美琴はいきなり大声で叫び声をあげた

真秀は不破が、美琴に何かを

しようとしていたと勘違いしてしまい

不破を美琴から引き離した

 

不破に嫌じゃなかったという美琴

不破は、美琴に電話をかけて

蔵でのことを謝った

…嫌じゃなかった… です…

美琴のその言葉を聞いた不破は

嫌われていなかったのだと思い

安心するのだった

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」8巻を読んでみた感想

不破は、同性の美琴のことが

好きになってしまったようです

美琴は、それに気づいていますが

どうやら不破の気持ちを利用して

真秀の気持ちを、自分にもっと

向けさせるつもりのようですね

この感じだと、不破は真秀が

美琴との関係を、邪魔する存在として

真秀を恨むはずですし

真秀も不破を、美琴を襲おうと狙っている

変態女として、攻撃してしまうかもしれません

この美琴の企みが、このまま

上手くいってしまうのかどうか

今後のお話がとても気になってしまいますね

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.