読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 7巻 ~小牧が大けがしたことを自分のせいだと責める真秀 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

僕が妹を殺すまで(単話版)

作者:馬場彩玖

価格:100円(税抜き)

 

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」7巻の簡単なあらすじ

小牧の怪我は自分のせいだと責める真秀

どうかしたのかと真秀に聞く美琴

真秀は、小牧が歩道橋から

落ちたことを話す

でも本当はただの事故じゃ

ないんじゃないか?

 

その言葉を聞いた美琴は

自分がしたことが

バレてしまったのではないかと思った

僕のせいだ

だが真秀は、自分に関わった人は

不幸になるというのは

本当だったのだと言い出した

美琴は、考えすぎだと言うが

真秀は、自分のせいだと責めた

あの時だって…

 

両親の死も自分のせいだと責める真秀

真秀は野外学習のときに

風邪をひいてしまい

両親が迎えにくることになった

だが両親が乗った車は…

 

真秀は、両親が亡くなったのも

自分せいだと責めた

美琴は、そんなオカルトじみたことは

ないというが、真秀は美琴も

自分のせいで不幸になっていると言う

 

美琴は、真秀の頭を自分の胸に押しつけ

心臓の音を聞かせた

私だけはいなくならないわ

真秀は、美琴に謝るが

美琴は、自分がいると言って

真秀を落ち着かせようとした

 

美琴は自分が守ると言う真秀

真秀の顔に、美琴の涙が落ちてきた

美琴は、真秀がいなくならないと

言ってくれたという

あの時…

真秀は、美琴だけは自分の手で

守らなければならないと思った

僕が守るよ

 

その言葉を聞いた美琴は…

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」7巻を読んでみた感想

真秀は、小牧が大けがをしたことが

自分のせいだと思い込んでいます

小牧が大けがをした原因は

美琴の陰謀ですが、それには

気づかなかったようですね

美琴は真秀を、小牧から引き剥がし

自分に気持ちを向かわせることに成功し

喜んでいます

でもいつかそのことに

真秀は気づいてしまうのではないかと思います

それがもしかしたら、美琴を殺す

一因になってしまうのかもしれませんね

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.