読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 3巻 ~死んだ康弘の幻覚を見てしまう真秀 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

僕が妹を殺すまで(単話版)

作者:馬場彩玖

価格:100円(税抜き)

 

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」3巻の簡単なあらすじ

康弘の葬儀

康弘の葬儀の日は、送り梅雨となった

義姉の紗子は、喪主の母に代わって

いろいろ世話をしないといけないので

フラフラしていた

 

真秀は、棺桶の中の康弘を見ると…

やあ 真秀君

真秀は、罪悪感で

そんな幻覚を一瞬見てしまった

紗子は、そんな真秀に

康弘ら親族にが迷惑をかけたと言って

泣きながらゴメンねと謝った

それを聞いた一人の女性が

とんだ醜態だと言い出した

 

すると美琴が、琴を弾き始めた

美琴の琴の音色と聞き

美琴の視線を浴びた人たちは

一斉に、その女性を批判しだした

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

罪悪感で押しつぶされそうな真秀

美琴は、小さい頃は

引っ込み思案で

真秀の後ろに隠れていた

親族のおじさんは

今の真琴は、まったくの

別人のようだと言った

 

夜、真秀は部屋で寝ていると

そこに美琴がやってきて

真秀の隣で横になり、泣き始めた

そんな美琴に、真秀は

もう終わったことなので

大丈夫だと言った

美琴は僕が守るから…

 

トイレで吐いてしまう真秀

美琴の康弘殺しの共犯となったことで

罪悪感で押しつぶされそうになっていた

これでいいんだ…

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」3巻を読んでみた感想

やはり真秀は、自分が

殺したわけではありませんが

美琴の康弘殺しに加担して

それを隠蔽することに

罪悪感を感じています

美琴は見たところ、罪悪感を

感じているようには見えません

このままだと、真秀は罪悪感で

おかしくなってしまうかもしれませんね

これからどんな展開になっていくのかは

今のところ全く分かりませんが

恐らく少しずつ、真秀と真琴の間に

溝ができてきそうな感じがしますね

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.