読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

僕が妹を殺すまで 2巻 ~美琴に自首しようと言う真秀 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

美しく、見る者を惑わせる少女・美琴

両親を亡くした真秀にとっては

妹の美琴だけが「家族」だった

しかし、ある夜、真秀の目の前で

美琴が人を殺めて…

暴走するイノセンスな愛

戦慄のインセストサスペンス

タイトル 僕が妹を殺すまで(単話版)
作者 馬場彩玖
価格 100円(税抜き)

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

 

「僕が妹を殺すまで」2巻の簡単なあらすじ

警察の前でビクついてしまう真秀

真秀と美琴は両親が死んだ後

この家にやってきた

そして、真秀はいつも厳しく

琴をやらされていた

 

警察は、康弘の落ちた部屋の

現場検証をしていた

飲み物を持ってきた美琴にも

事情を聞きはじめた

 

そこに、真秀も部屋にやってきた

警察の前で、ビクついてしまう真秀

だが美琴が、死ぬと言ったことを思いだし

何もと言っただけで、部屋を出てしまった

 

警察の一人は、母親の松子が

犯人ではないかと言った

8年前にも、松子の妹夫婦が

事故死していたからだ

そしてその妹の子供が

真秀と美琴だったのだ

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

美琴に自首しようと言う真秀

屋根裏部屋にいた真秀は

美琴に、警察に自首しようと言った

自分を見捨てるのかという美琴は

自分が捕まれば、他の家族も

悲しむことになると真秀に言った

 

真秀の様子を見た美琴は

自首すると言った

そして真秀に手を握ってもらいながら

屋根裏部屋を出ようとした

すると美琴は、真秀の手が冷たいと言って

真秀の手に、息を吹きかけ

暖めようとした

その様子を見た真秀は

小さい頃、自分が美琴に

美琴の居場所を作ると約束したことを

思い出した

 

警察に嘘の証言をする真秀

真秀と美琴は、警察のいる

部屋へとやってきた

美琴が、自首しようとしたが

真秀が、康弘が一人で外を

眺めていたと、嘘の証言を言い出した

真秀は、自分の代わりに

厳しい稽古をさせられてきた美琴から

自分が笑顔を奪ってきたと

負い目を感じていた

 

そこに美琴が、松子には

このことを言わないで欲しいと

警察に懇願した

美琴のお願いを聞いて

警察は、康弘の死を

事故死ということにした

 

美琴と歩いていた真秀は

これで自分も、美琴の共犯に

少しはなれたのかなと冗談を言った

そして真秀は、もうこれで

全部が終わったと思っていた…

 

⇒『僕が妹を殺すまで』の無料試し読みはコチラ

 

「僕が妹を殺すまで」2巻を読んでみた感想

両親が亡くなって、跡取りとなるために

この家に連れてこられていました

でもどうやら松子には

子供がいるようですね

どうやらこの家にはまだ

いろいろと判明していない

事情が隠されているようです

とりあえず真秀が、嘘の証言をしたので

康弘の死は、事故として

処理されました

でももしかすると、後々に

殺人事件として、誰かが調べるかも

しれませんね

これからどんなことが起こっていくのか

これからの展開が楽しみです

 

>>『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『僕が妹を殺すまで』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『僕が妹を殺すまで』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『僕が妹を殺すまで』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『僕が妹を殺すまで』を今すぐ無料試し読み👆

-僕が妹を殺すまで

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.