読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ガンニバル 1巻 ~前任の駐在が失踪し食人の噂のある供花村 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟

村の人々は大悟一家を暖かく受け入れるが

一人の老婆が遺体で見つかり

大悟は村の異常性に徐々に気付き

ある疑念に囚われる・・・

「この村の人間は人を喰ってる」ーー

次々と起きる事件、村に充満する排除の空気

一息も尽かせぬ緊迫感で放つ

驚愕・戦慄の“村八分”サスペンス堂々開幕!!

タイトル ガンニバル
作者 二宮正明
価格 500円(税抜き)

『ガンニバル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『ガンニバル』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『ガンニバル』を今すぐ無料試し読み👆

 

「ガンニバル」1巻の簡単なあらすじ

供花村の駐在としてやってきた大悟

供花村の駐在としてやってきた大悟

お茶を飲んでいると

妻の有希から、引っ越しの片付けを

手伝うように言われる

仕事中だと答える大悟に

有希は、どうせこんな村では

何も起きないというのだった

 

熊に殺された後藤家の老婆

そんなことを有希と話していると

遺体が見つかったと電話が入った

駆けつけると、顔がほとんど無くなった

老婆に死体があった

熊だ

そこにいた恵介は、自分たち猟友会が

その老婆の仇をとると言いうのだった

 

恵介は、その老婆の死体の腕を見た

人に噛まれた痕だったが

どこか不自然だと言うと

突然、村人たちはキレ出した

ガチャ

いきなり持っていた猟銃の銃口を

大悟に向ける恵介

大悟が謝ると、恵介たちは

冗談だと言って笑い出したが

大悟には、それが冗談には見えなかった

 

恵介たちの飲み会に誘われた大悟

恵介たちに、飲みに誘われた大悟

有希は、家のことより

村人たちのことを、優先するのかと言う

うるせぇ

有希に村で生きるなら

田舎の習慣を受け入れるように言って

出かける大悟だった

 

恵介たちの飲み会に参加する大悟

大悟は、有希たちは

用事で家にいないと話した

ヘタな嘘はやめろだ

恵介は、この狭い村の中では

何をやっているのか

筒抜けだと言った

 

家でキレていた有希

だが娘のましろが、家の外に

出ていってしまっていた

そして前の駐在が、失踪したことを

思い出した有希は、家の柱に

文字が刻み込まれているのを見つけた

に…

 

大悟は、前の駐在のことを話し出した

そして、その駐在は

村人たちが、食人をしていたと

触れ回っていたと話す

恵介はそんな訳はないと答え

明日は山狩りすると言って

飲み会をお開きにした

大悟は、熊だけでなく

恵介たちにも、気をつける必要があると

思うのだった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

ましろが大悟に渡したもの

大悟が帰宅すると

有希が電気もつけずに座っていた

不安がる有希は、外に出たましろを

探す時、とても不安だったと話す

大悟は、ましろの半纏の襟に

血のようなものを見つけた

そして、起きたましろは

あるものを、大悟に渡した

 

山狩りで恵介たちに同行する大悟

山狩りに同行する大悟

恵介の弟の洋介も、山狩りに来ていた

恵介は、村のことは

村人で解決すると話す

 

すると人の髪の毛の混じった

熊の糞が見つかった

大悟は、一緒にいた岩男と洋介と

はぐれてしまった

そこに解剖医の中村から

電話がかかってきた

ましろが渡したものは

別の誰かの指だと、中村は言った

 

ズダン

いきなり洋介に銃で狙われる大悟

すると洋介は、突然

一人にしないでと泣き出す

話ながら歩いていると

また洋介は、猟銃を放った

 

撃ったのは、鳥の頭だった

得意なんてもんじゃ

ねーだろコレは!?

大悟は洋介から、猟銃を取り上げた

自分がばあちゃんの仇をとるという洋介は

ヨソ者の大悟には、ばあちゃんのことなど

わからないと言うのだった

 

そこに、ばあちゃんを殺した熊が現れた

そして大悟は、いきなり熊に

襲われてしまう

大悟は、拳銃を撃ったため

熊はようやく逃げ出した

バン

たった一発で、熊の心臓を

洋介は撃ち抜いてしまった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

人を食べた熊の肉を食べる恵介たち

恵介たちがやってきて

熊の解体を始めた

胃を切り裂くと、中からメガネなど

ばあちゃんを食べた証拠が出てきた

手を合わせて、冥福を祈る恵介たちだった

 

恵介は、熊の肉を切り取り

大悟に食べるように求めた

そうやってばあちゃんを

送るのだという恵介たちを見て

前の駐在が言っていた言葉を

大悟は思い出すのだった

この村の人間は 人を…

 

治の娘・すみれ

有希の運転で家に帰る大悟

有希は、あの日から

ましろは何も話せなくなったと言って

自分が母親失格だと言う

熊に襲われた時

有希とましろを思い出したと話す大悟を

有希は抱きしめながら、もう大丈夫だと言った

 

大悟は、前の駐在の治のことを考えていた

村人からは、治のことは

聞き出せないと判断した大悟は

治の娘のすみれから

話を聞きたいと思った

 

覆面をさせられ

ばあちゃんの葬列に参加させられた大悟

覆面が取れてしまった大悟に

大事なことは、通夜のときに

済ませたと恵介は話す

あとは気楽に送ってやるんや

 

葬列に、一人誰かが勝手に加わっていた

なんとそれは、すみれだった

治は失踪ではないと、すみれが言うと

まだ自分たちを疑っているのかと言って

そこにいた男たちは、キレ出した

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

大悟とすみれを逃がす恵介

お父さんは 狂ってない

そう言ってすみれは、棺桶を蹴り倒した

なんと棺桶の中は空だった!

遺体が残ってるワケないよね

村の人が…

 

その言葉に、村人たちは

一斉にキレ出した

ヤバいと大悟が思っていると

恵介は、自分が村人を抑えると言って

大悟に、すみれを連れて

逃げるように言った

 

オマエ…ラ

ヤメトコ

一人の男の言葉で

男たちは静まりかえった

そしてその男からは

獣のような臭いが強烈に

漂っていた

恵介に言われ、大悟は

すみれを連れて、その場から去った

 

後藤家には何かがあるというすみれ

すみれは、村では

食葬が行われていると話す

大悟は、あんなことをしたら

村人に、殺されてしまうと言うと

すみれは、自分が殺されれば

村人たちは、捕まえられていたと話す

すみれの言葉を聞いた大悟は

自分はやるので、あとのことは

任せるようにすみれに言った

 

すみれは、父親を最後に見たのは

後藤家に向かう時だったと話す

あの家には何かがある

後藤家を調べようとする大悟に

殺されないよう気をつけるように言った

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

大悟に治の最後の動画を見せる岩男

警察署で事情を聞かれていたすみれは

父親が最後に出かけた時のことを

思い出していた

山道を車で走っていた大悟だったが

後藤家の墓の前を通っていると

いきなり木が倒れてきた

 

現れたのは、恵介といつも一緒にいる

岩男だった

治が消息を絶ったことを聞くと

岩男はいきなりチェーンソーを振りかざし

倒れていた木を切りつけた

 

岩男は、治が最後に

自分たちの家に乗り込んできた時の

動画を大悟に見せた

動画に映った治の姿は

どう見ても狂っているように見えた

 

ましろと一緒に帰っていた有希に

隣に住んでいる、相原が声をかけてきた

相原は、後藤家の人と

親しいのかと聞いてきた

有希は、自分は後藤家の人たちと

会ったことはないと話す

それを聞いた相原は

後藤家の人たちとは

関わらないほうがいいと忠告した

野蛮なんよ アイツら

 

後藤家にやってきた大悟

後藤家にやってきた大悟は

ボロボロの家の中から

何か視線を感じた

誰かが自分を撮影していたことに

気づいた大悟は

家の中に突入しようとしていたが

いきなり後藤家の男が

銃口を向けながら

帰らなければ、殺すと脅した

 

それを拒否する大悟

じゃあ 死ネ ズダン

大悟は、その男を押さえ込んだが

本当に撃ってきたので、驚いた

周りの男たちも、大悟に襲いかかってきたが

大悟は全員を倒した

 

男たちを、警察署へと

連行しようとする大悟

しかし男の一人は

あの人が黙っていないだろうと言う

そして大悟は、突然

鎌を持った謎の男に

背後からいきなり襲われた!

 

鑑識医の中村は

あの指が誰のものかを

留守電に話していた

あの指は…

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

「ガンニバル」1巻を読んでみた感想

供花村の村人の中で、後藤家の人たちだけが

どうやら異常なようです

後藤家の人たちは、国などにも

自分たちの土地には立ち入らせるつもりは

全くないようですね

前任の駐在の治は、後藤家のことを調べて

死んでしまったようです

岩男が見せた動画では

どう見ても治は、おかしくなっていました

すみれは、治が殺されたと言っているので

後藤家の何かもっと凄い秘密を知って

心がおかしくなってしまったのかもしれません

後藤家の中でも、恵介は

他の後藤家の人たちとは

全く同じ考えではないようです

恵介の目的は、まだ分かりませんが

大悟やすみれを助けたりもしていますが

味方という訳ではないでしょう

これから大悟たち家族は

どうなってしまうのでしょうね

そして村の食人の習慣が

どう暴かれていくのか、とても楽しみですね

 

>>『ガンニバル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ガンニバル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『ガンニバル』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『ガンニバル』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『ガンニバル』を今すぐ無料試し読み👆

-ガンニバル
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.