読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

血と蜜の部屋 3巻 ~米倉にキスの仕返しをしてシェアハウスを使うことを決める美希 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『血と蜜の部屋』3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『血と蜜の部屋』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「血と蜜の部屋」3巻の簡単なあらすじ

米倉にキスを仕返す美希

シェアルームで、Hな動画を見る祥子は

特にやることがなかったが

家にいるよりはマシだと思っていた

 

米倉は、美希に先日のことを謝りだした

美希は米倉に、キスしたことを

後悔しているのかと聞くと

嫌われるくらいなら

しなければよかったと米倉は言ったので

美希は突然、米倉に仕返しだと言ってキスをした

 

 

ェアハウス使うことにした美希

キスをされた米倉は

美希に近づき、またキスをし始めた

米倉にキスをされると、美希の足の力は抜け

頭は真っ白になってしまって

溶けていくような感覚に襲われてしまった

 

店長がやってきたが

なんとか二人は、離れてバレずに済んだが

美希は、誰もいない場所ならと思い

シェアハウスを使うことにした

 

⇒『血と蜜の部屋』の無料試し読みはコチラ

 

子育てに疲れ果てるしほ

しほは、子供が熱を出したため

仕事を休んでしまった

課長から電話がかかってきて

仕事を休んだことへの文句を

言われてしまった

そして上司からは、子育てしながら

働いているのは

しほだけではないと言われた

 

課長との電話を終えたしほに

夫から飲みの写真が送られてきた

しほは、自分がこんなに辛い思いを

してるのにと思っていると

そんなしほは、思わず健太と会ったときのことを

思い出してしまった

会いたいと言って

しほは一人泣いてしまった

 

介護に疲れて果てる祥子

祥子の荷物を持って

夫の忠が、お店から帰ってきた

すると忠の母親がやってきて

何年も帰ってこないで

どこに行っていたのかと言う

忠は、家に忘れてきていた帳簿を持って

また店に戻ろうとし始めた

 

その忠に、祥子は自分が

介護に行き詰まっていると言った

忠は、始めたばかりのラーメン屋のことで

今は手伝うことは、できないと答える

忠は、祥子が会社では

誰よりも優秀だったと言い

介護もうまくできるはずだと言って

そのまま店へと戻っていった

 

祥子は、好きだった仕事を

辞めたくなかったと言って

その場で泣き出してしまい

なんで自分はここで

こんな人生送ってんのかと思ってしまった

 

⇒『血と蜜の部屋』の無料試し読みはコチラ

 

血と蜜の部屋の続きはコチラ👇

血と蜜の部屋 4巻 ~米倉をシェアルームに誘った美希 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「血と蜜の部屋」3巻を読んでみた感想

美希は、米倉とキスをして

どんどん浮気に走り出してしまいました

シェアハウスも使うようなので

Hまでしちゃいそうですね

しほと祥子は、それぞれ子育てと介護で

完全に行き詰まってしまっています

しほは、健太がいるので

シェアハウスで会う機会が

これからグッと増えてしまうでしょう

祥子はまだ、浮気相手はいませんが

ネットでエロ動画を見ていたので

出会い系にハマったり

するかもしれませんね

祥子は、仕事をしていたときは

夫より仕事ができていたようです

介護で仕事を辞めてしまうのは

収入も減ってしまい

再就職も難しくなってしまうので

はやり仕事を辞めたのは

失敗だったと思います

これから祥子が、シェアハウスを

どんな使い方をするのか

とても楽しみですね

 

>>『血と蜜の部屋』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『血と蜜の部屋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『血と蜜の部屋』を実際に読んでみましょう!

 

-血と蜜の部屋

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.