読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

リウーを待ちながら

リウーを待ちながら 1巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

富士山麓の美しい街・S県横走市──

駐屯している自衛隊員が吐血し昏倒

同じ症状の患者が相次いで死亡した

病院には患者が詰めかけ、抗生剤は不足、病因はわからないまま事態は悪化の一途をたどる

それが、内科医・玉木涼穂が彷徨うことになる「煉獄」の入り口だった

生活感溢れる緻密な描写が絶望を増幅する

医療サスペンスの新星が描くアウトブレイク前夜!!

 

「リウーを待ちながら」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「リウーを待ちながら」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「リウーを待ちながら」の試し読みはコチラ♪

 

 

「リウーを待ちながら」1巻の簡単なあらすじ

謎の病気で倒れる人たち

自衛隊駐屯地近くの病院に勤める涼穂

鮎澤からもらった弁当を食べようとしていると、血を吐いている自衛隊隊員が病院に来て倒れてしまう

心停止する隊員をなんとか蘇生させる

もう一人同じような症状で運ばれてきたお年寄りは亡くなってしまう

 

夜、患者の隊員は主治医の涼穂の承諾を得ないまま、隊員を自衛隊病院に転院させていた

鮎澤は仕事を休んでいた

自衛隊病院に隊員のことを聞こうとするが教えてもらえない

 

鮎澤は血を吐いて死んでいた

朝までは弁当を作っていた

鮎澤へ返す予定だった弁当箱を見て泣く涼穂

 

もう一度自衛隊病院に院長から確認を取ろうとするが、やはり教えてもらえない

鮎澤の娘の潤月にも微熱があるため入院させる涼穂

仕事の帰りに自衛隊病院の車両が走っているのを見つけ止める

先日の隊員の担当医の駒野が出てくる

涼穂を見て知らないと言って去る

 

症状がひどくなってきた潤月

そこに駒野がやって来る

そして抗生剤を病気が発症していない人にも使うようにいう

 

病気の正体

翌日、検体の結果が出た ペスト

 

自衛隊の海外への災害派遣

帰国した滝原の記録を調べる駒野

他の隊員にも症状が出ている 自衛隊内で感染が広がっている

その時会ったのが涼穂だった

 

病院に溢れる患者

駒野は横走中央病院へ行って患者のデータを手に入れたいという

データを上司に提出する

キルギスでは間に合わなかった駒野 日本ではまだまだ止められるかもしれない

ペスト感染が公表される

 

病院に市民が押し寄せてしまい渋滞が起こってしまう

そこに疫研の原神がやってくる 駒野も手伝いに来る

病院は患者でいっぱいになる

 

薬が効いて回復してきた潤月

感染した理由

母が作った弁当を食べていなかった潤月

だが母は死んでしまった、その時は食べた

 

多剤耐性菌

物資も届き、自衛隊の協力を得てなんとか一日を乗り切った病院

川島田から5年前のサルモネラ騒動のことを聞く

多剤耐性の菌の可能性…

 

精肉店の人が亡くなってしまう

やはり耐性菌

接触した人を探して回る涼穂

だが向かった先で見つけたトラックドライバーは死んでしまう

入院させた人も全員亡くなってしまう

原神は防護服と死体袋を追加注文する

 

「リウーを待ちながら」1巻を読んでみた感想

強力な殺傷能力のある耐性菌の感染

現実でも起こり得ることのなのでとても怖いですね

治療とともに感染の拡大の阻止をしようとする涼穂ですが、どんどん拡大しています

これからどうなっていくのか、いつ事態が好転していくのか

まったく予想がつきませんね

 

「リウーを待ちながら」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「リウーを待ちながら」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「リウーを待ちながら」の試し読みはコチラ!

 

-リウーを待ちながら
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.