妻の秘密、売ります。 1巻 ~監視アプリを入れ妻の行動を監視する和人 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『妻の秘密、売ります。』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『妻の秘密、売ります。』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『妻の秘密、売ります。』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『妻の秘密、売ります。』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「妻の秘密、売ります。」1巻の簡単なあらすじ

FXで借金を抱えてしまった和人

和人は、ヤミ金に金を借りにきていた

FXで失敗して、借金を抱えていたのだ

妻には知られる訳にはいかないと言うと

ヤミ金の男は、いい話がある話す

それはなんと…

妻の秘密を教えれば

1件につき十万円払うというものだった

 

亜希良の買っていた秘密のプレゼント

帰宅した和人

妻の亜希良は、料理を作っていた

結婚して4年目

大学時代の後輩だった亜希良は

美人でデキる女だが愛想がなかった

 

テーブルを見ると

和人が欲しがっていたレコードが置いてあった

ネットで見つけたという亜希良に

抱きついてキスをした

 

亜希良は、一見キツそうに見えるが

実は分かりやすかった

内緒なんてないと思った和人だったが

内緒で亜希良が買った

レコードの写真を証拠として送った

すると…

なんと本当に、10万円が振り込まれた!

 

秘密の合コン参加

亜希良に、悩みを聞く和人

すると亜希良は、仕事の愚痴を言い出した

和人は、亜希良のスマホが

テーブルに置いてあるのを見つけた

見てしまおうが迷っていると

そこに合コンの誘いのメールが届いた

行くわけがないと思った和人だったが

亜希良が返信した後

それをこっそり確認すると…

なんと一次会に、参加すると返信していた

和人は、亜希良が合コンに

参加すると知って愕然としてしまった!

 

⇒『妻の秘密、売ります。』の無料試し読みはコチラ👆

 

亜希良のスマホに監視アプリを仕込む和人

夜、なぜかドキドキしてしまう和人は

眠っていた亜希良の胸をいきなり鷲づかみにした

セックスをしたいという和人だったが

翌日、仕事があるという亜希良は和人にキスをして

週末ならいいと答えた

 

ヤミ金で、男と話す和人は

亜希良に秘密があると知って

初恋の相手のようにドキドキしてしまうと告白した

もっと知りたいと思った

そこでヤミ金の男は亜希良のスマホに

監視アプリを仕込むように言った

 

監視アプリを仕込もうか

迷っていた和人だったが

会社の飲み会に出ると

亜希良が、嘘を言ってきたので

和人はとうとう監視アプリを仕込んで

スマホを忘れていこうとした亜希良にスマホを手渡した

 

亜希良の行動を監視する和人

亜希良の行動をGPSで確認する和人

すると亜希良は駅に向かっていた

安堵する和人だったが

なぜか何かを期待する自分を感じた

 

すると亜希良は、途中で脇道に入った

しかしそっちは

ホテル街の方角だった!!

 

⇒『妻の秘密、売ります。』の無料試し読みはコチラ👆

 

妻の秘密、売ります。の続きはコチラ👇

妻の秘密、売ります。 2巻 ~亜希良を押し倒しておっぱいを舐めてイッてしまう和人 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「妻の秘密、売ります。」1巻を読んでみた感想

どんな正直な人でも

全く秘密がないということはありません

亜希良も当然、秘密を持っていましたが

それが不倫のような裏切りでなければ問題ありません

和人は、なぜか亜希良にも

秘密があると知ってから

なぜかドキドキするようになりました

妻が誰かに盗られてしまうかもという気持ちが

逆に燃え上がらせているのでしょうね

亜希良は合コンに参加したようですが

どうだったのでしょうか

ホテル街へと向かっているようですが

本当にホテルへと行ってしまうのでしょうか

次巻でどんなことになっているのか

とても気になってしまいますね

 

>>『妻の秘密、売ります。』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『妻の秘密、売ります。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『妻の秘密、売ります。』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『妻の秘密、売ります。』を実際に読んでみましょう!

 

-妻の秘密、売ります。
-,

© 2021 まんがコミック大好き日記