読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

骨の髄まで私に尽くせ。 17巻 ~さやかが自分のスマホを見ていたことを確信する一樹 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

手首についた無数の傷痕

部屋中に散乱した薬の空き瓶

鳴り続ける着信音

平穏だった俺の日常は…壊された

28歳会社員、小さい家に妻と子供の3人暮らし

平凡だけど平穏だった俺の人生…

あの日、「さやか」と再会するまでは

彼女は俺の中学時代の初恋相手で…

いじめにより処女を奪ってしまった相手

罪悪感で土下座する俺に

彼女は「私も、あの頃本当は…」と

恥ずかしそうに本音を伝えてくれた

可愛いさやか

ダメな俺を求めてくれるさやか

甘い声で乱れるさやか

……でも、さやかは狂ってた

タイトル 骨の髄まで私に尽くせ。
作者 長堀かおる
価格 150円(税抜き)

『骨の髄まで私に尽くせ。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『骨の髄まで私に尽くせ。』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『骨の髄まで私に尽くせ。』を今すぐ無料試し読み👆

 

「骨の髄まで私に尽くせ。」17巻の簡単なあらすじ

ミサの話題を避ける一樹

朝、花音に起こされる一樹

起きてくると美奈子が

昨日は遅かったねと聞いた

一樹は、残業だと嘘をついた

 

昨日の夜、さやかは道でへたり込み

行かないでと言った

一樹はまだ、学生時代の想いを

捨てきれないでいた

さやかは一樹に、またGPSを渡した

さやかはなかなか帰そうとしないので

帰宅したのが遅くなったのだ

 

そんなことを思い出していた一樹は

朝食を食べるのが止まっていた

そんな一樹のことを心配する美奈子

美奈子は、ミサのことは

本当にあれでよかったのかと聞いた

美奈子は、ミサがさやかのせいで

会社をクビになったと話す

その話を続けたくない一樹は

身体に障るからと言って

その話題を終わらせるのだった

 

お昼にさやかの作った弁当を食べる一樹

会社に出社した一樹だったが

さやかが声をかけてきた

お昼に、ビルの屋上に呼び出された一樹

さやかは一樹のために

弁当を作ってきていた

さやかは一樹に、美奈子は作らないのかと聞く

出先で食べることが多いからと答える一樹に

さやかは妊娠中だから、大変だろうと言った

美奈子のことを気にしているのかと

一樹がさやかに聞くと

さやかは、一樹と一緒に

座っていられればいいのだと答えた

中学の時、さやかが弁当を作ってきた

後でこっそり一樹が

おいしかったと言ってくれたことが

さやかは、うれしかったと言った

 

さやかのスマホの中を見ようとする一樹

さやかとまたセックスをする一樹

一樹は、さやかの手を握りながら

さやかと突いた

セックスが終わって、さやかはトイレに行っていた

一樹は莉緒が、さやかは一樹のスマホを

見ていると言っていたことが、気になっていた

それでさやかのスマホの中を

見ようとしていた一樹だったが

そこにさやかが、戻ってきた

 

私のこと 疑ってるの…?

そう言われてしまって、謝る一樹だったが

さやかは、そんなことをされると

一樹のことが信じられないと言った

私はやっぱりひとりぼっち…

へたり込みながらそう言うさやかは

今度は一樹が、ミサと寝たことを責めだした

 

さんざん信用を失うようなこと

してたのはどっちだよ

一樹がさやかにそう言って言い返した

美奈子に全部バラすと脅すさやかに

そうやってミサを脅したのかと

一樹は言った

 

さやかが自分のスマホを見ていたことを確信した一樹

一樹は、自分のスマホを見ながら

美奈子から帰ってくるように

メッセージが届いていると言った

だがさやかは、美奈子は実家に

泊まっていると言い出した

 

それって 誰から聞いたの?

一樹は、美奈子のSNSのアカウントを

初めて見たと話す

そしてさやかに、それを見て

自分たちに近づいたのかと訊ねた

 

バレちゃったか

さやかは、美奈子がうらやましかったという

そして初恋の相手の一樹に

グチャグチャにされて

その一樹が、結婚していたことが

ショックだったのだというのだ

美奈子はいい人だというさやか

 

嘘だ

一樹は、さやかが近づいてきたのは

自分たちの家族を

壊すつもりだったのと言い

目的は何なのだと、さやかに訊ねた

愛しているからだというさやかに

そんなことは信じられないと、一樹は言った

 

床に飛び散る鮮血

それを聞いたさやかは

包丁を手に取り、それを自分の首に向けた

一樹くんが私を捨てるなら

死んでやる

泣いてそう言うさやかに

一樹は、包丁を自分に渡すように言いながら

さやかに近づいた

やだ! さわらないで!

死なせー

そう叫んださやかは、床に落ちている口紅で

足を滑らしてしまった

スパッ

床に鮮血が飛び散った!!

 

⇒『骨の髄まで私に尽くせ。』の無料試し読みはコチラ

 

「骨の髄まで私に尽くせ。」17巻を読んでみた感想

とうとう一樹は、さやかが自分たち家族を

監視していたことを、完全に知りました

またさやかは、美奈子にバラすと言って

一樹を脅しましたが

完全に逆効果ですね

死のうとして包丁を向けたのも

演技だと思います

さやかにも、歪んでいるとは言え

一樹への想いがあるのは本当でしょう

でも一樹には、美奈子や花音もいるので

家庭を捨てることはないでしょうね

早く二人とも、今の関係が

続けられないことに気づいて欲しいですね

最後にさやかは足を滑らせて

血が飛び散っていましたが

大変なことになっていないことを

祈りたいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『骨の髄まで私に尽くせ。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『骨の髄まで私に尽くせ。』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『骨の髄まで私に尽くせ。』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『骨の髄まで私に尽くせ。』を今すぐ無料試し読み👆

-骨の髄まで私に尽くせ。

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.