読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

幸福は不幸の種 1巻 ~お隣に引っ越してきた欲深若妻ひまり のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『幸福は不幸の種』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『幸福は不幸の種』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『幸福は不幸の種』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『幸福は不幸の種』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「幸福は不幸の種」1巻の簡単なあらすじ

溺れる悪夢を見る咲子

咲子は、溺れてしまう夢を久しぶりに見てしまった

目が覚めた咲子は、カーテンを開けると

お隣の新しい家に、お金持ちの医者の夫婦が

引っ越してきていた

興味津々にそれを見る夫の竹尾だったが

咲子は、そんな様子を見て

あんな夢を見てしまったのだと思った

 

そして咲子は、これから何かが起こると思い

悪いことが起こるときには

あの日の夢を…

 

お隣に引っ越してきたひまりとさくら

自治会の当番で、清掃をしていた咲子と竹尾

そこにやってきた近所のおばさんたちは

当番の清掃を休む人が多いと愚痴った

おばさんたちは、咲子はスゴい美人だと言って

読者モデルに応募したらどうかと言った

応募してみようかなと

冗談でそれを返していた咲子だったが

そこに、お隣の夫婦の車が停まった

 

車から夫婦と娘が降りてきた

妻のひまりは、咲子たちに挨拶をした

しかし娘のさくらは

なかなか挨拶しようとしなかった

そこで咲子から声をかけたが

さくらは黙って逃げ去ってしまった

咲子は、夫の竹尾を紹介する

竹尾に挨拶したひまりは

にっと不気味な笑みを浮かべるのだった

 

お隣のさくらを見た竹尾は

子供が欲しいと言って

咲子とセックスを始めた

もうダメだいくよ咲子

イッてしまった竹尾をベッドに残し

咲子はキッチンで

アフターピルを飲むのだった

 

⇒『幸福は不幸の種』の無料試し読みはコチラ

 

竹男を待ち伏せするひまり

ひまりは、いい男が

なかなか見つからないと思っていた

咲子は、学校から帰ってきていたさくらに

声をかけた

さくらの腕のあざのことを聞くと

転んだものだと言って

その場から逃げ去ってしまった

 

ひまりは、竹尾を駅で待ち伏せして

声をかけた

自宅に来るように誘うひまりだったが

竹尾は、曖昧な返事しかしなかった

そこに咲子が家から出てきたので

逃げるように竹尾は、家の中に入ってしまった

 

さくらにDVをしていたひまり

ひまりは、竹尾に無視されたことで

ムカついていた

家に帰ってきたひまりは

さくらが洗い物を終えていないことに

ブチ切れた

自分に謝るように、さくらに要求するひまりは

何度もさくらを蹴り続けるのだった

ひまりに蹴られ続けるさくらは

何度もひまりに謝った

それでもDVを続けるひまり

その様子を、咲子は窓から見ていた

何を見ているのかと、竹尾に聞かれた咲子は

なんでもないと答えるのだった

 

⇒『幸福は不幸の種』の無料試し読みはコチラ

 

幸福は不幸の種の続きはコチラ👇

幸福は不幸の種 2巻 ~竹尾を誘惑しようとするひまり のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「幸福は不幸の種」1巻を読んでみた感想

ひまりは、娘のさくらに

酷いDVをしています

咲子は、それに気づいていますが

今のところ、気づかないフリをしていますね

家庭内のことに、他人が踏み込むのは

なかなかできないことです

でもやっぱりさくらを

なんとかしてあげたいですね

ひまりは、竹尾を狙っていますが

竹尾は、ひまりの誘惑を迷惑に感じているようです

ひまりが竹尾を誘惑していることは

咲子も気づいているようです

これからもひまりは

竹尾に何かをしてくると思いますが

咲子はどう対応するのでしょうね

 

>>『幸福は不幸の種』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『幸福は不幸の種』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『幸福は不幸の種』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『幸福は不幸の種』を実際に読んでみましょう!

 

-幸福は不幸の種
-, ,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.