読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ゴミ屋敷とトイプードルと私 3巻 ~徳井に別れを告げられブチ切れる沙耶 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

キャリアのためなら

おっさんと寝るくらいなんでもないわ

あたしが本気出せば

チヤホヤされて契約だってゲットできちゃうんだから!

営業部に異動して、港区会にデビューしたサヤ

憧れのキラキラした世界で充実した毎日

目障りな派遣社員・泉を蹴落とすために

パパ活営業活動に励むが…

連日のパーティ、レトルトで手料理偽装

フォトスタグラマーとして輝いている

実感に酔うサヤだったが

次第に恋人の態度が変化していき…? 

タイトル ゴミ屋敷とトイプードルと私
作者 池田ユキオ
価格 60円(税抜き)

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『ゴミ屋敷とトイプードルと私 』を今すぐ無料試し読み

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」3巻の簡単なあらすじ

パパ活で営業成績がトップになる沙耶

沙耶は、パパ活で大口の仕事を獲得した

上司は喜び、沙耶を営業部の星だと

褒め称えた

褒められていた沙耶は

岬の方を見ると…

とても喜んでいるようだった

何よ 余裕こいてむかつく

あくまで目標は、Misakiだと思った沙耶は

さらにパパ活に励むのだった

 

外回りに向かう詩織を見て

それを見下す沙耶

営業成績もトップになり

パパ活さえ頑張ればいいのだと思った

Misakiの投稿写真を見ながら

自分が確実にMisakiに近づいていると

沙耶は感じていた

 

⇒『ゴミ屋敷とトイプードルと私』の無料試し読みはコチラ

 

徳井から別れを告げられてしまう沙耶

しかし沙耶は、岬が徳井と

楽しそうに話しているところを見かけてしまう

はぁ!? 何アレ

絶対に派遣の岬に、徳井を渡さないと思う沙耶だった

 

徳井のために、料理を作っていた沙耶

徳井が食べようとすると

沙耶はそれを止め、フォトスタに投稿するための

写真を撮り始めた

それにキレた徳井は

沙耶の作った料理は、レトルトだとバラした

これまでも手作りだと言って

惣菜を食べさせていたことを

徳井は知っていた

沙耶に失望したという徳井は

沙耶に別れようと言った

 

はあ?

キレ始めた沙耶

徳井はただのサラリーマンだと

罵りだした

怒ってテーブルをひっくり返す徳井だったが

こぼれた料理で、沙耶のスマホが汚れてしまった

ブチ切れた沙耶は

ワインの瓶をたたき割り

ソファーにそれを何度も突き刺した

 

フォトスタで晒されてしまったパパ活

徳井の部屋出た沙耶は

自分のフォトスタを確認すると

なぜかフォロアーが急増していた

サイテー キモイ女

そんなコメントがたくさん載せられていた

コメントを呼んだ沙耶は

自分の裏アカがあると知った

 

その裏アカには、沙耶がやっていた

パパ活の写真が載せられていた

男たちとのセックスまで

載せられているのを見た沙耶は

思わずスマホを投げ捨ててしまった

何よこれ… 誰がこんなことを…!

 

⇒『ゴミ屋敷とトイプードルと私』の無料試し読みはコチラ

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」3巻を読んでみた感想

やっぱりMisakiの正体は、岬なんでしょうね

それに沙耶のパパ活を晒しているのも

やはり岬のような気がします

それにしても、徳井にキレていた沙耶は

とても醜かったですね

沙耶の本性を知ってしまった徳井が

別れるのは当然のことでしょう

裏アカで、体を売っていたことが

バレてしまった沙耶は

これからどんどん堕ちていくことでしょう

そろそろMisakiの正体も

明らかになるかもしれませんね

 

>>『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『ゴミ屋敷とトイプードルと私』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『ゴミ屋敷とトイプードルと私 』を今すぐ無料試し読み

-ゴミ屋敷とトイプードルと私

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.