読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

罪の淵 17巻 ~密航船で逃げる海老澤と希望を追ってきたタカヒロ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

一回のセックスで300円。貯めた金額、20万円

「抜け出す…この地獄から…」

5歳で両親に捨てられ、児童養護施設で育った希望(のぞみ)

彼女は、夜ごと男たちに奉仕する悪夢のような日々を送っていた

二十歳のある夜、ついに施設を脱走した希望は

外の世界で出会った男・前澤と恋に落ちる

好きな人に抱かれる喜び、二人で未来を語り合う幸せ

…しかし、希望は知らなかった――

それが、さらなる地獄の始まりだということを

罪の淵

作者:T.B ツルマメ

価格:300円(税抜き)

 

『罪の淵』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『罪の淵』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「罪の淵」17巻の簡単なあらすじ

密航しようとする海老澤を止めようとする同僚

車で移動していた海老澤と希望だったが

途中で車が壊れてしまった

それで海老澤は、山下を呼んだ

海老澤は山下に、漁港まで送って欲しいと頼む

それを聞いた山下は、密航するのかと聞いた

とぼける海老澤だったが

山下は、海老澤が警察を辞めて

希望が指名手配犯だということを知っていた

だが山下は、自分が警察を辞めた理由を話す

理由を話した山下は、二人を漁港へ連れて行くと言った

 

船を待つ二人

そこに海老澤を疑っていた同僚が現れた

希望を引き渡せば、元の生活に戻れるという

だが山下は、二人を見逃して欲しいと頼み始めた

同僚は、これまでも理不尽なことを我慢してきたと話す

それでも山下は、二人を行かせて欲しいと言うのだった

 

ダーン!

とうとう山下は、拳銃で撃たれてしまった

その弾丸は、海老澤の肩にも当たってしまう

しかし海老澤は、自分にはもう希望しかいないというのだった

その言葉を聞いた同僚は

あっちでくたばれと言って去っていった

 

希望を追いかけてきたタカヒロ

密航船に乗った海老澤と希望

肩に銃弾を受けた海老澤を心配する希望

海老澤は、知らない場所へ行って

新しい人生を始めようと言った

 

しかしそこに、タカヒロが現れた

タカヒロは、海老澤の銃弾を受けた肩を踏みつけた

それを止めようとした希望を蹴り上げ

さらに海老澤に暴行を加えた

 

ボロボロにした海老澤の爪を剥ぐタカヒロ

そしてタカヒロは、一物を切り捨てられた報復として

希望のアソコを使えないようにすることにした

!!あああああつ

 

命を懸けて希望を守る海老澤

だが船は、高波を受けて浸水しだした

そして海老澤は、タカヒロの首に噛みついた

希望はもうヤれない体になったと叫ぶタカヒロ

そんな希望を、海老澤は愛せるのかと言った

 

噛みつかれたタカヒロは

海老澤の首にナイフを突き刺した

だが海老澤は、最後の力を振り絞り

タカヒロに頭突きを喰らわせた

今度は絶対… 俺の命を懸けて…

君を… 守ってみせる

 

3人で迎えた最期

嵐は過ぎた

ボロボロになった船内で

3人は倒れていた

縛られていた希望だったが

なんとかそれを解き

自分の傍らに、海老澤とタカヒロの亡骸を

引き寄せた

最期を… 一緒に迎えてくれて…

ありがとう… 愛してる

 

「罪の淵」17巻を読んでみた感想

なんとか密航船に乗れた海老澤と希望でしたが

タカヒロとの死闘の末、3人とも亡くなってしまいました

どうして希望は、クズ野郎のタカヒロを

忘れることができなかったのでしょうか

ずっと売春させられていた希望にとって

タカヒロとの最初の頃の生活は

希望の人生の中で、唯一、まともな生活でした

そんなこともあって希望は

タカヒロのことを忘れられなかったのでしょうね

海老澤も友里のことがあったので

最後まで、希望を命がけで救おうとしていました

逃亡して新しい生活は送れませんでしたが

最後は希望を守って亡くなったので

悔いはなかったかもしれませんね

海老澤とタカヒロを抱きしめて亡くなった希望ですが

希望本人としては本望だったかもしれませんが

やっぱり可哀想な人生でしたね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『罪の淵』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『罪の淵』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『罪の淵』を実際に読んでみましょう!

-罪の淵

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.