「子供を殺してください」という親たち 19巻 ~一面ティッシュに覆われ異臭のする美佐子の部屋 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『「子供を殺してください」という親たち』19巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『「子供を殺してください」という親たち』は合冊版でebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「「子供を殺してください」という親たち」19巻の簡単なあらすじ

異臭のする美佐子の部屋

移送の日を迎えた

剛たちの他に、民間の救急も呼んでいた

剛は保健師を待っていたが、なんと父親が勝手に断っていた

そして父親は剛に部屋のカギを渡し部屋のドアを開けようとしたが、チェーンロックがかかっていた

すると部屋からはとんでもない異臭がしてきたので、父親はチェーンを切っていいというと、美佐子はかならず中にいると言った

このオヤジは…

と剛は思いながら、ノコでチェーンを切ってドアを開けると…

部屋の中一面に、大量のティッシュが落ちていた!

それを見てあかねはへたり込んでしまったが、父親は早くゴミをなんとかするように言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一線を越えていた美佐子

すると中から、美佐子の声が聞こえてきた

それで剛は救急隊員と一緒に、部屋の中に入った

だが大量のティッシュのせいで、なかなか前に進めなかった

そして部屋の奥に、人影が見えた

あれが美佐子なのか…

その人影に、剛は声をかけた

太っていた美佐子は振り向くと、虚ろな目でおかされるとつぶやいた

剛はそんな美佐子の様子を見て、もう一線を越えてしまっていると思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

警察と救急車を呼ぶ剛

剛は警察を呼ばないといけないというと、父親は早く美佐子を連れ出すように言った

それでも剛は警察を呼ぶというと、そしてこの様子はまるでサリン事件のようだといい、火災の危険もあるので119番通報もすると言った

そして救急隊が部屋に入ってくると、部屋の様子を見て驚いてしまった

母親は、警察から部屋の状況を知っていたのかと聞かれていたが、母親は答えようとしなかった

そして警察は最後にいつ部屋に入ったのか訊ねると、母親は4年前だと答えた

母親は、週に一度ティッシュや食べものをドアの隙間から入れていたと話した

そんな母親の話を聞いていたあかねは、両親は美佐子の異変に気づきながらも、自分たちに隠していたのだと思っていた

そして剛は、この状況は最悪だと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「子供を殺してください」という親たちの続きはコチラ👇

「「子供を殺してください」という親たち」19巻を読んでみた感想

とうとう美佐子の部屋に突入した剛ですが、部屋の中はとんでもないことになっていました

もし美佐子の両親がもっと早く適切な対処をしていれば、こんなことにはならなかったはずです

それにしても美佐子の父親には、怒りを覚えますね

美佐子をずっと放置しながら、あのデカい態度はなんなんでしょうか

美佐子が病んでしまったのも、この両親のせいだと思いました

もし何かあっても両親が支えてくれていてくれたら、美佐子は病気になっていなかった可能性が高いでしょう

この後、助け出された美佐子がどうなっていくのか、とても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

嘘とセフレ

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…! 見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

-「子供を殺してください」という親たち