監獄実験―プリズンラボ― 8巻 ~江山に全てを話し九字間を倒すと決めた原川 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『監獄実験―プリズンラボ―』8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『監獄実験―プリズンラボ―』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「監獄実験―プリズンラボ―」8巻の簡単なあらすじ

自分の感じたことを江山に話す三崎

原川は、江山を三崎に会わせた

三崎は監禁ゲームで感じたことを、原川から伝えるように頼まれたのだというのだ

三崎は、自分も江山もこのゲームで変わったと話し、自分のように好き勝手に生きると身を滅ぼすのだというと、江山は彩を殺すと言った

しかし三崎は、原川はそれを望んでいないと伝えた

江山は自分は彩からいじめられたと話すと、三崎はそれは彩が弱いからだと言った

そして三崎は去り際、江山に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

監禁ゲームが開催された理由を話す原川

江山は監禁部屋で彩と話していると、そこに原川がやってきた

そして監禁ゲームが開催された理由を話し始めた

原川は、両親が事故で死んで施設に引き取られた

そこで原川はいじめられていた

その原川に声をかけてきたのが、入瀬と新村だった

原川を心配してくれる入瀬は、いじめられていた原川にとって救いだった

しかしある日、入瀬は施設から消えてしまった

そして原川は、九字間の所へ連れてこられた

九字間は監獄実験をするというと、それで原川は救われるのだと言った

原川の担当者は、蓮見と名乗る男だった

そして監禁部屋に入るとそこには入瀬がいたが、入瀬の様子はおかしかった

九字間は、入瀬が原川のイジメを指示している映像を見せた

九字間の用意した救いとは…

原川は、とうとう狂い始めていた

入瀬は、原川をいじめた理由を話しだした

だが蓮見はそれは入瀬の嘘だというと、それを信じた原川は入瀬に復讐することを決めた

原川は入瀬の足の爪を剥がすと、入瀬は殺してと言い出した

しかしその後も痛めつけると、、そしてとうとう入瀬は死んでしまった

部屋に入ってきた蓮見は、入瀬を殺した原川に入瀬のイジメは、自分たちが騙してやらせたのだといった

それを聞いた原川は、蓮見を切り殺した

そして原川は施設で殺しまくったが、それでも九字間は原川を生かしたのだ

九字間の組織に入った原川だったが、ある日、九字間から呼び出された

九字亜は、入瀬の死は原川の責任ではないと話すと、それを証明するためにこの監獄実験を開催するのだと言った

すると原川は、彩が入瀬の妹だと明かした

そして江山が誰を復讐の相手に指名しようとも、彩に選ばれる予定だったと話した

原川は江山は自分の代理で、彩が輪姦されたのも九字間の仕業だった

そして彩を犯していた義父は、原川が殺していた

原川は江山に彩を殺して欲しくないというと、そのために勝又や三島は用意されていたのだと言った

だがそのためにその二人には破滅が用意されていたので、原川はもう殺されるのを見たくないと言い始めた

そして江山に、自分を殺すように求めた

しかし江山は、全ての原因は九字間だからと言ってそれを拒否した

すると彩は姉は原川をいじめたことを悔やんでいただろうというと、それを聞いた原川は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

九字間の部屋へと向かった原川

原川は、新村に江山を頼んだ

そして九字間のいるホテルにやってきたが、そこには米澤が待ち受けていた

米澤は九字間が原川を警戒していたというと、原川は米澤を倒し九字間のいる部屋へと向かった

九字間の部屋へ行くと、九字間が待ち受けていた

すると九字間は、監獄実験で原川の全てを壊したと言って謝った

そして九字間は、原川に殺されても構わないのだと言った

しかしこの九字間は、本物の九字間ではなかった

原川の苦悩を知っていたその九字間は、監獄ゲームを終わらせるためにいろいろとルール違反を犯していた

そして九字間は監獄実験の目的を話しだし。彩を殺させ原川を目覚めさせるためだと言った

殺されようとする九字間に、原川は自分に協力するように求めた

すると九字間は、原川の覚悟を知って協力することにした

原川は九字間の部屋を離れると銃声が聞こえたので、九字間の部屋に戻ってきたが…

なんと九字間は、殺されていた!

本物の九字間を、必ず見つけ出すと誓う原川だった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

名前当てゲームまで彩を殺すという江山

江山をいじめていた頃の彩は、捨て猫を見つけ一時的に飼おうと思った

しかし見に行ってみると死んでいた

自分も弱いと感じていた彩は、でもふたりならと思った

監禁部屋でそんなことを思い出していた彩だったが、そこに江山がやってきて毛布をあげた

江山は彩は強いというと、彩は自分は強くないと答え、江山に気持ちが伝わってホッとしたと話した

すると江山は、3日後が名前当てゲームだというと、自分は強くなれたと言った

そして名前当てゲームまでに、彩を殺すと言った

彩はまた一人部屋に残されてしまうと、自分が全部悪いのだと言って、もう殺してもらおうと呟いた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

監獄実験―プリズンラボ―の続きはコチラ👇

「監獄実験―プリズンラボ―」8巻を読んでみた感想

原川も江山と同じく、監獄実験の犠牲者でした

それで同じ体験をしている江山に、なんとか彩を殺させないようにしていました

原川からそのことを聞いた江山ですが、それでも彩を殺すと言っていますね

どうしてそんな考えになってしまうのか分かりませんが、彩がどんな理由でイジメていたのかも判明しているのでそろそろ許してあげてもいいような気がします

江山の言っていることが本心なのかはまだ分かりませんが、もうすぐ名前当てゲームがやってきます

そこで江山がどうするのか次巻で判明すると思いますが、これからは本物の九字間との対決が待っていることでしょう

これからどんな展開が待っているのか、次巻の発売予定の5月が待ち遠しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

嘘とセフレ

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…! 見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

-監獄実験―プリズンラボ―