金魚妻 4巻 ~色変わりした金魚 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『金魚妻』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『金魚妻』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「金魚妻」4巻の簡単なあらすじ

山の化身を殺した賢

マタギの賢の父は、突然デリヘル嬢のもみじを弟子にした

一緒に夕食を食べていると、なんと父は余命1年だと告白した

賢たちは猟をしていると、賢はもみじにどうしてヘルスをしているのかと聞いた

するともみじは、金のためにヘルスの仕事をしていたが、お客を解放することが嬉しかったと話した

すると賢は山で下品な話をするなと言いだしたので、それをウザいと感じたもみじは大声をあげた

すると猟師仲間がクマに接近されたときの話をすると、もみじはそれならクマに殺される方がマシだと言った

もみじはデリヘルしていたことが親と夫にバレてしまい、それで一人で生きていける力が欲しくて賢の父親に弟子入りしていた

賢の母親は賢が猟師をしていることを元々嫌っていて、賢は殺しが楽しいのだと言ったので、それで家を出ていってしまった

賢はもみじから、薬嫌いな父親が薬を飲んだと聞いて驚くと、もみじにありがとうと言った

そんな賢にもみじがキスをすると、賢はかつて山の化身と呼ばれるクマを殺した話をすると、山の祟りはこれからだと言った

しかし賢はもみじが山の化身なのかと思いながら、もみじに挿れた

するともみじは賢に突かれながら、逃げるのを止めると言った

その頃、賢の父親には妻から電話がかかってきていた

妻は賢の父親に、家を出たことを謝ってきた

そして賢は、セックスが終わった後…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

汚れていたのは自分だけじゃなかった

真冬は平野のために穴あきパンストを見せていたが、そこは隣の人の部屋だった

そして真冬はまた平野とセックスし始めたが、平野と初めてヤッたことを思い出していた

真冬は夫のマサトに息子のたかひろに習い事をさせたいとお願いしても、マサトはやらせても意味がないと言った

それで真冬は自分が稼いだ金で行かせるというと、マサトはブチ切れてしまい真冬に土下座して謝らせてしまった

しかしそこにたかひろが間に入って、マサトに真冬をいじめるなと言った

たかひろは泣き出してしまったので、真冬はマサトを責めないようにいうと、マサトはこれから出張に出かけると言った

そんなマサトと真冬はセックスし始めたが…

真冬は女友達のさやかや理沙と飲み始めると、マサトのことを愚痴りだした

だが二人は真冬が平野と不倫していることを知っていて、夫の不倫のことを話し出した

しかしさやかも理沙も、真冬の不倫を聞いて自分たちも気持ちが楽になったと言ってくれた

そんな中でマサトは会社の金を横領して失踪してしまったので、真冬は落ち込んでいた

そして平野はそのことを聞くと弁護士に相談してくれたので、真冬はマサトに全てを伝えた

さやかと理沙の話を思い出した真冬は、汚れているのは自分だけではないと思った

真冬が全てを伝えたことで、マサトは前より穏やかになった

するとそこに病室で穴あきパンストを見せたおっさんと愛人が、声をかけてきた

その二人と一緒に、真冬と平野は記念写真を撮った

平野は最後に、真冬のお腹の赤ちゃんに…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

早矢に向かって走り出す颯太

颯太は、妻の甲矢に引き込まれマラソンにはまってしまった

そして社会人マラソンサークルを立ち上げた

そんなときに甲矢は友達の結婚式に誘われたが、明らかに欠員補充だった

颯太はそんな結婚式に行くことに反対していると、そこに坂木から今度のマラソン合宿に、夫と一緒に参加したいと電話がかかってきた

しかし颯太は早矢と泊まる部屋を既に取っていたので、坂木の部屋と自分たちの部屋を交換することにした

颯太は早矢とセックスし始めたが、前のように早矢が走らないことにイラついていた

しかし早矢が酒に逃げてしまったのは、颯太が生きがいを拷問に変えたからだった

しかし颯太は、早矢は酒に逃げることで自分に復讐しているのかもしれないと思っていた

颯太はマラソン合宿にやってくると、坂木の夫も酒に依存していた

そんな坂木の夫に、有酸素運動をすれば依存症をやめられると言った

そんな颯太も酒に依存したいたが、そんな颯太をフルマラソンに誘ったのが早矢だった

颯太は練習を始めたが、最初はマラソンの練習をすることは苦痛だった

しかし次第にマラソンに嵌まってきた颯太だった、それとは逆になぜか早矢はマラソンへの気持ちが急速に衰えていった

そんなときに颯太は早矢に、もし自分が完走できなかったらと言ってしまった

その言葉が早矢にとっては、完全に重荷になってしまい酒に走っていまったのだ

それからも颯太は、早矢に高圧的に接してしまっていた

そしてマラソン当日、やっと颯太は早矢にとってマラソンが拷問に変わっていたことに気づいた

坂木と以前、酒を飲んだ時に走っているとセックスしたい気分にならないと聞いたことを思い出した

そこで颯太は、早矢にメッセして、早矢の走っている姿が見たいと自分の気持ちを伝えてみた

すると早矢は颯太と本当は一緒に走りたかったというと、そんな甲矢の言葉を聞いた颯太は100㎞先から早矢に向かって走り始めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

色変わりした金魚

黒い金魚

それは飼い主の不幸を吸い取ってくれる存在だった

さくらの元夫の卓也は、いつも金魚店の前を通っていた

そんな卓也に、まださくらは再婚したことを伝えていなかった

そして、卓也の接近禁止期間が終わってしまった

店に蘭がやってきたが、そこに犬を連れて井村がやってきた

村井が連れてきた犬は躾けされていなかったので、ギャンギャン吠えていた

そんな井村に蘭は躾け方を教えると、散歩させてあげるように言った

そんな様子を見ていたさくらは、卓也にとっては自分はかわいい犬でいて欲しかったのだろうと思った

私は犬じゃないから…

堀口の息子は、金魚が死んだ原因を知りたいと言った

だが堀口はおおげさなことだというと、そのまま出かけてしまった

堀口はある家を訪れ部屋の掃除をしていると、水槽を見つけた

家の男は堀口の息子が金魚に熱中していると聞くと、なぜか堀口に金を渡した

そして堀口に、息子のことを聞く男は…

なんと卓也だった!

卓也は自分の過去のことを話と、息子にお金の話をしていないという堀口に、それなら息子はずっと勘違いしているだろうと言った

過去のことがあっても卓也は立派だという堀口に、卓也はさくらにDVをしていたと話した

そしてまだ時間が余っていたので、卓也と堀口はそのまま挿れて…

店長はさくらに、生まれたての金魚は黒いと話していた

そこに堀口の息子が、店にやってきた

黒出目金が死んだという息子に、さくらはそれは不幸を吸い取ってくれたのだと言った

さくらは店の外に卓也と堀口が来ていることに気づいたが、なぜか二人は店の中に入らなかった

卓也に気づいた店長は、さくらを店の中に入れようとした

もう大丈夫だと言った堀口と卓也は、息子と一緒に仲良く帰っていった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

金魚妻の続きはコチラ👇

「金魚妻」4巻を読んでみた感想

卓也もようやく変わり始めたようです

こどもの頃の劣等感がDVにつながっているなんて、やっぱりこどもの頃の影響は大きいのだと思いました

堀口と出会い、これから新たな幸せを掴んで欲しいですね

そんな変わった卓也を見て、さくらもやっと安心したことでしょうね

マラソンにハマった颯太ですが、ちょっとした言葉で早矢を追い込んでいました

なんでも義務感になってしまうと、精神的にキツくなってしまいます

自分にも他人にも、そうならないようにやはり気をつけないといけないですね

真冬は結局、マサトとそのまま一緒に暮らすようです

マサトも自分のやったことを反省しているのでしょう

息子のタカヒロもいることなので、これから先も上手くいって欲しいと思いました

もみじはもう逃げることをやめたが、決着をつけた後はどうするのでしょう

やっぱり賢と一緒になって欲しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-金魚妻

© 2021 まんがコミック大好き日記